コラム

 公開日: 2016-10-31 

自立と依存


昨日の山陽新聞の記事です

こどもができても仕事54% (内閣府世論調査)

出産という大きな任務をひとりで遂行せねばならない女性が男性と同じように働くというのは
肉体的、精神的に何かと負担も大きい。
けれども、それでもなお仕事を続けることのメリットは大きい。

自立とは依存先を増やすことだ
脳性まひの障害をもちながら小児科医として勤務される熊谷晋一朗さんの有名な言葉です。

自立とはだれにも頼らないこと、依存せずに生きることだと考えがち。
けれども。実際はそうではなく、自分を生かし続けるための依存先をたくさん持っていることが大切ですよ~という
意味です。

専業主婦であることのリスクは、経済的、精神的な依存先が、夫や子供など、家庭の中だけに集中してしまいがち。
私自身が専業主婦の経験があるので、まさにその通り。
だからこそ、夫婦が互いに傷つけ合うだけの関係になっても、そこから自分を逃がす道を見つけるまでに長い時間
がかかってしまう。

すぐにお金を稼ぐ必要がなければ、ボランティア、趣味の教室、などに属するのはどうでしょうか
新たな人間関係を築いたり、未知の世界に足を踏み入れることが何より大切。

新しく出会う人たちは、いつだって新しい役割を運んできてくれる。
誰かの役にたてば、そこに自分の新たな居場所ができるし、うまくいけばその先に収入の糸口があるかも
精神的、経済的な依存先を家庭以外の外に少なからず持っていると、もしもの時自分を自由にできる。
計画どうりにいかない毎日をタフに乗り切るためにも、自立するための手立てを打つことは決して悪いことではない。
社会の中に居場所を増やすことが、精神的な依存先を増やすこと、
つまり、「自立」へつながる道だと思う。

皆様には依存先がどのくらいありますか~

今週も楽しみましょう~(^_-)-☆

この記事を書いたプロ

ハートフルコミュニケーション

岡田浩美

岡山県倉敷市幸町7-27-20 [地図]
TEL:080-1923-4485

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
コミュニケーションの大切さを語る岡田さん

言葉の使い方で豊かな暮らしを(1/3)

 馬の合わない上司や部下との関係、子どもを介した母親グループでの関係、各世代の夫婦の関係―さまざまな関係の中で言葉の行き違いからトラブルが起こってしまったことはありませんか? 「良かれと思っての言葉でも、悪くとられてしまうことってありま...

岡田浩美プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

会社名 : ハートフルコミュニケーション
住所 : 岡山県倉敷市幸町7-27-20 [地図]
TEL : 080-1923-4485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-1923-4485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岡田浩美(おかだひろみ)

ハートフルコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
めんどくさがり、言い訳タイプの方(^^♪
イメージ

人間には、比較的すぐ行動するタイプと、なかなか行動しないタイプがいますが人間関係という点からみると、...

[ 人として ]

我慢できないタイプの方(^^♪
イメージ

わかっちゃいるけどやめられない・・・植木等の歌ではないですが身体に悪いから、無駄なお金を使うのは...

[ 自分探しの旅 ]

先送りタイプの方(^^♪
イメージ

先日、ある方に 「あなたのモットーは?」と尋ねました。すると「今日できることは明日に延ばさないこと」と...

[ 自分探しの旅 ]

頑固者タイプの方(^^♪
イメージ

なかなか素直になれなくて人づきあいがうまくいかないタイプの方3つに分けてみますね1、もともと性格...

[ 自分探しの旅 ]

夢がないタイプの方(^^♪
イメージ

社会人になって夢がないことをコンプレックスの種になってなやんでいらっしゃる方がいらっしゃいました。...

[ 自分探しの旅 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ