コラム

 公開日: 2015-05-12 

岡山市退職女性教諭の会 「らくらく健康いす体操 ~ からだの基本づくり~」

岡山市退職女性教諭の会 定例研修会
「らくらく健康いす体操」

「椅子に座ったままでどんな体操をするのだろう?」
研修会に参加されたみなさんは、始まるまではそう思われていたようです。

「こんなに動けるとは知りませんでした!」
「ポカポカして汗ばむくらいです!」
「からだがとても軽くなりました!」
「椅子に座ったままで運動はできるのですね!」
研修後は、最初のイメージが覆され、「らくらく」なのに「健康」になれる「いす体操」の
効果を十分に実感されたようです。


この会は退職後ということですから、年齢は60歳代から80歳代くらいまでの女性。
この年代の方はからだの状態も個々の差が大きく、活動的な方もいれば
運動は嫌いで何もしていない方もいます。
肩が痛かったり、腰や膝が痛い方も多く、日常生活に支障が出るくらい
背骨が変形している方も見受けられます。

誰もが願うのは「健康で長生き」。
そのために運動は必要だということは理解しています。
しかし、なんでもかんでも運動をすれば健康になるという考えは大間違いだと
理解している人は少ないように感じます。

情報過多の中で、他人の効果を自分に置き換えて、やみくもに次々と試しながら
次第にからだを壊している方を多く見てきました。
つまり、運動をすればするほど、不健康になっているのです。


そのような方が最終的に頼ってこられるのが、
《 フットセラピー&姿勢・肩腰膝の体調改善教室 》(らくらく健康いす体操を含んだ内容です)


自分に適した運動が何なのかを知るために、まずは自分のからだの状態を知ることが重要。
今回の研修会では、まずは自分のからだの状態を知るための始めの一歩を実感しました。
それは「まっすぐ立っている」かどうか。

この質問をすると、ほとんどの方が「まっすぐ立っています!」と自信満々に答えます。
では、実際はどうでしょうか。
簡単に知る方法は、足の裏を感じることです。
両足の裏にどのように体重が乗っているか。

左右の体重の乗り方が異なっていたり、前や後ろに偏っていたりしませんか。
足の指も全部を感じるでしょうか。

「あれ??右には乗っているけど、左はあんまり・・・」
「踵にはしっかり乗っているけど、前は感じない・・・」
「指が全然着いていない・・・」


このような状態で「まっすぐ立てている」と言えますか。
からだの中で唯一、床に接する部分である足の裏が、このように偏った荷重をしていれば
当然その上に乗っかるものは不安定です。

後ろ寄り(踵)に乗っていれば、後ろにひっくり返るのですが、からだはうまくできていて
そうはならないのが私たち。
どこかが調整しているからひっくり返らないのです。
例えば、頭を前に出して。
そうなると背中も丸くなりますね。


姿勢が悪いと嘆く前に、どのように立っているかを知ることで、からだの状態に気づいてみませんか。
また、座り方も「まっすぐ立つ」に大きく影響しています。
猫背の方はまっすぐ立てていないことに気づくでしょう。

骨盤を起こして、背骨がS字カーブになるような姿勢を心がけましょう。
ただし、腰や肩に力を入れることは禁物です!


● 5月17日 「高血圧の日」●

血圧を下げるためには減量が必要。
そのために運動に取り組もうとされている方もいらっしゃるでしょう。
運動をする前に姿勢を調えることから始めませんか。

岡山大学病院による市民公開講座にて、
姿勢を調え、からだを支える働きを高める体操と
高血圧予防の減量のための運動をご紹介します。
ぜひ体験してみてください。

*山陽新聞
http://iryo.sanyo.oni.co.jp/hosp/h/055/c2015032518050358
*日本高血圧協会
http://www.ketsuatsu.net/hypertensionday.html#f


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


【ロコモ・メタボの予防と改善のコンディショニング教室案内】

●《フットセラピー&姿勢・肩腰膝の体調改善教室》

姿勢、肩コリ、腰痛、膝の痛み、冷え、足のつり、むくみ、低体温、自律神経など、
からだとこころの調子を調えます。
今まで感じた痛みやコリ、重さ、だるさなどが感じなくなり、
不調が軽減され、心身ともに健康を取り戻すことができます。
姿勢・代謝改善のコンディショニングによって、からだが軽くなり、
バランスがよくなり、スムーズな動きができるようになります。

からだの不調はこころの不調にもつながります。
からだのアンバランスは動きのアンバランスにもつながります。
これらの不調やアンバランスを調えることは、長い人生の先の要介護のリスクを
減らし、健康寿命を伸ばします。

随時、見学できます。お気軽にどうぞ。

◆ お問い合わせは・・
山陽新聞カルチャープラザ 本部事務局
Tel   (086)803-8017
URL http://santa.sanyo.oni.co.jp/

● Cosmos
「健やかなからだ」と「豊かなこころ」のトータルサポート

http://cosmos-c-c.jimdo.com/

● Studio Grace Mam
「赤ちゃんの発達を促すコンディショニング」&「産後ケア」
0歳児の育脳で「美しい姿勢」と「しなやかな動き」の基礎をつくる

http://cosmos-c-c.jimdo.com/studio-grace-mam/

この記事を書いたプロ

Cosmos(コスモス) [ホームページ]

福本智恵子

岡山県岡山市北区御津 [地図]
TEL:090-5703-4877

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
子ども・大人の姿勢教室
イメージ

★ 子どもの脳力を育み、能力を高めるからだづくり★ からだの動きが脳をつくる、しなやかな動きがきれいな姿勢をつくる!★ 赤ちゃんの体幹コンディショニングが将来...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
体幹を調え美しい姿勢に導いてくれる福本さん

美しい姿勢が楽しい暮らしの原点です(1/3)

 まっすぐに立って、まず体を右にひねると、軽く腰が回りました。でも、逆に左に腰をひねると、背中につっぱり感が…。 「普通に生活していて、体のバランスが左右均等という人はほとんどいません。重心が偏ったり、ひざや腰などに負担が掛かったり…けが...

福本智恵子プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

発育発達過程に基づき、姿勢と動きの土台づくり理論を実践できる

会社名 : Cosmos(コスモス)
住所 : 岡山県岡山市北区御津 [地図]
TEL : 090-5703-4877

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-5703-4877

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福本智恵子(ふくもとちえこ)

Cosmos(コスモス)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

井原市立の幼稚園 子育て講演会

日ごろ気になっていた姿勢についての講話、とてもためになり...

YM
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
家庭では見ない、子どもの授業中の姿勢 @ 備前市立伊部小学校 PTA学年集会
イメージ

■ よく見かける悪い姿勢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

よい姿勢づくりのために体幹を鍛えるとは? @ 井原市立荏原小学校 学校保健委員会
イメージ

■ 体幹 = 腹筋 ??・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

姿勢の悪さを自覚している子ども達 @ 井原市立荏原小学校 学校保健委員会
イメージ

■ 学校でも家庭でも児童の姿勢の悪さが目立つ現代・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

赤ちゃんのお座りの練習の意味

■ 赤ちゃんはみんな良い姿勢?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 赤ちゃん ]

赤ちゃんのお座りの時期はいつ?

■ 首が据わって・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 赤ちゃん ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ