コラム

 公開日: 2016-07-27 

統合失調症の持病。保険の相談と保険選びのポイント

統合失調症は、精神疾患のひとつです。この病気にかかると、幻覚を見たり、妄想を抱くこともあり、社会に適応することが難しくなる場合もあります。治療には一般的に長期間要し、その間、無所得になることもあります。こうしたリスクには保険で備えるべきです。統合失調症の方でも加入できる保険はあるのでしょうか。

統合失調症をはじめ精神的な持病があると保険加入は難しくなる

統合失調症は一生の間にこの疾患になる率は約1%です。つまり100人に1人程度がかかると言われている病気です。統合失調症になると、幻覚や幻聴があったり妄想を抱くようになったり…などの症状が出ることがあります。症状が軽いうちは日常生活を送ることができますが、ひどくなると仕事や学校に行くことができなくなるなど生活に支障を来たすケースもあります。

統合失調症は、10~20代で患者数が多いと言われる病気で、40歳を過ぎると患者数は徐々に減少していきます。社会に出てからり患することもあり、ストレスが原因となることもあります。

統合失調症患者が加入できる医療保険は限られている

統合失調症の方は、社会に出て働くことができないケースがあります。そのため、所得がまったくないこともあります。

治療期間や入院期間が長期に及ぶ場合があったり、再発する可能性があるなど、保険会社としては加入条件を厳しくせざるを得ません。

統合失調症患者には、さまざまなリスクがありますが、保険に加入できる可能性もありますので見ていきましょう。

統合失調症の人は「引受基準緩和型医療保険」や「無選択型保険」を検討する

告知内容の項目は少ない限定告知タイプの「引受基準緩和型」という保険があります。通常の保険よりも保険に加入する条件を緩和している保険なので、持病や既往症がある人でも加入できる可能性がある保険です。ただし、保険料が割高になったり保障額が低くなったりする場合があります。

また、「無選択型保険」という保険も検討してみましょう。無選択型保険は、医師の検査や健康告知の必要がありません。健康状態に関係なく加入できる保険ですが、保険料はかなり高くなります。保障内容について制限があるほか、保険金や給付金の上限も低く設定されています。

なお、将来の備えとして個人年金があります。個人年金とは、保険料を積み立てて、将来、年金として受け取れる保険です。
この個人年金保険は死亡保険ではありませんので、無健診、無告知で加入できる場合が多いですが保険会社によっては簡単な健康告知が必要となる場合もあります。

なお、保険会社によって条件などが異なるため注意してください。専門家などにご相談いただき、より良いアドバイスを受けていただくことをおすすめします。

この記事を書いたプロ

ほけんの診療所 LIFE TREE [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 篠田京子

岡山県岡山市中区西川原72-7 [地図]
TEL:0120-553-349

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

『実は、こんな風に詳しく説明を聞くことができ、 篠田さんにもう少し早く会えていれば学資保険も 篠田さんに加入していたのに。 最初に来ていただいた代理店さん...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
篠田京子さん

お客様の「幸せ」を考えた、最適な保険プランをコーディネート(1/3)

 岡山市中区西川原で、生命保険会社・損害保険会社の代理店としてリスクマネジメントやコンサルティングなどを行う有限会社 LIFE TREE。同社のファイナンシャルプランナーとして活躍する篠田京子さんは、この道35年の「保険」のプロフェッショナ...

篠田京子プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

保険の仕組みを一から教え、複数社から最適な商品プランを提供

会社名 : ほけんの診療所 LIFE TREE
住所 : 岡山県岡山市中区西川原72-7 [地図]
TEL : 0120-553-349

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-553-349

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

篠田京子(しのだきょうこ)

ほけんの診療所 LIFE TREE

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声
D.T
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
緑内障でも入れる保険はあるの?保険選びと告知ポイント

緑内障は40代以上の人がり患する病気のひとつで、最悪の場合、失明に至ることもあります。失明は、高度障害状態...

[ 生命保険 ]

特定疾患の持病がある子供のための保険選びはどうする?

悪性新生物や慢性腎疾患をはじめとした特定疾患を持つ子供もいます。治療期間が長期間に渡り、医療費が高額になる...

[ 生命保険 ]

肺がんの持病がある方の保険選びのポイント

肺がんは死因ナンバーワンの病気です。喫煙歴などによって、肺がんリスクはかなり異なります。肺がんを経験すると...

持病があると保険に入れない?「引受緩和型保険」とは

持病があっても保険には加入することはできます。しかし、割高な保険料を負担しなければならず、給付制限もありま...

[ 生命保険 ]

持病のある人が医療保険の見直しをするときの注意点

持病があっても、まずは一般の保険加入も調べてみましょう。持病がある人などが保険を見直す際のポイントについて...

[ 生命保険 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ