コラム

 公開日: 2016-04-22 

相手が自分に好印象を抱いてるサイン


相手のしぐさから心を読む方法


人とのコミュミケーションは言葉だけでは、相手の本音がわからない時があります。

コミュミケーションには

言葉を中心にする言語的コミュミケーションと

表情やしぐさからなる、非言語コミュミケーションがあります。

アメリカの人類学者である、バードウィステルは

1対1で話すとき、言葉で伝わる情報は35%で、それ以外の話しぶりや動作の手段で伝わる情報は65%

と述べている。

ということは、相手といい関係を築き上げたいときは

体から発せられる サイン を見逃さないようにしましょう。

まず 姿勢

前のめりで聞く

前のめりということは、相手に歩みよる気持ちがあるということ。

話を聞き逃したくない、もっと近づきたい という思いが、前のめりの姿勢を生み出している。



相手の目を見つめる。

相手がこちらの目を見つめるのは好意のサイン。

ただ、3秒以上見つめるのは、相手の気持ち操りたい、という心理が働いてる場合もある。



手のひらを上に向ける。

相手がこちらの話に好意を抱いてるときは、手のひらを上に向けたり、腕を広げたりします。

相手を信用し、心を開いてるサインです。



ひざやつまさきが自分の方を向いている

相手が関心を寄せてるときは、視線を合わせて前のめりになるだけだなく

ひざやつまさきも自分の方を向いている。

横並びで座るとき鮮明に表れる。

なので自分も好意を持っているのであれば、相手と同じく、前のめりになったり

相手の目を見つめたりしてみよう。

意識しながらコミュミケーションを取っていきましょう(^_-)-☆

この記事を書いたプロ

ハートフルコミュニケーション

岡田浩美

岡山県倉敷市幸町7-27-20 [地図]
TEL:080-1923-4485

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
コミュニケーションの大切さを語る岡田さん

言葉の使い方で豊かな暮らしを(1/3)

 馬の合わない上司や部下との関係、子どもを介した母親グループでの関係、各世代の夫婦の関係―さまざまな関係の中で言葉の行き違いからトラブルが起こってしまったことはありませんか? 「良かれと思っての言葉でも、悪くとられてしまうことってありま...

岡田浩美プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

会社名 : ハートフルコミュニケーション
住所 : 岡山県倉敷市幸町7-27-20 [地図]
TEL : 080-1923-4485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-1923-4485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岡田浩美(おかだひろみ)

ハートフルコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
母と子のものさし
イメージ

三人の息子の母である私ですがこんな昔話がありました。しばしおつきあいお願いします。長男が中学生...

[ 親子関係 ]

自立と依存
イメージ

昨日の山陽新聞の記事ですこどもができても仕事54% (内閣府世論調査)出産という大きな任務をひとり...

[ 女性の生き方 ]

会話に困ったときの対処法① 質問で沈黙を乗り切る
イメージ

3連休終わってしまいましたね~皆様どんなお休みでしたか~?ちなみに私は 初日 お友達とランチして、...

[ コミュミケーション ]

人に好かれる「会話」嫌われる「会話」 ④
イメージ

めっきり涼しくなりました。夜の時間がだんだん長くなってきましたね~どんなお時間を過ごされていますか...

[ コミュミケーション ]

人に好かれる「会話」嫌われる「会話」③
イメージ

人と会うことが苦手という人がいらっしゃいます。「会う」ということが苦手というより、人と「話す」ことが...

[ 人間関係 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ