コラム

2014-07-07

はじめてのIELTS(1)

みなさん、こんにちは。井上直美です。

イギリスの英語試験でIELTS(アイエルツ)をご存知ですか?

IELTSとは、イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド
などへの留学のために英語力を証明するテストです。

以前は、日本ではあまり知られていませんでしたが、
最近では全国各地で受験できるようになり、知名度が高まっています。

私は、以前からIELTSは本当の英語力の基準になると思っていました。
Listening, Reading, Writing, Speakingの4つのセクションがあり、
どのテストも非常に難しいです。

現在イギリスのグラスゴー大学に入学された方(女性)がおられます。

彼女は、日本の大学を卒業されずに看護師として働いていました。
当時、30代前半でした。
看護師としてのキャリアはあったけれど、
ご自分の将来を考えた時に、改めて海外で医療の勉強をしようと決意され、
イギリスの大学への留学をご相談に来られました。

イギリス留学の学生ビザ申請のためには、IELTSが最低4.0必要です。
彼女は、英検すら受験したことがありませんでした。

まずは、高校の文法の基礎から勉強を始めて、
英検2級を取得され、約1年間私のスクールに通学されて、
IELTS4.5を取得されました。

そして、グラスゴー大学の付属の英語学校でのFoundation Courseを経て、
今はグラスゴー大学で免疫学を勉強されています。

最初、英語の勉強を始めたときは、
「テキストを見ただけで頭が痛い!」と言われていましたが、
だんだん理解が深まってくると、とても楽しくなってきたそうです。

英語は言葉なので、誰でも「やる気」さえあれば、
飛躍的に伸びることは可能です。

ただ、「やる気」があっても、効果的な方法で勉強しなければ
ものすごく遠回りになります。

まずは、基礎力の土台を固めること、それが大切だと思います。

この記事を書いたプロ

井上直美留学研究所 [ホームページ]

英会話講師 井上直美

岡山県岡山市北区学南町1丁目9-25 [地図]
TEL:086-251-0203

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
井上直美さん

留学への「あこがれ」を、「成功」に変えるお手伝いをします(1/3)

「留学をしたいけど、どこに相談していいかわからない」。そんな相談者のために、留学の相談やプラン提案などトータルなサポートを行っているのが井上直美留学研究所(岡山県岡山市北区学南町)の井上直美さん。岡山市内で塾の英語講師として活躍しているうち...

井上直美プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

「留学」「英語」で一人一人の夢をかなえます。

屋号 : 井上直美留学研究所
住所 : 岡山県岡山市北区学南町1丁目9-25 [地図]
TEL : 086-251-0203

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-251-0203

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上直美(いのうえなおみ)

井上直美留学研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
海外で有給インターンシップ(1)

みなさん、こんにちは。井上直美です。「海外の大学・大学院に留学される目的は何ですか?」私は、カウン...

[ 留学 インターンシップ ]

セブ島留学という選択
イメージ

みなさん、こんにちは。井上直美です。「セブ島」というと、どんなイメージが浮かびますか?東南アジアの島?マ...

[ 留学 セブ島 ]

就職できる留学をしよう!(2)

みなさん、こんにちは。井上直美です。最近は、高校でも「キャリア教育」が広く行われているため、意識の高...

[ 留学 インターンシップ ]

就職できる留学をしよう!(1)

みなさん、こんにちは。井上直美です。「これからの世の中は、英語ができないと就職できないかも?」高...

[ 留学 インターンシップ ]

はじめてのIELTS(5)

IELTSには、4つのセクションがあります。それぞれの点数を上げていかないとトータルのスコアが上がりません。...

[ 英語 IELTS ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ