コラム

2016-01-14

はじめてのIELTS(4)

みなさん、こんにちは。井上直美です。

先週、IELTSの試験を受験してきました。
岡山大学の会場には、30~40名の受験者がいました。

最近では、IELTSの知名度が上がってきて、
実際に受験したことがなくても
名前を聞いたことがある、という方が増えてきました。

これからIELTSを受験される方へのアドバイスは、
まずは、基礎の文法力をつけることです。

海外へ短期で留学されて、
ある程度日常会話ができる方ですと、
IELTSでは3.0~5.0くらいのスコアが取得できるかと思います。

ところが、5.0より上にスコアを上げていくためには、
基礎となる文法力は欠かせません。
ここからは、本当にアカデミックな英語力が試されます。

英語の文法といえば、
日々高校生に英語指導をしていますが、
「自分の英語力に足りないもの」を聞くと、
ほとんどの生徒が、「文法とボキャブラリ」と答えます。

そして、できればやりたくないのも、
「文法とボキャブラリ」なのです!

また、大人の方で、英語の勉強に通学されていらっしゃる方も、
ほとんどの方が、「文法は嫌いだった!」と言われます。

いったいなぜ、このようなことが起こるのでしょうか?

それは、学校では、文法を難しい言葉で教えているからです。
みなさん、思い出してみてください。
「従属節」だの「副詞的用法」だの???というものが
たくさん出てきますよね。

実は、そのような難しい言葉は、はっきり言って、
どうでもいいんです!つまり、覚えなくてもいいです。

大切なのは、英語という言語の
「文の仕組みを理解すること」です。
英語の文を理解することが重要なのです。
そのために、日本語とは違う文の構造を知る必要があるのです。

もしIELTSのスコアが伸び悩みだと思われたら、
まずは、高校レベルの文法を復習するのが、
実は、回り道のようで近道になります。

この記事を書いたプロ

井上直美留学研究所 [ホームページ]

英会話講師 井上直美

岡山県岡山市北区学南町1丁目9-25 [地図]
TEL:086-251-0203

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
井上直美さん

留学への「あこがれ」を、「成功」に変えるお手伝いをします(1/3)

「留学をしたいけど、どこに相談していいかわからない」。そんな相談者のために、留学の相談やプラン提案などトータルなサポートを行っているのが井上直美留学研究所(岡山県岡山市北区学南町)の井上直美さん。岡山市内で塾の英語講師として活躍しているうち...

井上直美プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

「留学」「英語」で一人一人の夢をかなえます。

屋号 : 井上直美留学研究所
住所 : 岡山県岡山市北区学南町1丁目9-25 [地図]
TEL : 086-251-0203

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-251-0203

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上直美(いのうえなおみ)

井上直美留学研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
海外で有給インターンシップ(1)

みなさん、こんにちは。井上直美です。「海外の大学・大学院に留学される目的は何ですか?」私は、カウン...

[ 留学 インターンシップ ]

セブ島留学という選択
イメージ

みなさん、こんにちは。井上直美です。「セブ島」というと、どんなイメージが浮かびますか?東南アジアの島?マ...

[ 留学 セブ島 ]

就職できる留学をしよう!(2)

みなさん、こんにちは。井上直美です。最近は、高校でも「キャリア教育」が広く行われているため、意識の高...

[ 留学 インターンシップ ]

就職できる留学をしよう!(1)

みなさん、こんにちは。井上直美です。「これからの世の中は、英語ができないと就職できないかも?」高...

[ 留学 インターンシップ ]

はじめてのIELTS(5)

IELTSには、4つのセクションがあります。それぞれの点数を上げていかないとトータルのスコアが上がりません。...

[ 英語 IELTS ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ