コラム

 公開日: 2016-03-23 

遺産分割調停・審判からの排除決定について

1 遺産分割の審判や調停手続からの排除
 家事事件手続法第43条は「家庭裁判所は、当事者となる資格を有しない者及び当事者である資格を喪失した者を家事審判の手続から排除することができる。」と規定しています。
これが適用できるのは,相続人が相続分の全部を放棄したような場合です。

2,「相続分の放棄」は,「相続放棄」とは違う
「相続放棄」は,相続開始の時から相続人でなかったことになりますが,「相続分の放棄」は,相続人にはなり具体的相続分はあるが,それを放棄することをいいます。

3,遺産分割の審判手続の手続からの排除決定ができる
 相続人は,自己の具体的相続分を放棄することはできますが,そうする手続規定はないため,家庭裁判所が,遺産分割の審判をするに当たり,相続人の「相続分の放棄」の意思を慎重に判断し,その認定に至った場合に,前述のような,審判手続から排除する決定をすることになります。

この決定に不服な相続人は,家事事件手続法43条2項「前項の規定による排除の裁判に対しては、即時抗告をすることができる。」に従い,即時抗告ができますが,排除決定が確定すると,具体的相続分はないことになり,遺産分割を受けることはできなくなります。

4 遺産分割の調停手続にも準用
家事事件手続法第258条は,同法43条を準用していますので,家事調停手続においても,相続分を放棄した相続人を,遺産分割調停手続から排除することもできます。

5 遺産分割の調停や審判が円滑に進むことになる。
これまで,このような手続はなかったのですが,家事事件手続法ができてから,この手続が可能になりました。
相続人が,何も,遺産はいらないという場合でも,その相続人が参加しないと,遺産分割の調停も審判もできなかった時代から,遺産を欲しない意思表示をした相続人を,相続分の放棄をしたとの扱いをした上で,遺産分割の手続から排除できることにした,家事事件手続法は,実に合理的で,効率的になったものです。むろん,手続から排除された相続人は,納得できない排除決定を受けた場合は,即時抗告で争うことができますので,相続人の権利を侵害するリスクは極めて少ないということもでき,現在,この制度は,実に有意義な制度になっております。

6 遺産分割協議では,遺産分割協議に参加するか,相続分放棄の証明書に署名押印してもらう(印鑑証明書添付)ことが必要
 理由は,遺産分割協議には,手続からの排除という制度はないからです。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
これからの契約実務⑤ 動機を書いて置けば、動機の錯誤で契約の取消し可能

 契約書に「契約の内容」としての「目的」を書いておけば、その目的が達成できないことが分かった時は、契約を「...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務④ 金銭消費貸借契約では,諾成的契約が可能になる

現行法の下では、金銭消費貸借契約は、要物契約、つまりは、現金を交付することで成立する契約になっていますが、...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務③ 自殺の履歴が契約解除の理由になる

現行法にあっては、契約を解除するには、債務者の帰責性(故意又は過失)が必要です(民法543条ただし書)。しか...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務② 「契約の内容」の書き方

目的や動機、契約に至る経緯を書くことの重要性これは、以前(2014-01-06)、コラムに書いたことですが、 最高...

[ 債権法改正と契約実務 ]

宅建業者の重要事項説明義務違反の一事例 税制度の説明の過誤

 東京地裁昭和49年12月6日判決は、不動産の所有者である甲(大学教授)に対し、同人が所有する土地(固定資産)...

[ 不動産 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ