コラム

 公開日: 2016-02-18 

自治体の契約能力を疑わせる,最高裁判決事件④ ー 憾み節をいう前にすべきこと

1 H県の憾み節と最高裁判決の補足意見
 結果において,H県の試みた,信託事業は失敗に終わり,80億円もの費用を支払うことになりましたが,信託銀行側がその費用を1円も負担しない結果になったことにつき,H県は,上告理由書に,「信託契約においては,委託者であるH県が,受託者である信託銀行2行を信頼し,本件信託土地の所有権を移転して,全面的に運用を任せたのであり,運用の失敗の結果生じた損失を一切信託銀行2行が負担しないというのは不合理である。」と主張しました。

 これに対し,最高裁判決補足意見は,「しかしながら,本件信託契約においては,信託銀行2行に,信託財産の現況及び運営状況その他必要と認める事項について報告義務が課せられているほか,信託施設の設計・監理,工事請負契約の内容及び大幅な修繕等から信託施設の運営主体及び賃貸条件の設定に関する事柄まで,H県との協議義務が課せられており,他方,H県は,調査及び監査権限並びに是正等の指示権限,さらには信託契約の終了権限を有するのである。このように,H県には通常の土地信託と比較して強い介入権限があり,実際にもそれらは行使されていることが認められる。所論は,失当というほかない。」といっております。

2 H県のすべきだったこと
 一つは,契約意思を明確に定め,それを明確な言葉でもって文章にする(契約書に書く)ことでした。
 それと,はやり,自治体が,民間企業がするような事業を行うことのの能力や是非や可否を十分検討したうえで,するべき方法を考えることだったのではないかと思います。
その場合,事業が破綻したときの費用を,自治体が負担するという信託方式は,危険性が高く,そうかといって,自治体から公益性を満たすように注文を付けられながら,費用を受託者が負担するという信託方式では,受託者側が受けることはないと思われますので,いずれの側からも,信託方式の事業は難しいと思われます。
 それよりも,破綻のときの費用を,自治体が負担しない,定期借地権設定方式がよいように思えます。
 その方式を採用しながら,借地人に,ある程度の公益性を満たす具体的な施設・設備を設置してもらい,その部分については,自治体も設置費用や維持費を負担し,かつ,その面積分の借地料を免除するなどの方法が,考えられます。例えば,公営住宅に代わる定期借地人が経営する賃貸マンション(場合によってはこれに商業施設を付設)に,公費にかかる遊園地や緑地や公共空間などです。
愚見,管見は百も承知で,今回の最高裁判決事件を見,思うところを,述べさせていただきました。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融機関から見た不良債権の意味と分水嶺

1 不良債権 不良債権とは、金融庁の「金融債権マニュアル」における区分のうち、(ア)破綻先債権(法的・...

[ 民法雑学 ]

独禁法でいう課徴金算定の基礎となる売上額の意味

1 完成品の売上げの中に含まれる、取引相手方から購入した部品の購入原価も含まれる 公正取引委員会平成29...

[ 会社関係法 ]

独禁法上の課徴金の趣旨・額の算定・売上額について

最高裁判所第三小法廷平成17年9月13日審決取消請求事件判決は、1 独禁法で定める「独禁法の定める課徴金の...

[ 会社関係法 ]

株主は、真に契約の当事者として申込をした者

株主は、名義貸与者ではなく、名義借用者というのが判例昭和42年11月17日最高裁第二小法廷判決は、「他人の...

[ 会社関係法 ]

弁護士業務に関する基本原則 3 期日連絡

1 期日連絡は、期日ごとになされる弁護士が、依頼者に対してする報告や、書類送付の一つに、「期日連絡」があり...

[ その他 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ