プロTOP:菊池捷男プロのご紹介

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(3/3)

菊池綜合法律事務所では無料相談も実施

書籍やホームページでさまざまな情報を提供

 菊池さんは、悩みを抱えている人や、若手弁護士、これから法律の仕事を目指す人の参考にと、積極的に情報を公開しています。事務所のホームページには、「知って得する法律豆知識」「法律実務レポート」「弁護士論」など、長年の経験に基づいた情報がぎっしり。
 サイト公開以来、職員研修に使いたいと言う団体や出版社からの申し出が相次いでいるとのこと。実務重視、自身の事務所で扱った実例について、一般的な法律書では触れられていない部分まで掘り下げて具体的に語られている点が高く評価されています。

 そこで、これらを書籍としてまとめて出版。
 「弁護力」という本では、弁護士とはどうあるべきか―民事案件を中心に、相談者から事情を聴く能力や正確な法律知識を身につける大切さなどを訴えています。相談を考えている人にとっては、依頼する弁護士を選ぶ上での指標として興味深い内容です。
 また2冊からなる「法律実務レポート」は、交通事故、相続、不動産売買など、誰にでも起こりうる身近な事例を項目別に紹介。 “法的なものの考え方”を、分かりやすく解説しています。
 さらに、これらの書籍の内容をすべてホームページ上で公開。「本を売りたいのでなく、内容を読んでほしい。法律は、より客観的にものごとを判断する唯一のものさし。皆様が法律とうまくつきあっていく最初の一歩としてご利用ください」と、穏やかな笑顔で話していました。
(2010年4月取材)

■菊池捷男プロのプロフィール

あらゆる法律問題に対処可能

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
これからの契約実務⑤ 動機を書いて置けば、動機の錯誤で契約の取消し可能

 契約書に「契約の内容」としての「目的」を書いておけば、その目的が達成できないことが分かった時は、契約を「...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務④ 金銭消費貸借契約では,諾成的契約が可能になる

現行法の下では、金銭消費貸借契約は、要物契約、つまりは、現金を交付することで成立する契約になっていますが、...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務③ 自殺の履歴が契約解除の理由になる

現行法にあっては、契約を解除するには、債務者の帰責性(故意又は過失)が必要です(民法543条ただし書)。しか...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務② 「契約の内容」の書き方

目的や動機、契約に至る経緯を書くことの重要性これは、以前(2014-01-06)、コラムに書いたことですが、 最高...

[ 債権法改正と契約実務 ]

宅建業者の重要事項説明義務違反の一事例 税制度の説明の過誤

 東京地裁昭和49年12月6日判決は、不動産の所有者である甲(大学教授)に対し、同人が所有する土地(固定資産)...

[ 不動産 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ