コラム

 公開日: 2016-04-03  最終更新日: 2016-04-05

臨時職員のダブルワークと労働時間制及び社会保険適用の問題

Q 現に甲という会社に勤務(パートタイム)をしている人を,自治体において臨時職員(学校教員)として雇用する場合,労働基準法上の問題はありますか?また,社会保険の被保険者資格はありますか?

1 労働基準法による規制
 ⑴公務員にも労働基準法が一部適用され(地方公務員法58条3項,教職給与特例法10条),労働基準法32条の労働時間規制も適用されますので,週40時間を超えての労働を求めることはできません。
⑵学校教員には夏休みがあるので,このことを考慮して,1年単位の変形労働時間制(労働基準法32条の4)が採用できないかを考えても,同制度は事業場単位での適用になりますし,そもそも地方公務員には変形労働時間制の適用がありませんので(労働基準法の当該条項の適用を排除しています)ので,週40時間を超える勤務になる場合は,雇用は困難です。

2 行政解釈
 しかしながら,週40時間を超えても,超過勤務の条件を満たしている場合は(①36条協定を結び,➁割増賃金を支払うこと)一事業場で8時間労働した後に他の事業場で働くことも可能です(行政解釈)。

2 社会保険の適用について
 社会保険については,行政解釈によれば,短時間労働者であっても常時雇用される関係(常用的使用関係)にあると認められれば,被保険者となるにされます。この判断は,総合的な判断になりますが,主として,労働時間と労働日数が目安になります。
 まず,労働時間についていえば,いわゆる正社員の所定労働時間を1としたときに,短時間労働者の労働時間が概ねその4分の3以上になることが求められます。また,労働日数についても同じように,いわゆる正社員の所定労働日数を1としたときに,短時間労働者の労働日数が概ねその4分の3以上になることが要件とされています。これらの要件を満たす場合には常用的使用関係に該当すると判断され,短時間労働者であっても社会保険の被保険者となることができます。
 ここで,短時間労働者が2以上の事業所に勤務している場合には,それぞれの事業所でこれらの要件を判断することになります。したがって,2事業所がともにそれぞれ4分の3の基準を下回る場合には,双方の事業所ともに社会保険に加入させる義務はないということになります(年金事務所担当者から確認)。ですから,労働時間を調整することにより,正社員等の労働時間の4分の3を下回る労働時間しか勤務できないことになると,どちらの事業所でも社会保険の適用を受けるとこができないおそれがあります。
 ただし,平成28年10月からは,501人以上の従業員を雇用する事業所においては,週20時間以上勤務する労働者について,社会保険の被保険者とする義務が生ずることになります。
以上
参考文献など
1 労働基準法解釈総覧【改訂14版】 厚生労働省労働基準局,平成23年
2 割増賃金請求訴訟の知識と実務 東弁研修センター,平成25年
3 日本年金機構ウェブページ
このコラムは,弁護士箱守英史が書いた報告書を,菊池が短くしたもの

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
遺産分割判例法理⑦ 財産全部についての遺産の分割の方法を定めた遺言は債務に及ぶ 

 民法899条は,「各共同相続人は、その相続分に応じて被相続人の権利義務を承継する。」と規定していますが,ここ...

[ 相続判例法理 ]

遺産分割判例法理⑥ 遺産分割の方法を定めた遺言の効力は代襲相続人に及ばない

遺言書の効果は,遺言書に書かれた文言に限られます。長男に全財産を「相続させる」と遺言書を書いた場合で,そ...

[ 相続判例法理 ]

遺産分割判例法理⑤ 相続放棄は詐害行為にならない

 しかしながら,相続放棄は,詐害行為になりません。下記の判例があるからです。 ですから,遺産分割協議で...

[ 相続判例法理 ]

遺産分割判例法理④ 遺産分割協議は詐害行為になりうる 

 債務が多くあり,遺産を相続しても債権者に差し押さえられると考え,遺産分割においては取得できる具体的相続分...

[ 相続判例法理 ]

遺産分割判例法理③ 債務不履行による遺産分割協議の解除は不可

 これは,代償分割など,遺産分割協議で,相続人の一人が債務を負担した場合で,当該相続人が債務を履行しないと...

[ 相続判例法理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ