コラム

 公開日: 2018-04-15 

子供がやる気を出す親の言葉とは?肯定的な言葉で具体的に声かけ

子供がやる気を出す親の言葉とは?肯定的な言葉で具体的に声かけ

人は価値ある存在として認められたい。
承認欲求を持っています。

産まれたばかりの子どもは、この世に産まれてきたことだけで喜ばれますよね。
親からは無条件で存在を認められます。
ところがいつからか、条件つきで子どもを認めるようになっていませんか?

条件つきで認められるとは?

「テストの点が良かったから」
「試合で勝てたから」
こういった条件を満たされたときだけ、親は褒めたり、喜んだりすることですね。

ところが、条件を満たさなかった場合どうでしょうか?
「努力が足りないからでしょ!」
「なんであのとき弱気になるんだ!」
叱咤激励のつもりで言われても、子どもなりにどうしてそうなったか原因もわかっていますから、気持ちは凹むことのほうが多いのです。

大人でもそうじゃないですか?
仕事の成果が出なかったが、自分なりに努力もしたし、原因もわかっているからすごく悔しい気持ちになっている。
そんなとき敢えて上司から厳しく叱責されれば、傷口にさらに塩を塗りこまれるようなものですよね。

親が条件つきで子どもを認めると悪影響が出る

条件つきでいつも子どもを認めていると、条件を満たすために一生懸命に頑張ります。
でも成長するにつれて、勉強も難しくなる、自分よりも能力の高い人が周りに増える、頑張っても条件が満たされないことの方が増えてきます。

そうなれば、親から認められることが減ってくるというわけです。
認めてもらえないという気持ちのほうが強くなっていきます。

子どもはどうなるか?
次への行動が「不安」「臆病」「なげやり」「無気力」「反抗」といったことになってしまいます。
だからといって、なんでもかんでもOKと言うわけにもいきませんね。
できれば、子どものやる気を引き出させてやる声かけが必要ですよね。

子どものやる気をなくす親の一言とは?

よくやりがちな声かけ
「勉強しておかないと高校落ちるよ!」
「もうあんな失敗はするなよ!」

こういう言い方していませんか?
これって、否定やネガティブな言葉が入っていますよね。

こういう言われ方されると、頑張ろうと思う気持ちより、まずネガティブなイメージが先行します。
「高校落ちるかも」
「また失敗したらどうしよう」

子どもは勇気を出すことができませんよね。
では、子どもが次からまたがんばろうという気持ちになるには、どういうことに気をつければ良いのでしょうか?

肯定的な言葉で具体的に声をかける

ポイントは2つ。
①否定を肯定に、ネガティブをポジティブに変換する
②具体的な言葉で伝える

「勉強しておかないと高校落ちるよ!」
→行きたい高校に合格するためには、苦手な数学の基本問題を毎日30分でいいからやっていけば、合格の可能性が高くなるよ。

「もうあんな失敗はするなよ!」
→今度はピンチの場面になったら、いったん止まって息を吐き切れば気持ちが落ち着くから大丈夫!

このようにすることで、子どもはやる気も上がりますし、成功イメージも描きやすくなります。
慣れるまでは難しいかもしれませんが、これも親のトレーニングだと思って意識してみてくださいね。

関連するブログもどうぞ!
根拠のない自信を育てる子育てがなぜ子どもに必要なのか?

小学生から経営者まで対応可能な講演・研修メニューとは?

子どもも大人も関係なくもっているのが『感情』。
そのなかでも『怒り』の感情は扱い方が難しくないですか?
人間関係をもっと円滑にできるようになってみませんか?
講演・研修・カウンセリングのメニューはこちら

この記事を書いたプロ

怒りの取り扱いアドバイザー [ホームページ]

講師 稲田尚久

岡山県津山市 [地図]
TEL:090-4652-4379

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

14
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演・研修メニュー
井原市教育委員会主催教育講演会

【経営者・管理者・中間管理職】対象テーマ例・部下から信頼される上司になれる!「カッとならずに対応するための感情コントロール術」・部下のヤル気を引き出す...

プロ紹介動画
イメージ

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
稲田尚久 いなだなおひさ

元中学校教師「いなっち先生」が教えるアンガーマネジメント子育て法(1/3)

 「あんなに子どもを怒るんじゃなかった」と思った経験はありませんか? 人間なら誰もが抱く「怒り」の感情とうまく付き合うための心理トレーニングを行う「日本アンガーマネジメント協会」認定のファシリテーター稲田尚久さん。「怒りの取り扱いアドバイザ...

稲田尚久プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

元中学教師の実体験で小学生から経営者まで満足させるマルチ講師

会社名 : 怒りの取り扱いアドバイザー
住所 : 岡山県津山市 [地図]
TEL : 090-4652-4379

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4652-4379

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

稲田尚久(いなだなおひさ)

怒りの取り扱いアドバイザー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

正しい叱り方がわかり、仕事も家庭も楽に過ごせそうです

正しい叱り方を学べました。 今までは感情で怒ってしまうこと...

Mさん
  • 女性 
  • 参考になった数(7

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
子供を褒める言葉が見つからない?感謝と喜びの言葉を使う方法
イメージ

 子供を褒める言葉が見つからない?感謝と喜びの言葉を使う方法 「ほめ言葉が見つかりません」「叱ることば...

[ 褒め方 ]

子供が自分を客観視できる方法!親子で使える怒りの温度計とは?
イメージ

 子供が自分を客観視できる方法!親子で使える怒りの温度計とは? 「子どもがすぐにカッとなって怒り、冷静に...

[ 子どもの怒りのコントロール方法 ]

叱る時は最終局面に注意!ピークエンドの法則を活かした叱り方
イメージ

 叱る時は最終局面に注意!ピークエンドの法則を活かした叱り方 叱るときに活かせる、ある実験を紹介しま...

[ 叱り方 ]

子供がキレる原因は?親が子供の怒りの感情を大切にしないから
イメージ

 子供がキレる原因は?親が子供の怒りの感情を大切にしないから 1学期も残り1か月半。梅雨に入っての蒸し...

[ 子どもの怒りのコントロール方法 ]

親の思考のクセが子供を苦しめる!試験結果にイライラしないコツ
イメージ

 親の思考のクセが子供を苦しめる!試験結果にイライラしないコツ 同じ出来事を見ても、人それぞれそこで考...

[ 子育てで大切なこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ