コラム

 公開日: 2013-08-20 

マタニティママの姿勢と腰痛改善@RSKラジオ「こんにちは赤ちゃん」


RSKラジオ金曜日の午前中の「こんにちは赤ちゃん」にて、
遠藤寛子アナウンサーと滝沢忠孝アナウンサーのコーナーに
声の生出演をさせていただきました。

「マタニティママの姿勢を改善しましょう!!」とのテーマで、
「妊婦さんの姿勢について」と「簡単な腰痛改善の方法」をお伝えしました。
ラジオ放送をお聴き逃しの方に、お話の内容をまとめてみました。


まずは、「姿勢」がなぜ大事なのかについて。
ほとんどの方は姿勢が大事と思っていますし、
悪いよりは良い方がいいと思っています。
それは見た目の要素が大きいのかもしれませんね。

しかし、もっと大事な事があります。
それは「動く」こと。
私たちは起きてから寝るまで、様々な動作をしています。
寝ている時も寝返りなどをして動いていますね。
つまり、24時間動いているのです。
「姿勢」というのは、この「動き」に大きく関わっています。


動くためには筋肉が伸び縮みをして、関節を動かします。
体中のあらゆる関節が動くことで、私たちは24時間動くことができます。

筋肉はゴムのようなものだと想像してください。
引っ張れば伸び、緩めれば元に戻ります。

ある筋肉は伸びっぱなしで縮むことができなくなっている、
またある筋肉は反対に縮んだまま元に戻ることができなくなっている。
そうなると関節は動きにくくなりますね。
からだの一部分だけの問題ではなく、からだ全体にその影響は広がっていきます。


さて、マタニティママの姿勢はどうでしょうか。
一番大きな変化はおなかが大きくなることですね。
赤ちゃんの成長とともに、ママのおなかは大きくなり、前にせり出していきます。
すると、今までとはバランスのとり方が変化するので、それに対応しようとします。

おなかが前に突き出ると、前にひっくりかえらないように腰を反らして、
上半身をやや後ろに倒した姿勢を取るようになります。
背中や腰の筋肉はこの姿勢を取り続けるために、常に縮みっぱなし。
すると硬くなり、伸びにくくなり、動きにくくなってきます。
また、コリや痛みにつながる可能性も出てきます。

マタニティママではなくても同じ姿勢を取り続けると、どこかに痛みを感じたり、
動き始めが固い感じで動きにくさを経験したことはありませんか。
妊娠中は徐々に変化するとしても、数ヶ月間継続しているのです。


では、どうすればいいのでしょうか。
まず、硬くなっている腰回りをほぐしましょう。

仰向けに寝ます。
両膝を抱えて胸の方に引き寄せます。
おなかにぶつからないように膝を開いて、おなかの横に持ってくるようにします。
小さくゆっくり揺すります。
引き寄せる⇔戻す、という動きで、膝が3~5cmくらいの範囲で動きます。
繰り返し行なうことで、腰のあたりの緊張が緩んで楽になってくるのを感じます。
「気持ちいい~」と感じられたらしばらく続けましょう。

次に、太ももの内側を伸ばします。
これはお産の為にも必要です。
両膝を左右に広げます。
両手を膝や脛にあてて、ゆっくりと股関節を開きます。
ジワァ~っと、ゆっくり開いたり閉じたりを繰り返します。
太ももの内側、付け根のあたりが少し伸びている感じを味わいます。

最後に、ゆっくり呼吸をします。
口からフゥ~~と長~く息を吐きます。
これは姿勢を支える筋肉を活性化させる目的があります。

いずれも、どこかに痛みを感じたり、気分がすぐれない場合は中止してください。


現代は便利になり過ぎていて、あまり動かなくても生活できるようになっています。
マタニティママに限らず、使いすぎて傷めている方よりも、
「使わなさ過ぎて」コリや痛みを感じる方の方が圧倒的に多いと感じます。

ただ動けばいいのではなく、効率よく動く、
そのための姿勢づくりはすべてのヒトに生まれつき備わっています。
おなかの中から始まって、生まれてからすぐに姿勢づくりをしています。

自分のからだの取り扱い、少し知るだけでとっても軽く、楽になります。
あなたのからだの可能性はまだまだ眠っていますよ。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

毎日、赤ちゃんに会える日を楽しみにしていることでしょう。
産んでからがスタート!
赤ちゃんのこと、知らないまま子育てをするよりも、
ちょっとしたことをあらかじめ知っておくほうが不安も少ないです。
未知のことに不安を抱く前に、ほんの少し知識を入れておきましょう。


● 新米ママの子育てセミナー

「赤ちゃんの発達」と「転びやすい子どもの姿勢」


赤ちゃんの発達は、育児中のママには必須の知識になっています。
知らずにやっていたことが、とても重要な事だったり、
後から知って、その頃に戻りたいと反省したり。

これからママになる方も、すでに子育て中の方も、
お子さんの健やかな成長を願うなら、今が大事です。


詳しくは・・・

≪セミナー・イベント≫
http://mbp-okayama.com/cosmos/seminar/672/



● Cosmos
「健やかなからだ」と「豊かなこころ」のトータルサポート

http://cosmos-c-c.jimdo.com/

● Studio Grace Mam
「赤ちゃんの発達を促すコンディショニング」&「産後ケア」
0歳児の育脳で「美しい姿勢」と「しなやかな動き」の基礎をつくる

http://cosmos-c-c.jimdo.com/studio-grace-mam/

この記事を書いたプロ

Cosmos(コスモス) [ホームページ]

福本智恵子

岡山県岡山市北区御津 [地図]
TEL:090-5703-4877

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
子ども・大人の姿勢教室
イメージ

★ 子どもの脳力を育み、能力を高めるからだづくり★ からだの動きが脳をつくる、しなやかな動きがきれいな姿勢をつくる!★ 赤ちゃんの体幹コンディショニングが将来...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
体幹を調え美しい姿勢に導いてくれる福本さん

美しい姿勢が楽しい暮らしの原点です(1/3)

 まっすぐに立って、まず体を右にひねると、軽く腰が回りました。でも、逆に左に腰をひねると、背中につっぱり感が…。 「普通に生活していて、体のバランスが左右均等という人はほとんどいません。重心が偏ったり、ひざや腰などに負担が掛かったり…けが...

福本智恵子プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

発育発達過程に基づき、姿勢と動きの土台づくり理論を実践できる

会社名 : Cosmos(コスモス)
住所 : 岡山県岡山市北区御津 [地図]
TEL : 090-5703-4877

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-5703-4877

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福本智恵子(ふくもとちえこ)

Cosmos(コスモス)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

倉敷市立連島南中学校 学校保健委員会 講演 「正しい姿勢で集中力を高めよう!」

*生徒の感想です。 普段から親に姿勢が悪いのを指摘され...

IT
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
家庭では見ない、子どもの授業中の姿勢 @ 備前市立伊部小学校 PTA学年集会
イメージ

■ よく見かける悪い姿勢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

よい姿勢づくりのために体幹を鍛えるとは? @ 井原市立荏原小学校 学校保健委員会
イメージ

■ 体幹 = 腹筋 ??・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

姿勢の悪さを自覚している子ども達 @ 井原市立荏原小学校 学校保健委員会
イメージ

■ 学校でも家庭でも児童の姿勢の悪さが目立つ現代・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

赤ちゃんのお座りの練習の意味

■ 赤ちゃんはみんな良い姿勢?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 赤ちゃん ]

赤ちゃんのお座りの時期はいつ?

■ 首が据わって・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 赤ちゃん ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ