コラム

 公開日: 2015-12-10 

離婚 養育費の一括払い請求

Q 私は夫と離婚をし,0才の子を私が養育することになりましたが,夫には現在資産がありますものの,夫の性格上,いつ職を失うか分からない状況にあります。
そこで,
⑴ 子が20才になるまでの養育費を一括して請求したいのですが,できますか?
⑵ できるとした場合,中間利息は引かれますか?
⑶ また,税金はどうなりますか?

A 
⑴について,
東京高裁昭和31年6月26日決定は, 「元来未成熟の子に対する養育費は、その子を監護、教育してゆくのに必要とするものであるから、毎月その月分を支給するのが通常の在り方であつて、これを一回にまとめて支給したからといつてその間における扶養義務者の扶養義務が終局的に打切となるものでもなく、また遠い将来にわたる養育費を現在において予測計算することも甚だしく困難であるから、余程の事情がない限りこれを一度に支払うことを命ずべきでない。」と判示していますので,余程の事情がある場合(具体的には裁判例がないため分かりません。)に限って一括払いの請求ができる,といえますが,夫の了解が得られないと,事実上一括払いの請求は困難だと思われます。

⑵について,
 同決定は,「仮りに一度に支払うべきものとしても、その計算方法はホフマン式により中間利息を控除すべきで、抗告人の主張するように、単に一ケ月に要する費用をその養育年数に乗じて計算すべきでない。」と判示していますので,一括請求ができる場合であっても,現行法の下では年5%の中間利息が控除されます。
具体的には,夫に,0才の子の20才まで月5万円の養育費の支払義務があるとした場合でいいますと,中間利息を控除しない計算ですと,5万円×12か月×20年間=1200万円になるところ,ホフマン式計算方法によって中間利息(年5%)を引くと,816万9660円になります。

⑶税金について,
相続税法21条の3第1項2号は「扶養義務者相互間において生活費又は教育費に充てるためにした贈与により取得した財産のうち,通常必要と認められるもの」は非課税になると定めています。
 しかしながら,夫から養育費を一括で数百万円も支払ってもらった場合には、「通常必要と認められる」範囲を超えており,贈与税が課税されるおそれがあります。
ただ,国税庁の個別通達(昭和57年6月30日直審5-5)では,以下の3つの要件を満たした場合には,贈与税の課税を行わないものとして取り扱うこととしています。
① 養育費を子名義の口座に振り込むこと
② 振込後,それを管理する者(妻)は、信託銀行との間で、子を委託者兼受益者とし、信託銀行から、毎月、子に対して一定額を支払うという均等割給付金の受給を内容とする金銭信託契約を結ぶこと、しかも、管理者(妻)が上記契約を解除する場合には、養育費の支払者(夫)の同意を必要とする旨の特約も定めること
③ ①②を調停調書にすること

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
遺産分割の場合の注意 「課税価格」イコール「相続税評価額」ではないこと

1 遺産の評価問題遺産分割の調停の席で,遺産(相続財産)の評価をどうするかという問題が提起されることがあ...

[ 相続相談 ]

遺留分減殺請求事件と相続税の処理

1 遺留分減殺請求をして,相続財産の一部の返還又は価額弁償金の支払を受けた遺留分権利者甲の場合これによっ...

[ 相続相談 ]

情報公開条例の誤解⑤ コピー代は全額請求するべし

Q 当市の公開条例には,公文書の開示の方法として写し(コピー)を交付する方法を採っており,コピー代として1...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解④ 権利がないことと,権利の乱用は違うこと

Q 住民からの公文書の開示請求に応じた後の,公文書の内容に対する質問に対しては,回答する義務のないことは分...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解③ 助言義務は説明義務に非ず

Q 当市の公開条例には,第3条 何人も,この条例の定めるところにより,実施機関に対し,当該実施機関の保有す...

[ 地方行政 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ