コラム一覧

1件~15件(1,761件)

過去の15件

遺産分割の場合の注意 「課税価格」イコール「相続税評価額」ではないこと

1 遺産の評価問題遺産分割の調停の席で,遺産(相続財産)の評価をどうするかという問題が提起されることがあります。特に,不動産の評価をどうするかが問題になることが多いように思えます。2 評価方法や評価基準につき,合意が成立すればそれによる 遺産の評価方法や評価基準につ... 続きを読む

相続相談

2016-12-07

遺留分減殺請求事件と相続税の処理

1 遺留分減殺請求をして,相続財産の一部の返還又は価額弁償金の支払を受けた遺留分権利者甲の場合これによって得た相続財産については,相続税の納付義務があるので,甲は,本来,相続税の修正申告(又は期限後申告)が必要になりますが,遺留分減殺に応じた乙が,相続税の一部の還付を受ける... 続きを読む

相続相談

2016-12-06

情報公開条例の誤解⑤ コピー代は全額請求するべし

Q 当市の公開条例には,公文書の開示の方法として写し(コピー)を交付する方法を採っており,コピー代として1枚につき実費相当額の10円を支払っていただいているのですが,開示請求者の中には,交付したコピーを,必要とするものと必要としないものに分けて,必要としないものは当市に返却し... 続きを読む

地方行政

2016-12-03

情報公開条例の誤解④ 権利がないことと,権利の乱用は違うこと

Q 住民からの公文書の開示請求に応じた後の,公文書の内容に対する質問に対しては,回答する義務のないことは分かりましたが,このような住民からの質問や行政批判や提言は,“知る権利”の乱用になるので,自治体としては受け入れないでよい,といってよいのですか?A いいえ。権利がないこと... 続きを読む

地方行政

2016-12-03

情報公開条例の誤解③ 助言義務は説明義務に非ず

Q 当市の公開条例には,第3条 何人も,この条例の定めるところにより,実施機関に対し,当該実施機関の保有する公文書の開示を請求することができる。2 公文書の開示を請求しようとするものは,実施機関に対し,当該請求に必要な情報の提供及び助言を求めることができる。(この条文は岡... 続きを読む

地方行政

2016-12-02

情報公開条例の誤解➁ 知る権利は,法と条例の制限内の権利なり

Q 情報の開示を請求した住民に,公文書のコピーを交付した後,当該住民から,住民には“知る権利”があるのだから,自治体には,公開された公文書の内容に対する質問に答える義務があると言われました。自治体の職員には,そういう義務はあるのではないのですか?A 知る権利があるから,公文... 続きを読む

契約書

2016-12-01

情報公開条例の誤解① 説明義務はない

Q 私はA市の情報公開担当課の者ですが,次のような請求に困っています。アドバイスを御願いいたします。1 情報の開示を請求した住民に,公文書のコピーを交付した後,その内容について質問を受け,質問に答えたのですが,質問者は,いっこう納得せず,そのため3時間も時間を空費してしま... 続きを読む

地方行政

2016-11-30

メール相談より。いわゆる「相続させる」遺言書と遺言執行者との関係

問1 「妻に全財産を相続させる。」と書いた遺言書の場合,遺言執行者は要らないのですか?2 「妻に全財産を相続させる。」と書いた遺言書では,遺言執行者を指定する事項も書くと,遺言書は無効になるのですか?3 いわゆる「相続させる」遺言書でも,遺言執行者を指定している遺言書は... 続きを読む

相続相談

2016-11-29

人は,常に,今が旬

そうなんです。人は,常に,今が,最もおいしい季節なのです。昨日知らなかったことが,今日は知っていますし,今日できなかったことが,明日はできるのですから。生きている時間帯の,先へ進む矢印の突先にある今という瞬間が,常に旬(しゅん)なのです。 続きを読む

その他

2016-11-28

必ずしも同一労働,同一賃金に非ず(東京高裁平成28.11.2判決)

1 労働契約法20条労働契約法第20条は,有期労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件が、期間の定めがあることにより同一の使用者と期間の定めのない労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件と相違する場合においては、当該労働条件の相違は、労... 続きを読む

労働

2016-11-24

金融機関に対する取引履歴の開示請求を認めた判例の全文

 以前のコラムで,金融機関に対する被相続人名義の預金に関する取引履歴の開示請求を認めた判例を紹介したことがありますが,今般,その判例の文章そのものを知りたいという要請がありましたので,その文章を書き記します。最判21.1.22より 「取引履歴の開示請求の預金契約は,預金者が金融... 続きを読む

相続相談

2016-11-22

人を使う者,人を未熟なままにしておいては罰が当たる

 立派な能を恵まれて生きてきている大切な預かりもの、粗末に扱って未熟なままにしておいては罰があたる。この言葉は,徳川家康の人材教育の理念をいう,山岡荘八の言葉です。 私は,現在まで,ちょうど30人になるイソ弁の皆さんと,共に仕事をしてきましたが,いつの頃からか,イソ弁の... 続きを読む

格言や歴史上の偉人の言葉に学ぶ

2016-11-21

亡母の教え,よみがえる

最近,我が輩,歩いて出勤。我が輩の歩き方,少しく他の人と異なる歩き方になるので,いささか時間を取り,事務所まで約30分もかかる。歩き始めは,腰が定まらぬ。上体が不安定であるが,歩き始めて20分もすれば,どっしりと腰が据わる。こうなれば,上体は揺るがない。足の運びは軽... 続きを読む

その他

2016-11-19

え!Aさんの鬱の原因は,私にあるの? 言葉の乱れが鬱の原因

最近,立て続けにパワハラの相談を受ける。いずれも,被害者が鬱になり,会社に出勤できなくなったことから判明。原因は,特定の上司の暴言や無理強い。調査をすると,パワハラ加害者,いずれも,加害者たるの自覚がない。あるケースで,Bさん!あなたの言動がAさんを鬱にしたようだ... 続きを読む

労働

2016-11-17

秋なれど,春風,薫々

 一昨昨日,高校同窓会の帰途,松山駅で乗り換えた特急指定席でのこと。 我が輩,予讃線特急に乗り込み,我が指定の席に近づくと,我が輩の席の隣席に,ちょこなんと座られていた老齢の紳士と,通路に立ってなにくれとなく世話をやかれていた上品な顔立ちの高齢の婦人を目撃す。やがて,婦人... 続きを読む

その他

2016-11-16

1件~15件(1,761件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
遺産分割の場合の注意 「課税価格」イコール「相続税評価額」ではないこと

1 遺産の評価問題遺産分割の調停の席で,遺産(相続財産)の評価をどうするかという問題が提起されることがあ...

[ 相続相談 ]

遺留分減殺請求事件と相続税の処理

1 遺留分減殺請求をして,相続財産の一部の返還又は価額弁償金の支払を受けた遺留分権利者甲の場合これによっ...

[ 相続相談 ]

情報公開条例の誤解⑤ コピー代は全額請求するべし

Q 当市の公開条例には,公文書の開示の方法として写し(コピー)を交付する方法を採っており,コピー代として1...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解④ 権利がないことと,権利の乱用は違うこと

Q 住民からの公文書の開示請求に応じた後の,公文書の内容に対する質問に対しては,回答する義務のないことは分...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解③ 助言義務は説明義務に非ず

Q 当市の公開条例には,第3条 何人も,この条例の定めるところにより,実施機関に対し,当該実施機関の保有す...

[ 地方行政 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ