コラム

2012-03-27

子どもが座りやすい椅子の座面

数回にわたって「座る」ことについて考えてきました。
普段の「座り方」を意識することは、自分を知ることにもなりますね。

さて、座る姿勢を意識すると、お尻を乗せる座面の形状が気になってきませんか。
今回はからだの使い方に影響する椅子などについて考えてみましょう。


まず、椅子に座った時には足の裏は床に置いています。
大人の場合、特別な状況を除いて、両足が床に着かず、
ブラブラと宙に浮いている状態で座ることはあまりないでしょう。
体格によっては椅子の座面がやや高くて、
深く腰掛けることができない場合もあるでしょう。

また、子どもにとって大人サイズの椅子だと、
足は床に着かないこともあります。
足が床に着かない状態では、落ち着かないとか、踏ん張りがきかないなど、
座った姿勢が安定しませんね。


座面はどうでしょうか。
フワフワして埋まるような柔らかい座面と、硬めで平らな座面では
どちらが座りやすいでしょうか。
「柔らかい方がお尻が痛くない」と思っていませんか。
確かに硬い座面に長く座っているとお尻が痛くなりそうですね。


しかし、前回のコラムで書いた『骨盤』を垂直にして
座ることを考えてみてください。
柔らかくお尻が埋まるような座面では『骨盤』を垂直にすることは難しいのです。
この柔らかい座面の椅子、家庭やオフィスにありませんか。
応接室などにあるソファです。

ゆったりと座れそうですが、深く腰掛け、背もたれに
背中を預けて座った姿勢は、横から見てどのように見えますか。
『骨盤』は後ろに倒れ、背中はやや丸くなっていませんか。


「楽」だと感じるかもしれませんが、この姿勢で長く座っていると、
腰が重い・だるい・硬い・痛いと感じ、背中や肩・首が凝ってきます。

だから、また何かに(柔らかいものや背もたれなど)にからだを預けて、
できるだけ「楽」だと感じる姿勢を取り続けてしまうのです。


家庭でソファに座る姿勢はどうでしょうか。
もしかしたら「座る」ではないかもしれませんね。

かなり前に中学生に尋ねたことがあります。
「家ではソファにどんな座り方をしてる?」
「座らんよ」
「???・・・どういうこと?」
「肘かけに頭を乗せて寝ころんで、片足は背もたれに乗せる」
「?!?!?!」

言葉になりませんでした。
せめて座ってほしいものです。


『骨盤』が垂直になるような床からの座面の高さ、座りやすい座面の硬さが
座った姿勢に影響してきます。
普段使っている椅子やソファはからだにとって、
また、姿勢にとって適したものでしょうか。

● Cosmos
「健やかなからだ」と「豊かなこころ」のトータルサポート

http://cosmos-c-c.jimdo.com/

● Studio Grace Mam
「赤ちゃんの発達を促すコンディショニング」&「産後ケア」
0歳児の育脳で「美しい姿勢」と「しなやかな動き」の基礎をつくる

http://cosmos-c-c.jimdo.com/studio-grace-mam/

この記事を書いたプロ

Cosmos(コスモス) [ホームページ]

福本智恵子

岡山県岡山市北区御津 [地図]
TEL:090-5703-4877

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
子ども・大人の姿勢教室
イメージ

★ 子どもの脳力を育み、能力を高めるからだづくり★ からだの動きが脳をつくる、しなやかな動きがきれいな姿勢をつくる!★ 赤ちゃんの体幹コンディショニングが将来...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
体幹を調え美しい姿勢に導いてくれる福本さん

美しい姿勢が楽しい暮らしの原点です(1/3)

 まっすぐに立って、まず体を右にひねると、軽く腰が回りました。でも、逆に左に腰をひねると、背中につっぱり感が…。 「普通に生活していて、体のバランスが左右均等という人はほとんどいません。重心が偏ったり、ひざや腰などに負担が掛かったり…けが...

福本智恵子プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

発育発達過程に基づき、姿勢と動きの土台づくり理論を実践できる

会社名 : Cosmos(コスモス)
住所 : 岡山県岡山市北区御津 [地図]
TEL : 090-5703-4877

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-5703-4877

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福本智恵子(ふくもとちえこ)

Cosmos(コスモス)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

鳥取市小学校 教育研究会 健康教育部 研修会 「子どもの姿勢を考える」~体力・学力・脳の働き~

日常の生活習慣(幼児期から)によって、体力・健康・寿命な...

KM
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
転びやすい子どもの靴の履き方 @ 備前市幼稚園・こども園教育研究部研修会
イメージ

■ 年々おかしくなっている子どもの身体・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

力を入れても筋力強化できない理由 @ 中央保健センター栄養委員研修会
イメージ

■ 強い筋肉は力を入れればいい??・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

運動が害になる人の共通点 @ 中央保健センター栄養委員研修会
イメージ

■ 運動を過信しすぎる危険・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

スキップができるためには体幹づくりから @ 西粟倉村PTA連絡協議会研修会
イメージ

■ 運動を「しても」「しなくても」新たな課題・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

子どもの姿勢は将来の健康寿命を表す @ 西粟倉村PTA連絡協議会研修会
イメージ

■ 田舎だからこそ歩かなくなった子ども・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ