コラム

 公開日: 2016-05-26 

思わず心を許してしまう聞き方



三流は、人の話をまったく聞かない
二流は、聞いたふりだけうまい
一流は、相手が気持ちよくなる聞き方をする

今日は聞き方のテクニックをお伝えします。
自分が話すことだけにとらわれずに、聞き方を洗練させることがコミュニケーションuPです。
目安としては、自分2:相手8 位を目安にするといいです。
それくらい「聞く」ということは大切なのです。

「あ~なるほどね」 「そうですね」
使ってませんか~?
結論を言います。このあいづちは避けてください。できる限り・・・
聞いたところ、○○タの役員の方との商談で「あ~なるほでですね」を言ったら、その地点で商談終了だそうです。

具体的にはどのようなあいづちをすればいいか
企業研修でよく使われるのは さしすせそ
さ=さすがですね
し=知らなかったです
す=素敵ですね
そ=それはすごいです

もちろんこれにならう必要はありません。
大事なことは、その話を受けて「自分はどう感じたか」を相手に伝えることなのです。
相手の話に価値がある というリアクションを取ることです。
しっかりと話を聞いて、言葉や情感を込めることです。
あ~この人は私の話をちゃんと聞いてくれてる と相手に感じてもらうことがゴールなのです。
すごいですね~も冷めたトーンで 「すごいですね・・・」
では皮肉めいて聞こえませんか?
相手の顔をきちんと見てから聞くことは基本中の基本ですね。
うなずき一つで相手を気持ちよくさせる
これなら、話下手な人もできるのでは~

試してみてください(^^)/

良ければこちらも見てね(^_-)-☆
http://ameblo.jp/momokurasiki/entry-12164161096.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog----momokurasiki_12164161096

この記事を書いたプロ

ハートフルコミュニケーション

岡田浩美

岡山県倉敷市幸町7-27-20 [地図]
TEL:080-1923-4485

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
コミュニケーションの大切さを語る岡田さん

言葉の使い方で豊かな暮らしを(1/3)

 馬の合わない上司や部下との関係、子どもを介した母親グループでの関係、各世代の夫婦の関係―さまざまな関係の中で言葉の行き違いからトラブルが起こってしまったことはありませんか? 「良かれと思っての言葉でも、悪くとられてしまうことってありま...

岡田浩美プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

会社名 : ハートフルコミュニケーション
住所 : 岡山県倉敷市幸町7-27-20 [地図]
TEL : 080-1923-4485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-1923-4485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岡田浩美(おかだひろみ)

ハートフルコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
母と子のものさし
イメージ

三人の息子の母である私ですがこんな昔話がありました。しばしおつきあいお願いします。長男が中学生...

[ 親子関係 ]

自立と依存
イメージ

昨日の山陽新聞の記事ですこどもができても仕事54% (内閣府世論調査)出産という大きな任務をひとり...

[ 女性の生き方 ]

会話に困ったときの対処法① 質問で沈黙を乗り切る
イメージ

3連休終わってしまいましたね~皆様どんなお休みでしたか~?ちなみに私は 初日 お友達とランチして、...

[ コミュミケーション ]

人に好かれる「会話」嫌われる「会話」 ④
イメージ

めっきり涼しくなりました。夜の時間がだんだん長くなってきましたね~どんなお時間を過ごされていますか...

[ コミュミケーション ]

人に好かれる「会話」嫌われる「会話」③
イメージ

人と会うことが苦手という人がいらっしゃいます。「会う」ということが苦手というより、人と「話す」ことが...

[ 人間関係 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ