コラム

 公開日: 2018-02-07  最終更新日: 2018-02-26

部下を叱るのが怖い上司必見!叱っても信頼関係が深まる叱り方

部下を叱るのが怖い上司必見!叱っても信頼関係が深まる叱り方


「部下を叱るのが怖い」
そういった経験はありませんか?
でも、叱ることは必要な場面があります。
見逃せば、後々大きなツケとなってしまうことも。
そこで、上司と部下の信頼関係が深まる叱り方について書きました。

叱るのはフェイス・トゥ・フェイス

部下を叱るとき、人前で叱るのはダメです。
緊急の場合でない限り、他の同僚がいる前ではやめましょう。
叱るときは、一対一。
子どもでも大勢の前で一人だけ叱られるのは嫌です。
プライドが傷つきますからね。
大人ならなおさらですよね。

部下を呼んだら感謝の気持ちを伝える

部下を呼び、別室へ来てもらいます。
まずは、来てくれたことに感謝の気持ちを伝えましょう。

「仕事中に時間をとってすまないね」
「忙しいのにわざわざ来てくれてありがとう」

こういった、一言をまず伝えておくといいのです。
なぜなら、上司から呼ばれるということは部下も緊張しているからです。
緊張しているのに、部屋に入ったとたん叱られ始めると、心の準備もできていませんから、部下の心は受け入れ態勢になっていません。
大事なことが伝わらないのです。

なぜ来てもらったのか?目的を伝える

まずは、呼んだ目的や理由を伝えましょう。
「ここへ来てもらったのは、今日あなたが午前中窓口でお客様へ接しているとき、あいさつの仕方が良くなかったことについて伝えたかったからなんだ」
5W1H.を心がけるといいですね。
いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)

「今日のお客様へのあの態度はなんだ!?」
と、いきなり言われても、部下は何のことか戸惑いますからね。

叱るのはそのときの行為のみにする

叱ったら必ず納得してもらえるとは限りません。
もしかしたら、腑に落ちない態度をとることもあります。

「なんだ?その態度は!?それが叱られている者の態度か?」
「あなたそれでも反省しているの?」
こういう言い方は、良くないですよ。

僕が教師をやっているとき、いつまでもクドクドと叱る先生がいましたが、叱っている途中の生徒の態度に腹が立って、いつまでも叱り続け、時間が長くなっているというのを見たことがあります。
叱られて出てきた生徒は、不満の表情。
「ちょっと、下向いただけなのに…、なんだその態度は?って…。あんなにクドクド言われたら反省する気持ちもなくなるし」
こんなことをぼやいていました。

部下の言い分も必ず聴いてみる

一方的にこちらの言いたいことだけをいうのでは、部下も納得いかないことが多いです。
必ず言い分にも耳を傾けましょう。
上司「私の言うことで、なにか納得いかないなら言ってごらん」
部下「いやあ、あのとき、別の問い合わせが入っていて、頭の中が混乱していて、自分では失礼のないようにしていたつもりなのですが」
上司「そうだったのか。それは大変だったなあ」
部下「そうなんです。必死だったので。こういう時は、どうするのがいいのでしょうか?」

部下のそのときの気持ちを受け止めてやれば、素直に上司の伝えることも聴き、さらに自分から心を開いてくれることもあります。

叱った後は必ずフォローをする

叱るだけ叱って、ハイ終わり。
これでは、部下も後味悪いです。
凹んだ気持ちのまま、仕事をつづけることになります。

僕は教師時代、生徒を叱った後には必ずフォローを入れて終わることにしていました。
「今日は厳しくあなたのことを叱ったけれど、あなたのやったことが悪いだけで、あなたが悪いわけじゃないからね。あなたはいつも明るくて友達を盛り上げたり、クラスを元気にしてくれるすごいパワー持っているよ。それがあなたのいいところだから、これからも頼むね」

その人のちょっとした良さを伝えてやることで、凹んだ気持ちもすこし回復します。
時には、少し笑顔になって戻っていくこともありました。

最近の若い人は、叱られ慣れしていないことが多いので、こういった工夫が必要ではないでしょうか?

叱るときの基準も大切です。
こちらをご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓
叱り方が変われば子どもも部下も変わるのはなぜか?
子どものため?親のため?叱る基準の決め方はこれだ

叱り方については、以前のコラムにも書いていますので、参考にしてみてください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
部下を傷つける叱るときのNGワード

小学生から経営者まで対応可能な講演・研修メニューとは?

子どもも大人も関係なくもっているのが『感情』。
そのなかでも『怒り』の感情は扱い方が難しくないですか?
人間関係をもっと円滑にできるようになってみませんか?
講演・研修・カウンセリングのメニューはこちら

この記事を書いたプロ

怒りの取り扱いアドバイザー [ホームページ]

講師 稲田尚久

岡山県津山市 [地図]
TEL:090-4652-4379

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

14

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演・研修メニュー
井原市教育委員会主催教育講演会

【経営者・管理者・中間管理職】対象テーマ例・部下から信頼される上司になれる!「カッとならずに対応するための感情コントロール術」・部下のヤル気を引き出す...

プロ紹介動画
イメージ

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
稲田尚久 いなだなおひさ

元中学校教師「いなっち先生」が教えるアンガーマネジメント子育て法(1/3)

 「あんなに子どもを怒るんじゃなかった」と思った経験はありませんか? 人間なら誰もが抱く「怒り」の感情とうまく付き合うための心理トレーニングを行う「日本アンガーマネジメント協会」認定のファシリテーター稲田尚久さん。「怒りの取り扱いアドバイザ...

稲田尚久プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

元中学教師の実体験で小学生から経営者まで満足させるマルチ講師

会社名 : 怒りの取り扱いアドバイザー
住所 : 岡山県津山市 [地図]
TEL : 090-4652-4379

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4652-4379

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

稲田尚久(いなだなおひさ)

怒りの取り扱いアドバイザー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

稲田さんのセミナーのおかげで部下へイライラすることが減りました

「どうして部下はダメなんだ?」「いつまでも成長しないのは...

I氏
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
部下のやる気を引き出すコツ!自分の存在価値を認める関わり方
イメージ

 部下のやる気を引き出すコツ!自分の存在価値を認める関わり方 あなたが働いていて嬉しかったときって、どん...

[ モチベーションを高める方法 ]

人の役に立てる子供とは?親の無条件の関わりが自己肯定感を生む
イメージ

 人の役に立てる子供とは?親の無条件の関わりが自己肯定感を生む 「自分は他人のために役に立っている」人...

[ 子育てで大切なこと ]

PTA講演の講師選びで悩まない!講師探しは検索ワードに秘訣あり
イメージ

 PTA講演の講師選びで悩んでいるあなたへ PTA役員になってしまった。それも講演会の企画運営担当。さあ、...

[ 子育てで大切なこと ]

子供がやる気を出す親の言葉とは?肯定的な言葉で具体的に声かけ
イメージ

 子供がやる気を出す親の言葉とは?肯定的な言葉で具体的に声かけ 人は価値ある存在として認められたい。承...

[ 子どものやる気を引き出す方法 ]

教師に怒られる子供の原因とは?親の関わり方が子供の人格に影響
イメージ

 教師に怒られる子供の原因とは?親の関わり方が子供の人格に影響 「先生怒ってくれ!」教師時代のこと。...

[ 子育てで大切なこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ