コラム

 公開日: 2012-02-23 

英語教室 40代女性の場合

 
 「仕事で中国に行くことになって、中国語か英語のどちらかを勉強しなさいって、会社から言われたので、英語を始めます。でも、中学生の頃から本当に英語は苦手で・・・」
 
 そんな風に言って、当教室を訪ねてくれました。

 彼女は、体験レッスンの日、とにかく緊張していて、「やってみましょう」と言ったことすべてに臆病になって取り組むことがなかなかできませんでした。

 そんな彼女に私が言ったことは

 「わからなくてもいいんです。できなくてもいいんです。まず、自分が思うように発言したり、書いたりしてくれたら、間違いは直しますから。それから、英語でどう言うのかわからない言葉があったらそこは日本語のままでいいですよ。日本語と英語の大きな違いは、語順。時々日本語がはいってきても、語順があっていれば今日の学習は成果ありですからね。英語の単語は少しずつ覚えていきましょう」

   こんなアドバイス。

  つまりこういうことです。

  「私は、ゴルフをします」
  と書きたい。

   でも、「 I like ゴルフ. 」
としか書けない。

  これでもいいのです。声に出して読んでみれば正解。
  正しい形で文が作れたのだから、次は「ゴルフ」は「golf」と綴ることを覚えればいいのです。

  誰だって、習い始めの時からすべての単語をしっているわけではありません。
  英語に関しては、生まれたばかりの赤ちゃんと同じですから。
  そんな気持ちで、気楽に取り組んでもらってます。

  じゃあ、そんな彼女はどんなレッスンをしているのでしょう?

  ① DANGAN INPUT(右脳)
    英語のフレーズを弾丸のように脳にインプットしていきます。
    毎時間挑戦して、レベルアップしていきます。
    レベル1 日本語に合う英語を読むことができる。
    レベル2 日本語に合う英語を何も見ないで言うことができる。
    レベル3 順番を入れ替えても日本語に合う英語を言うことができる。
    
     これを毎時間繰り返して、習い始めて4ヶ月ですでに50近くのフレーズを覚えました。

  ② 復習読み(右脳)
    今までに習った教科書の文を、レッスンごとに2分間ずつで何セット読むことができるか。
    毎時間読みます。
    前回よりも一語でも多く読めるように、練習します。
    だからといって、棒読みだったり、ただ早口ではいけません。
    相手に伝わるように抑揚をつけてわかりやすく読むことが一番の目標です。

  ③ 文法の復習(左脳)
    前の時間にならったことを簡単に復習します。
    文法の練習問題を解いたり、英語を訳してみたりします。

  ④ 新しい文型の学習(左脳→右脳→左脳)
    彼女の場合は、生まれたての赤ちゃんと言ってもやはり大人です。
    文型の説明は左脳から入っていきます。理屈で文の作りを覚えます。
    そのあと、いろんな単語を使ってパターン練習です。ひたすら声に出していってみます。
    そして、もう一度左脳を使って学習。英語を書くことに挑戦です。

  ⑤ 進出単語の確認(左脳→右脳)
    新しい単語の意味を確認して発音します。
    単語の綴りの練習は、宿題になります。
    でも、読み方のわからないものを練習しても綴りは覚えられません。
    だから、ひたすら発音です。

  ⑥ 本文訳(左脳)
    新しい単語やまだ覚えられていなかった単語を確認しながら、日本語に訳してみます。
    
  ⑦ 本読み(右脳)
    正しい発音で正しい抑揚で読めるように練習します。

  ⑧ 対訳(日本語→英語)=(左脳)
    発音練習した本文を、日本語を聞いて英語が読めるように練習します。
    理想は、教科書を見ないで英語が言えたらいいですが、教科書を見て読んでもOK。
    こうすることで、英語の並びが頭にインプットされていきます。


  これだけのことを2時間かけて行います。

  
  英語教室に通い始めてから4ヶ月を過ぎ5ヶ月目に入った彼女。
  はじめは、間違いを恐れて何も言えない何も書けなかった彼女。

  熱心に努力し続けている成果が出始めています。
  いまでは、友達のことを英語で紹介したり、英語で詩を書いたりできるようになりました。

  もちろん、教室に来たときだけの成果ではありません。
  英語を身につけるために、家庭でも努力をしています。
  単語を書いて覚えたり、本読みをしたり。

  「私たち日本人が日本語を話せるようになったのと同じで、毎日英語に触れなくては英語は身に付きませんよ。単語を書く。=(左脳)時間がなかったら2分間だけでいいから寝る前に本読みする。=(右脳)」

  
  この努力を惜しまなかった成果は、ほんの数ヶ月で見え始めています。
  言ってることが理解できたり、書いてあることが読めたり、言いたいことが言えたり書けたら楽しいですよね。世界が広がりますよ。

  みなさんも、CSカンパニーで英語の勉強始めてみませんか。


  CSカンパニー
  岡山市北区神田町1丁目9-12 リトルハイム神田101
  086-227-4560
  pptkk254@ybb.ne.jp
 

  

この記事を書いたプロ

CSカンパニー [ホームページ]

英会話講師 明石千賀子

岡山県岡山市北区青江5-15-33 あとりえビル2階(受付)、3階 [地図]
TEL:086-227-4560

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
お客様の声
イメージ

現在、いけばな教室に通っています。いつも、少人数で会話をしながら、楽しくやっています。花がもともと好きで、でも生け方を習う機会がなく、これからの人生で役に...

 
このプロの紹介記事
「だれでも英語は上達できるんです」と語る明石さん

脳科学利用のレッスンで輝くあなたに(1/3)

 「文法や発音など英語はいくつもの切り口があり、得意部分から学べば、誰でも成果を出せます」。こう言い切るのは岡山県岡山市北区神田町でカルチャースクール「CSカンパニー」を開いている明石千賀子さん。同スクールのレッスンカリキュラムは脳科学を利...

明石千賀子プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

会社名 : CSカンパニー
住所 : 岡山県岡山市北区青江5-15-33 あとりえビル2階(受付)、3階 [地図]
TEL : 086-227-4560

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-227-4560

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

明石千賀子(あかしちかこ)

CSカンパニー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
英語が苦手な中学生の場合~脳科学を活かした授業~

「事情があって学校を休んでいたので、その頃のことが全然わからなくて、ほんとに英語苦手なんです。」 そう言っ...

勉強するということ

中学校では、教科書のほかに副教材というものを購入します。ワークブックやプリント類のことですが。どこの学...

[ 家庭学習法 ]

成績を5にする英語クラス

「英語が苦手でどうしようもありません」「どの塾に行ってもダメでした」と、CSカンパニーにお子様を連れてこ...

[ 英語が苦手な中学生の場合 ]

はじめまして。CSカンパニーです。
ヴォーカル教室

 はじめまして。 CSカンパニー明石です。 「あなたを輝かせたい!!」 そんな思いで始めたカルチャースク...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ