コラム

 公開日: 2018-03-15 

子供の進路選択に親はどう対応?子育てで親は不安を言ってはいけない

子供の進路選択に親はどう対応?


3学期も残りわずか、1年を締めくくる学年末の時期。
中学校であれば、学年末テストや卒業式も終わり、あとは修了式を残すのみという時期ですね。
中学校2年生ならば、いよいよ来月から3年生。
高校受験という人生の大きな分岐点を迎える1年間になります。
受験生となるんですよね.

子どもの進路を親が心配してもいいが不安をぶつけてはダメ

親御さんもお子さんの成績が気になります。

「うちの子どもの成績で○○高校行けるんでしょうか?」

教師時代、こういった質問をいただくことがありました。
子供よりも親の方が不安になられるかたがいらっしゃいます。
教師へそうやって相談することは構わないのですが、不安を子供へぶつけるのは良くありません。

「こんな成績じゃ○○高校入れないよ!勉強しなさい!」

こういう言い方をしてしまいますよね。

子どもは親が言えば言うほど反発したりやる気をなくす

親としては子どもへ叱咤激励しているつもりでも、不安をあおったり、子どもの状況を否定する言葉を言うのは、実は逆効果なのです。

「そんなこと言われなくてもわかってるし」
「いちいち口うるさい」

こんな反発心のほうが生まれます。

子どもは自分の状況や、どの程度の成績が必要なのかは、中学生ともなればわかっています。
そんなところに、さらに親がやかましく言うと、子どもはどうするでしょうか?

とりあえず、しぶしぶ勉強することもあります。

「親がうるさいから、とりあえず勉強する」

という子どもがいました。

無理やり勉強させられて効果がどれだけあるか?
ハッキリ言って、親が何も言わずに子どもに任せておくことと大差ないと思いますよ。
むしろ、子どもが自分に危機感を感じたときこそ本当のやる気が生まれます。

「勉強しなさい!」は勉強しない子どもに都合のいい理由となる

また、親の口うるささは、実は子どもにとって勉強しない都合のいい理由となってしまうこともあるんですよ。

「勉強しようと思っていたけど、いちいち親がうるさいから、もうする気が起きなくなった」

こういう、理由づけに使われたりするのです。

では、子どもに「勉強しなさい!」と言わなかった場合、子どもはどうでしょう?

「親が勉強しろと言わなかったから、勉強する気がおきなかった」

こんなことを言うでしょうか?
言いませんよね。

子どもは自分で進路を考え自分で歩いていけます

もし自分の成績に伸び悩んでいれば、子どもの方から親へ相談も来ます。

「○○高校このままじゃやばいから、塾へ行かせてもらえない?」

子どもへ任せておくことで、子どもは自分で考え、困ったときには必要があれば親や先生で相談します。
ですから、子どもへ「勉強しなさい!」という言葉はいかに無駄なことか親御さんには理解してほしいのです。

言っても子どもは変わらない。
むしろ、言わないほうがいい。
どうしても親として何か言いたいなら、こう言いましょう。

「お父さんやお母さんに何かできることはある?」

脳は一つのことに注目すると他が見えなくなる

人間の脳は、一つのことに集中すると他のことが見えなくなる性質があります。
さらに、自分の経験や価値観がそこへ入ってきて、自分の都合のいいように見たいことだけ見てしまう。

「このままでは○○高校はムリだ」
「○○高校に行かないと子どもは苦労する」

これは親の都合だけで見ていること。

子どもはもう本当に無理なのか?
子どもはその高校に行かなければ幸せになれないのか?
いろんな方向から考えてみれば、そうでもないのでは?

子どもの人生を親の価値観だけで見ると、こういったことに陥りやすいですね。
子どものできていないことだけに注目するから、そのこととしか見えなくなってしまうのです。

子どもが今できていることや頑張っていることに注目してみましょう。

「うちの子どもに、できていることや頑張っていることなんて見つからない」

そのように思っているあなた。
自分の思考がかなり偏っていますよ。
子どもの良いところが見えなくなっています。

そんなあなたには、僕の講座を受講されることをおススメします。
きっと、子育てのヒントが見つかりますよ。

関連するブログも参考にどうぞ
受験生の不安を子供のストレスに変えるのは親が原因かも?
親の不安は子供へ伝えるな!受験生を抱える親が心がけることとは

小学生から経営者まで対応可能な講演・研修メニューとは?

子どもも大人も関係なくもっているのが『感情』。
そのなかでも『怒り』の感情は扱い方が難しくないですか?
人間関係をもっと円滑にできるようになってみませんか?
講演・研修・カウンセリングのメニューはこちら

この記事を書いたプロ

怒りの取り扱いアドバイザー [ホームページ]

講師 稲田尚久

岡山県津山市 [地図]
TEL:090-4652-4379

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演・研修メニュー
井原市教育委員会主催教育講演会

【経営者・管理者・中間管理職】対象テーマ例・部下から信頼される上司になれる!「カッとならずに対応するための感情コントロール術」・部下のヤル気を引き出す...

プロ紹介動画
イメージ

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
稲田尚久 いなだなおひさ

元中学校教師「いなっち先生」が教えるアンガーマネジメント子育て法(1/3)

 「あんなに子どもを怒るんじゃなかった」と思った経験はありませんか? 人間なら誰もが抱く「怒り」の感情とうまく付き合うための心理トレーニングを行う「日本アンガーマネジメント協会」認定のファシリテーター稲田尚久さん。「怒りの取り扱いアドバイザ...

稲田尚久プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

元中学教師の実体験で小学生から経営者まで満足させるマルチ講師

会社名 : 怒りの取り扱いアドバイザー
住所 : 岡山県津山市 [地図]
TEL : 090-4652-4379

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4652-4379

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

稲田尚久(いなだなおひさ)

怒りの取り扱いアドバイザー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

稲田さんのセミナーのおかげで部下へイライラすることが減りました

「どうして部下はダメなんだ?」「いつまでも成長しないのは...

I氏
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
子供を褒める言葉が見つからない?感謝と喜びの言葉を使う方法
イメージ

 子供を褒める言葉が見つからない?感謝と喜びの言葉を使う方法 「ほめ言葉が見つかりません」「叱ることば...

[ 褒め方 ]

子供が自分を客観視できる方法!親子で使える怒りの温度計とは?
イメージ

 子供が自分を客観視できる方法!親子で使える怒りの温度計とは? 「子どもがすぐにカッとなって怒り、冷静に...

[ 子どもの怒りのコントロール方法 ]

叱る時は最終局面に注意!ピークエンドの法則を活かした叱り方
イメージ

 叱る時は最終局面に注意!ピークエンドの法則を活かした叱り方 叱るときに活かせる、ある実験を紹介しま...

[ 叱り方 ]

子供がキレる原因は?親が子供の怒りの感情を大切にしないから
イメージ

 子供がキレる原因は?親が子供の怒りの感情を大切にしないから 1学期も残り1か月半。梅雨に入っての蒸し...

[ 子どもの怒りのコントロール方法 ]

親の思考のクセが子供を苦しめる!試験結果にイライラしないコツ
イメージ

 親の思考のクセが子供を苦しめる!試験結果にイライラしないコツ 同じ出来事を見ても、人それぞれそこで考...

[ 子育てで大切なこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ