コラム

 公開日: 2016-01-19  最終更新日: 2016-06-25

 「宜しくお願い致します」という書き方は間違い

 漢字と平仮名使い分けの法則,すなわち,「公用文における漢字使用等について」(平成22年11月30日付け内閣訓令)が教えるところに従えば,正しい書き方は,「よろしくお願いいたします。」です。
理由
1 「宜しく」について
 「宜」という漢字は,「常用漢字表」にはありますが,“読み”としては字音の「ギ」があるだけで,「よろしく」という字訓もなければ,挨拶言葉としての「よろしく」という意味もありません。
 公用文は,「常用漢字表」の搭載されていない漢字を使うことはできませんので,「宜しく」と書くことはできないのです。
 なお,「宜」という漢字の意味は,熟語として「適宜」「時宜」「便宜」「情宜」があることからも分かるように,「程よくかなっている。」という意味の語です。
 ですから,これに「よろしく」という字訓を与えるのは,間違いというべきです。
 これまで,「宜しく」と書いて「よろしく」と読んだのは,意味が似通っていることから,当て字として,慣習として使われたでものあり,学問的成果によるものではありませbん。

2 「致します」について
 「常用漢字表」には,「致」という語はあり,「いたす」という字訓もありますが,「致」という語は,動詞に「思いを致す」,熟語に「一致」があるように,「(心を)届ける。届かせる。」という意味の語です。
「お願い致します」と書いた場合,この語句の中の「致」には「致」という漢字固有の意味はありません。
あっても希薄で,本来の「致」という漢字の使い方ではありません。
 なお,,「公用文における漢字使用等について」は,次の語句は平仮名で書くことと定めていますが,これらはすべて補助動詞や補助形容詞です。
          ・・・かもしれない(間違いかもしれない。)
          ・・・てあげる(図書を貸してあげる。)
          ・・・ていく(負担が増えていく。)
          ・・・ていただく(報告していただく。)
          ・・・ておく(通知しておく。)
          ・・・てください(問題点を話してください。)
          ・・・てくる(寒くなってくる。)
          ・・・てしまう(書いてしまう。)
          ・・・てみる(見てみる。)
          ・・・てよい(連絡してよい。)
          ・・・にすぎない(調査だけにすぎない。)
「致します」はここには書かれていませんが,補助動詞です。
補助動詞を,漢字で書かないのは,漢字固有の意味が,働いていないからです。 
 ですから,「お願い致します。」と書くのは,これも当て字になった,間違った漢字の使用であり,正しくは「お願いいたします。」と書くことになるのです。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

42

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
最新の相続法理と法実務 第2章 遺言   を上梓しました

弁護士菊池捷男のホームページ上に、最新の相続法理と法実務に次の第2章を追加しました。第2章 遺言  第1...

立法論としての相続法③ 配偶者の居住権の保護

 法制審議会(相続関係部会)での審議の一つに、配偶者の居住権の保護を目的とした方策(改正相続法案)をどう定...

[ 相続判例法理 ]

立法論としての相続法② 配偶者の法定相続分に問題はないか?

 配偶者の法定相続分は、1/2です。この1/2という数字、多いか少ないかといえば、婚姻期間が長く、また、被相続...

[ 相続判例法理 ]

立法論としての相続法① 配偶者の生活保障は十分か?  

1 配偶者の法定相続分  配偶者の法定相続分が、1/3から1/2に引き上げられたのは、昭和55年の民法(相続法)改...

[ 相続判例法理 ]

相続税における「私道供用宅地の時価」の意味

相続税法22条及び評価通達は、相続税の対象になる財産の価額は相続時の時価によるものとすると定め、「時価」とは...

[ 民法と税法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ