コラム

 公開日: 2017-11-07 

思春期の反抗的な子どもにイライラしない方法「親子の会話術」とは?

『心のコップ』にについて、前回のコラムでは僕のコップが小さかったことについて書きました。

今回は思春期の子どもの『心のコップ』の取り扱い方について考えてみます。

思春期になると、他人と自分との違いをハッキリ自覚するようになります。
また、自分の価値観もハッキリとしてきます。

ですから、大勢の友達と遊ぶことよりも、だんだんと自分に合った友達と遊んだり、関わりを深めていくようになるわけです。

逆に言えば、価値観の合わない友達とのトラブルも起きたりしますよね。

さらに、勉強も難しくなる。
中学になれば、部活動で忙しくなる。
高校受験も考えなきゃいけない。

子どもにとっては、ストレスになることがどんどん増えてくるのです。
だから、子どもも日々の生活で『心のコップ』へネガティブな水をためているんですよ。

コップが満杯の状態で家に帰ってくれば、ダラダラしたいのです。
大人だって同じですよね。

こんな会話していませんか?

子「あー!疲れた。宿題めっちゃ多いし、めんどくさー!」
親「ゴチャゴチャ言ってないで、早く風呂入ってよ!ご飯にしたいから」
子「うるせーなー!それくらいわかったるわ!」
親「なに!?その口答え。小さいころは素直でかわいかったのに!憎たらしわ!」
子「憎たらしい子で悪かったな。このクソババァー!」

思春期の子どもは、わかりきったことを言われるとイライラします。
思春期の子どもが逆ギレするのは親に原因がある?

子どもの『心のコップ』を察してやれば、こういった親子の言い合いは減ります。

では、どうすればいいのか?

それはとっても簡単。

【相づち】と【オウム返し】するだけ。

では、やってみましょう。

子「あー!疲れた。宿題めっちゃ多いし、めんどくさー!」
親「そうかあ【相づち】、宿題多くてめんどくさいんだ【オウム返し】」

これでいいんです。
子どもは自分の気持ちをわかってくれたと感じれば安心するんです。

思春期の親子の会話術は
①相づち
②オウム返し
ぜひ、意識してみてください。

では、お風呂に入ってほしいのはどうするのか?
親「疲れてて動きたくないんだよね?でも、先にお風呂に入ってもらえるとお母さんもご飯の後の片づけがスムーズにできて助かるんだけど」

子どもの気持ちを受け止めたうえで、やってほしいことを具体的に伝える。
それでも、子どもが親の言うとおりに動かなければ、いったんあきらめたほうがいいです。

思春期になれば、自分の思い通りにやりたくなるもの。
それが親離れであり、自立なのです。

「親の言うこと聞かなくなって腹が立つ」
と、思うより
「自分で決めたいんだな。大きくなったなあ」
と、成長を喜ぶくらいの余裕を持つようにしてみませんか?

いやいや、そんなことできない。
子どもにすぐ怒ってしまう。
売り言葉に買い言葉で、いつも親子げんかになってしまう。

そういう親御さんも多いです。
一度、アンガーマネジメント学んでみてください。

アンガーマネジメントの基本が学べます。
講座情報はここをクリック

この記事を書いたプロ

怒りの取り扱いアドバイザー [ホームページ]

講師 稲田尚久

岡山県津山市 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演・研修メニュー
井原市教育委員会主催教育講演会

【経営者・管理者・中間管理職】対象テーマ・24年間中学生と関わった元教師直伝「若手社員をヤル気にさせる関わり方」   ・反抗的な中学生の対応から学ぶ「反...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
稲田尚久 いなだなおひさ

元中学校教師「いなっち先生」が教えるアンガーマネジメント子育て法(1/3)

 「あんなに子どもを怒るんじゃなかった」と思った経験はありませんか? 人間なら誰もが抱く「怒り」の感情とうまく付き合うための心理トレーニングを行う「日本アンガーマネジメント協会」認定のファシリテーター稲田尚久さん。「怒りの取り扱いアドバイザ...

稲田尚久プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

元中学教師の実体験で小学生から経営者まで満足させるマルチ講師

会社名 : 怒りの取り扱いアドバイザー
住所 : 岡山県津山市 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

稲田尚久(いなだなおひさ)

怒りの取り扱いアドバイザー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

正しい叱り方がわかり、仕事も家庭も楽に過ごせそうです

正しい叱り方を学べました。 今までは感情で怒ってしまうこと...

Mさん
  • 女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
子どもが自立した大人へと成長するには自己肯定感と親子の間にある基本的信頼感が必要
イメージ

現在、18歳の次男君が赤ちゃんの頃です。今ではすっかりスリムになりましたが、この時はプニプニの肉感とクリ...

[ 子育てで大切なこと ]

小中学生がイライラすることが減ったという怒りのコントロールテクニックを大人も使おう
イメージ

雪の便りも耳にするようになってきました。天気予報の予想気温を見て「今日より寒いな」とか「明日のほうが暑...

[ 怒りのピークを過ごす方法 ]

変えられない人や状況にイライラ、怒る、焦る、理不尽な怒りの対処方法とは?
イメージ

『変えられないものを変えない』サッカー解説者でスポーツジャーナリストの中西哲生さんが、以前ラジオで言わ...

[ アンガーマネジメントとは? ]

親も社長もイライラ怒りの感情コントロールが子育て、教育、人材育成、経営に役立つ
イメージ

【人を大切にする】親だろうと経営者だろうと同じです。しかし、忙しさに追われて忘れてしまうことはないで...

[ 人間関係を良くするコツ ]

怒る、イライラの原因は子ども?上司?実は・・・。怒りのコントロール方法とは?
イメージ

怒ることやイライラすることは、誰にでもあります。アンガーマネジメントを教えている僕でもあります。ただ...

[ アンガーマネジメントとは? ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ