コラム

 公開日: 2013-06-04 

運動会のリレーで転ぶ子ども達


5月下旬に行なわれる運動会が終わりましたね。
9月や10月よりも過ごしやすい気温ということですが、今年の5月は早々に
夏日を記録しました。
まだ暑さに慣れていないので、夏ではなくても熱中症を心配する季節です。
また、日に焼けていない子どもも多く、野外スポーツをしている子はすでに焼けていて、
日焼けの差がはっきりしていたようです。


運動会を見た方々から子ども達の様子を聞きました。

「走り方がおかしい」
「腕の振り方がおかしい」
「腰が落ちていて全然前に進まない」
「体は前に前にと進む気持ちだけど足がついていっていない」
「ドタドタ・バタバタした走り方」
「転ぶ子どもがすごく多いことにビックリした」
「姿勢が悪い子どもが多い」


実際に見なくてもどんな様子だったのかが手に取るように分かりますね。
しかし、このような視点で見ている方はあまり多くないかもしれません。
ひとりの子どもについて話をした保護者同士でも、
「走り方がおかしい」と見えた方と
「そんなにおかしくない」と見えた方とに分かれるようです。


リレーではグラウンドを1週または半周しながらバトンを渡していきます。
直線を走るよりもカーブを走る方が少し難しいですね。
遠心力に負けてしまってコースアウトして転ぶ子どもがいるのも納得できます。
しかし、からだを上手くコントロールしてコースに添って走ることは
できないことではないはずです。

ただ、今では直線を走っていてもまっすぐ走れなかったり、
歩いていても転ぶ子どもが多くなっているという事実から考えれば、
カーブを曲がりきれないのは当然です。


このようなことは姿勢の悪さや体幹の安定性の無さなどで起こっています。
姿勢が悪いと背骨の動きは非常に硬く、しなやかさは少ないです。
からだ全体の動きとしては、コントロールしにくいため力任せになっています。
それも必要な力以上に無駄な労力を使うため、筋肉は硬くなり、疲れやすくなります。

また、体幹にくっついている腕や脚のジョイント部分である肩関節や股関節の
動く範囲も姿勢の影響を受けて、偏っていたり狭くなっていたりします。

体幹とくに背骨が硬く、股関節の可動範囲が狭く、足首の可動範囲も狭ければ、
カーブを曲がり切れないことは容易に分かりますね。
動きにくいからだを腕の振りでなんとか前に進めようとしても、
他の部分がブレーキになっていては、さらに力を入れて腕を振らなければなりません。


このような姿勢やからだの使い方になっている子どもに、
今必要なのは、【体幹】を調え、動きやすいからだを作ること。
アクティブ・コンディショニングでは、背骨も含めた体幹および
肩関節・股関節・足関節など、からだ全体をトータルに調えていきます。

学年が上がるに従って個人差が大きくなるようです。
運動嫌いになる前に、「からだを動かすことって楽しい~」を経験させてあげましょう。



● 親子の姿勢アクティブ・コンディショニング

子どもの姿勢やからだの硬さ・動き方が気になるけど、
何をしたらいいのか分からない方必見!
親子で遊びながら、いつの間にか姿勢や動きが変化します。
子どもはもちろん、大人も姿勢がよくなり、からだは軽くなります。
親子でご参加ください。

【日時】7月15日(月・祝)10:30~

詳しくは・・・
http://mbp-okayama.com/cosmos/seminar/217/


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

【アクティブ・コンディショニングの教室案内】


山陽新聞カルチャープラザ 本部教室

●《幼児の姿勢と運動脳を育むバランスボール講座》
http://mbp-okayama.com/cosmos/seminar/398/

●《小学生の姿勢とケガ予防のバランスボール講座》
http://mbp-okayama.com/cosmos/seminar/398/


子どもが大好きな「あ・そ・び」を通して楽しくからだづくり。
よい姿勢は全ての動きの基本。
「やりたい気持ち」と「できるからだ」が合致することで、
より難易度の高いことにもチャレンジできる意欲や自信がでてきます。
「できた!」の積み重ねはこころを育み、からだとこころの粘り強さや
困難なことでも前向きに乗り越えられるたくましさを身につけるでしょう。


◆ お問い合わせは・・

山陽新聞カルチャープラザ 本部事務局
Tel   (086)803-8017
URL http://santa.sanyo.oni.co.jp/



● Cosmos
「健やかなからだ」と「豊かなこころ」のトータルサポート

http://cosmos-c-c.jimdo.com/

● Studio Grace Mam
「赤ちゃんの発達を促すコンディショニング」&「産後ケア」
0歳児の育脳で「美しい姿勢」と「しなやかな動き」の基礎をつくる

http://cosmos-c-c.jimdo.com/studio-grace-mam/

この記事を書いたプロ

Cosmos(コスモス) [ホームページ]

福本智恵子

岡山県岡山市北区御津 [地図]
TEL:090-5703-4877

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
子ども・大人の姿勢教室
イメージ

★ 子どもの脳力を育み、能力を高めるからだづくり★ からだの動きが脳をつくる、しなやかな動きがきれいな姿勢をつくる!★ 赤ちゃんの体幹コンディショニングが将来...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
体幹を調え美しい姿勢に導いてくれる福本さん

美しい姿勢が楽しい暮らしの原点です(1/3)

 まっすぐに立って、まず体を右にひねると、軽く腰が回りました。でも、逆に左に腰をひねると、背中につっぱり感が…。 「普通に生活していて、体のバランスが左右均等という人はほとんどいません。重心が偏ったり、ひざや腰などに負担が掛かったり…けが...

福本智恵子プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

発育発達過程に基づき、姿勢と動きの土台づくり理論を実践できる

会社名 : Cosmos(コスモス)
住所 : 岡山県岡山市北区御津 [地図]
TEL : 090-5703-4877

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-5703-4877

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福本智恵子(ふくもとちえこ)

Cosmos(コスモス)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

鳥取市小学校 教育研究会 健康教育部 研修会 「子どもの姿勢を考える」~体力・学力・脳の働き~

日常の生活習慣(幼児期から)によって、体力・健康・寿命な...

KM
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
運動器症候群の子ども達 @ 備前市立伊部小学校 PTA学年集会
イメージ

■ 姿勢の悪さがもたらすもの・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

家庭では見ない、子どもの授業中の姿勢 @ 備前市立伊部小学校 PTA学年集会
イメージ

■ よく見かける悪い姿勢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

よい姿勢づくりのために体幹を鍛えるとは? @ 井原市立荏原小学校 学校保健委員会
イメージ

■ 体幹 = 腹筋 ??・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

姿勢の悪さを自覚している子ども達 @ 井原市立荏原小学校 学校保健委員会
イメージ

■ 学校でも家庭でも児童の姿勢の悪さが目立つ現代・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

赤ちゃんのお座りの練習の意味

■ 赤ちゃんはみんな良い姿勢?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 赤ちゃん ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ