コラム

 公開日: 2016-02-19 

自治体の契約能力を疑わせる,最高裁判決事件⑤ ー 餅は餅屋につかせること

1 自治体が所有する公有土地(普通財産)の,民間企業による活用
 これは,これからの課題です。
 自治体が,収益を上げ,利益を確保しながら,公共性の高い事業を行うことは,まずは不可能でしょう。収益性を高め,利益を上げることと,公共性を高めることは矛盾するからです。
 ですから,これからは,公有地(普通財産)を活用する場合,収益性や効率性は民間に任せ,自治体は,自治体の費用負担において,民間に公共性の確保を求めるしかないと思われます。その場合で,公共性の高い事業をしようとするとき,自治体が民間に公有地をマイナス賃料で貸すこともあるだろうと思えます。
 いずれにせよ,事業は民間にさせないと,うまくいかないでしょう。

2 自治体職員に商売をさせるのは酷
 自治体職員は,極めて優秀です。しかし,事業や商売が上手かといえば,じつにへたくそ,というのが,二度,自治体の包括外部監査人を務めた筆者の感想です。
 しかし,それはなにも自治体職員に事業や商売の能力がないというのではありません。自治体職員の属性として,収益や利益を考えない体質が生まれているからです。仮に,自治体が,例えば,道の駅で地産の物品を販売する仕事をするとした場合,職員は,利益よりも,住民を平等に扱うという発想の下で,仕事をすることになるはずです。そこには,民営でするものと違った成績になるはずです。
 商売は民間がし,自治体は直接すべきではないのです。

2 契約も専門家に任せること
 契約も,専門家に任せるべきでしょう。意思と字句が一致しないような契約条項を書くべきではありません。その専門家として,自治体は,インハウスローヤーを雇用(任期付き公務員として採用)し,契約実務を担当させるべきでしょう。
そうしないと,今回の最高裁判決事件の轍を踏むことになるのではないかと思われます。

3 餅は餅屋に
 要は,事業の経営は民間に任せ,契約書は弁護士(インハウスローヤー)に作成させることです。餅は餅屋につかせることです。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
最新の相続法理と法実務 第2章 遺言   を上梓しました

弁護士菊池捷男のホームページ上に、最新の相続法理と法実務に次の第2章を追加しました。第2章 遺言  第1...

立法論としての相続法③ 配偶者の居住権の保護

 法制審議会(相続関係部会)での審議の一つに、配偶者の居住権の保護を目的とした方策(改正相続法案)をどう定...

[ 相続判例法理 ]

立法論としての相続法② 配偶者の法定相続分に問題はないか?

 配偶者の法定相続分は、1/2です。この1/2という数字、多いか少ないかといえば、婚姻期間が長く、また、被相続...

[ 相続判例法理 ]

立法論としての相続法① 配偶者の生活保障は十分か?  

1 配偶者の法定相続分  配偶者の法定相続分が、1/3から1/2に引き上げられたのは、昭和55年の民法(相続法)改...

[ 相続判例法理 ]

相続税における「私道供用宅地の時価」の意味

相続税法22条及び評価通達は、相続税の対象になる財産の価額は相続時の時価によるものとすると定め、「時価」とは...

[ 民法と税法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ