コラム

 公開日: 2018-02-19 

子どもへ伝わる叱り方の極意!子供を怒るときに使える簡単な方法

子どもへ伝わる叱り方の極意!子供を怒るときに使える簡単な方法

オッケー
前回のコラムはは、「事実」と「気持ち」を分けないから感情をぶつけるだけの怒りになるということについてお伝えしました。
前回のコラムはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
事実と気持ちを分けて考える叱り方のコツ

事実と気持ちを分けて子どもへ伝える言い方とは?

では、前回のNGな子どもへの伝え方を例に考えてみます。

NGな伝え方
「いつもカバンを台所に置きっぱなしにして、だらしない子ね!もう、いい加減にして!お母さんを困らせないで!」

これでは、事実と気持ちがごちゃまぜ。
さらに、自分の主観で伝えている。
子どもには嫌な気持ちが残ります。

事実を客観的に伝えてみる

事実と気持ちを分けるということでしたよね。
まず、「事実」を伝えます。

「カバンを台所に置きっぱなしにしているね」

カバンを台所に置いていることは、紛れもない事実です。
だから子どもも納得できますよね。

気持ちを私メッセージで伝えてみる

次に、「気持ち」を伝えます。

「お母さんは台所へカバンを置きっぱなしにされると、ご飯の準備がやりにくくて困るの」
とか
「お母さんも仕事で疲れて帰ってきて、ご飯の準備もしなきゃいけないのに、あなたのカバンまで片付けるのはしんどいよ」

こんなふうに『私』を主語にして伝えるのがポイントです。
『私メッセージ』とか『Iメッセージ』といいます。
こうすることで、主語は自分ですから、相手を否定しなくて済みます。

具体的で実現可能なリクエストを提案してみる

そして、子どもにやってほしいことを具体的に伝えます。
「自分のカバンは帰ったらまず自分の部屋か、それが無理なら居間のすみに置いてくれるかな?」

何を?どうしてほしいか?
リクエストを具体的に伝えるのです。
そのリクエストは子どもが実現可能なことであることも重要ですね。

「ちゃんと片付けてよ!」
「お母さんを困らせないで!」

これでは、何をどうすればいいのか?
子どもには伝わらないのです。

上手に伝えたから子どもはすぐ行動できるとは限らない

今回は、子どもに伝わる言い方を書きましたが、いくら上手に伝えても、受け取る側の子どもがすぐ行動してくれるかどうかは、わかりません。

くれぐれも気をつけてほしいことがあります。
「こんなに優しく言ったのに、なんであなたは理解できないの!?」

これでは、せっかく上手に伝えても全てが水の泡。
さあ、そんなとき、あなたはどう伝えますか?
日々、練習です。

関連するブログはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
万引き、過食、子どもを怒れば怒るほどエスカレートしてしまう

小学生から経営者まで対応可能な講演・研修メニューとは?

子どもも大人も関係なくもっているのが『感情』。
そのなかでも『怒り』の感情は扱い方が難しくないですか?
人間関係をもっと円滑にできるようになってみませんか?
講演・研修・カウンセリングのメニューはこちら

この記事を書いたプロ

怒りの取り扱いアドバイザー [ホームページ]

講師 稲田尚久

岡山県津山市 [地図]
TEL:090-4652-4379

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演・研修メニュー
井原市教育委員会主催教育講演会

【経営者・管理者・中間管理職】対象テーマ例・部下から信頼される上司になれる!「カッとならずに対応するための感情コントロール術」・部下のヤル気を引き出す...

プロ紹介動画
イメージ

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
稲田尚久 いなだなおひさ

元中学校教師「いなっち先生」が教えるアンガーマネジメント子育て法(1/3)

 「あんなに子どもを怒るんじゃなかった」と思った経験はありませんか? 人間なら誰もが抱く「怒り」の感情とうまく付き合うための心理トレーニングを行う「日本アンガーマネジメント協会」認定のファシリテーター稲田尚久さん。「怒りの取り扱いアドバイザ...

稲田尚久プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

元中学教師の実体験で小学生から経営者まで満足させるマルチ講師

会社名 : 怒りの取り扱いアドバイザー
住所 : 岡山県津山市 [地図]
TEL : 090-4652-4379

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4652-4379

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

稲田尚久(いなだなおひさ)

怒りの取り扱いアドバイザー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

稲田さんのセミナーのおかげで部下へイライラすることが減りました

「どうして部下はダメなんだ?」「いつまでも成長しないのは...

I氏
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
叱る時は最終局面に注意!ピークエンドの法則を活かした叱り方
イメージ

 叱る時は最終局面に注意!ピークエンドの法則を活かした叱り方 叱るときに活かせる、ある実験を紹介しま...

[ 叱り方 ]

子供がキレる原因は?親が子供の怒りの感情を大切にしないから
イメージ

 子供がキレる原因は?親が子供の怒りの感情を大切にしないから 1学期も残り1か月半。梅雨に入っての蒸し...

[ 子どもの怒りのコントロール方法 ]

親の思考のクセが子供を苦しめる!試験結果にイライラしないコツ
イメージ

 親の思考のクセが子供を苦しめる!試験結果にイライラしないコツ 同じ出来事を見ても、人それぞれそこで考...

[ 子育てで大切なこと ]

部下のやる気を引き出すコツ!自分の存在価値を認める関わり方
イメージ

 部下のやる気を引き出すコツ!自分の存在価値を認める関わり方 あなたが働いていて嬉しかったときって、どん...

[ モチベーションを高める方法 ]

人の役に立てる子供とは?親の無条件の関わりが自己肯定感を生む
イメージ

 人の役に立てる子供とは?親の無条件の関わりが自己肯定感を生む 「自分は他人のために役に立っている」人...

[ 子育てで大切なこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ