プロTOP:菊池捷男プロのご紹介

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

まずは、無料相談をご利用ください。

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。

 菊池さんの事務所では、「身近な法律相談所」を目指し、無料相談を毎日受け付けています。「弁護士は敷居が高いと思われがちですが、ほんのちょっとしたアドバイスで悩み事が解消するケースも大変多いんですよ。まずは気軽に相談していただくことが大切です」。
 法律を利用することを知らないために、せっかくの権利を行使しない人もたくさんいるのだそうです。例えば菊池さんが実際扱った交通事故の事例では、保険会社が算出した賠償金は約1000万円でしたが、裁判所の決定は7000万円。7倍もの差が生まれました。

 「法律ではどういう考え方をするか―ものごとを考える基準を、無料相談という場で知っていただくことが重要なのです」。そして「無料だからと言って冷やかしの相談者はほとんど無く、皆さん真剣に相談に来られます。こちらも無料だからといっていい加減なアドバイスをすることは決してありません」と、力強い言葉が続きます。

<次ページへ続く>

【次ページ】 信頼していただくために「法律知識保有力」を磨く

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
これからの契約実務④ 金銭消費貸借契約では,諾成的契約が可能になる

現行法の下では、金銭消費貸借契約は、要物契約、つまりは、現金を交付することで成立する契約になっていますが、...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務③ 自殺の履歴が契約解除の理由になる

現行法にあっては、契約を解除するには、債務者の帰責性(故意又は過失)が必要です(民法543条ただし書)。しか...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務② 「契約の内容」の書き方

目的や動機、契約に至る経緯を書くことの重要性これは、以前(2014-01-06)、コラムに書いたことですが、 最高...

[ 債権法改正と契約実務 ]

宅建業者の重要事項説明義務違反の一事例 税制度の説明の過誤

 東京地裁昭和49年12月6日判決は、不動産の所有者である甲(大学教授)に対し、同人が所有する土地(固定資産)...

[ 不動産 ]

これからの契約実務① 客観的「瑕疵」基準から主観的な「契約の内容」基準に

現在国会で審議中の民法(債権法)改正案は、契約当事者の意思が重要視されています。一例として、改正民法案562...

[ 債権法改正と契約実務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ