コラム

 公開日: 2017-03-19 

イタリアの光

LP-717W、ハロゲンランプ150Wの強い光が壁・天井を照らし、間接光となった光が室内を柔らかい光で満たしてくれます。
イタリア luce plan 社、Paolo Rizzatto and Sandro Colbertald デザインのブラケット(壁付)照明器具です。

LP-717W            東城の家

W400×H60×D240、アルミダイキャスト白色塗装で皿状の球体の一部を半割にし、その中に直管ハロゲンランプを仕込んだデザイン。
上向きに照射され壁に反射する光は器具の縁によって水平に近いV次型に拡散し、縁の円弧に縁どられた薄い球体の一部が逆光となってシャープで柔らかな曲面の陰影を描きます。

北欧の光(1)で紹介したPH-5のシェードのコントラストを思い起させる、光デザインの秀作です。

強くて柔らかい間接光を生み出し、シャープでやさしい光の陰影の器具、現在のところ他には見当たりません。
多くの住宅に採用し、光の空間を豊かにしてくれた器具ですが、LED化の波にのまれたのか数年前に廃番となり、もはや手に入りません・・・

LEDの特性を生かした昨今の器具、特にブラケット器具は小さく小さくなってきています。
少し大きくても良いと思うのです、大きければその分 光のコントラストは柔らかくなります。
この器具がLED光源に置換えられ、復活してくれることを待ち望みたいものです。

住いの設計工房 竹内建築設計事務所_岡山

日々のの生活を活性化する豊かな日常空間づくりをテーマとする岡山市の設計事務所です。
E-mail:kaz-tak@mx6.harmonix.ne.jp
───────────────────────────────────────────

この記事を書いたプロ

有限会社 竹内建築設計事務所 [ホームページ]

建築家 竹内一利

岡山県岡山市北区富原3296-86 国立岡山病院南道路(山陽高速道高架下道路)を西に約500M [地図]
TEL:086-255-8411

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
監理建築士の竹内一利さん

自然の恵みと豊かさを感じられる「こころ住み家」づくりのパートナーでありたい(1/3)

 岡山県岡山市北区、国立病院機構 岡山医療センターの西約500メートル、山裾に開かれた団地内の木立ちに囲まれた傾斜地にアトリエを構える「住いの設計工房 竹内建築設計事務所」。打ち合わせ室を兼ねた玄関ホールは、南のガラススクリーンと北の大きく...

竹内一利プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

シンプルな構成に、自然の恵みの豊かさを感じる生活空間の設計

会社名 : 有限会社 竹内建築設計事務所
住所 : 岡山県岡山市北区富原3296-86 [地図]
国立岡山病院南道路(山陽高速道高架下道路)を西に約500M
TEL : 086-255-8411

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-255-8411

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

竹内一利(たけうちかずとし)

有限会社 竹内建築設計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
北欧の光(3)
イメージ

トルボー(Toldbod)「北欧の光(1)」で紹介したPH-5をポール・ヘニングセンとのコラボレーションによって生み...

[ 光と空間設計 ]

シンプル=美 ?
イメージ

シンプルな住い、シンプルなデザイン等々「シンプル」といった言葉は「美」との関連で語られることが多くあるよう...

[ 住宅設計と生活 ]

市場原理 と住宅価格

税金のムダ使い」とヤリ玉にあげられる「随意契約」=1社特命発注 はメディアでもひんぱんに取り上げられています...

[ 設計事務所まるごと活用 ]

北欧の光(4)
イメージ

「北欧の光(2)」で紹介した アルヴァ・アアルトの照明器具のコンセプト「木漏れ日のように繊細にきらめく光の拡...

[ 光と空間設計 ]

「費用対効果」は「急がば回れ!」

「安価」と「安物」、言葉の響きは似ていますが、「費用対効果」の観点からは対極の意味を持っているとも考えられ...

[ 設計事務所まるごと活用 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ