コラム

 公開日: 2011-12-20 

大人が奪った、子どもの能力を伸ばす機会



あなたは子どもの頃にどんなケガをしましたか。
全くケガをしなかったという方はかなり少ないのではないでしょうか。

ほとんどの方は「膝を擦りむいた」「肘を打った」「足首を捻った」
「突き指」などの数日くらいで治るケガが多いと思います。
中には「骨が折れた」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

では、義務教育を終えるまでに同級生で何人の人が「骨折」をしたでしょうか。
私の経験では「ゼロ」です。
保育園・幼稚園・小学校・中学校の同級生に「骨折」をした人はいませんでした。


子どもの頃は運動場でよく遊びました。
遊具を使ったり、ボールでゲームをしたり、陣取りやかくれんぼなど、
昼休みの長い休憩時間や夕方の下校のアナウンスがあるまで。

また近所の上級生・下級生と竹馬やバドミントン、近くの川に行ったり、
空き地で穴を掘ったり、山を作ってトンネルを掘ったり、
かくれんぼをしたりと、大人数で暗くなるまで遊んでいました。


遊びのなかで、ちょっと足を滑らせたり、何かにつまずいたりして転んだ時に
膝を擦りむくことはありました。
転んだ時には手をついたので、手の平を小石でケガすることもありました。
そんな傷はたいして痕も残っていません。
高いところに登ったり、飛び降りたりもしましたが、
捻挫をすることもありません。
足の裏に衝撃を感じて「痛い」くらいでしょうか。



今はどうでしょう。
大人のみなさんがかつて遊んだような環境は近所にありますか。
公園はあちこちにあるでしょう。
そこではどのような遊びが行われているでしょうか。
どのような遊具があるでしょうか。


楽しかったグルグル回る遊具や動く遊具は、いまはどこにもありません。
動くものにしがみついて、飛ばされないようにしながら、
スピードやスリルを楽しんでいました。
その経験が自分のからだをコントロールする能力につながっています。


すべり台は階段を上がって、滑るだけの遊び方ではありませんでした。
教えられなくても下から上がろうとしましたね。

ツルツル滑るからどうすれば上がれるか。
しっかりと握らないとすぐに滑り落ちる。
片足を持ち上げる時はさらに踏ん張り、手もしっかりと握ろうとする。
ただ滑り下りるだけでは身につかないからだの使い方を
遊びの中で培っていました。


大人の目線でみたら、「危ない」「ルール違反」「友達に迷惑をかける」
ことかもしれませんが、子どもの中ではお互いがルールを決めて
楽しんでいました。


大人になると自分がしていた時のことを忘れがちです。
そして、大人の都合を押しつけていることにも気づいていないかもしれません。

「そんなことをしたら危ないからダメ!」
「ケガをするから止めなさい!」

私たち大人は、小さなケガを経験するから
大きなケガをしなかったのではないでしょうか。
子どもがもっている無限大の可能性、知らないうちに奪っていませんか。




12月22日に「ちとせキッズコーラス」さん主催の特別レッスンにて、
子どものケガを含めた姿勢のお話を行ないます。

『子どもの姿勢を考える・・体力・学力・脳の働き』

興味のある方はお問い合わせください。






● Cosmos
「健やかなからだ」と「豊かなこころ」のトータルサポート

http://cosmos-c-c.jimdo.com/

● Studio Grace Mam
「赤ちゃんの発達を促すコンディショニング」&「産後ケア」
0歳児の育脳で「美しい姿勢」と「しなやかな動き」の基礎をつくる

http://cosmos-c-c.jimdo.com/studio-grace-mam/

この記事を書いたプロ

Cosmos(コスモス) [ホームページ]

福本智恵子

岡山県岡山市北区御津 [地図]
TEL:090-5703-4877

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
子ども・大人の姿勢教室
イメージ

★ 子どもの脳力を育み、能力を高めるからだづくり★ からだの動きが脳をつくる、しなやかな動きがきれいな姿勢をつくる!★ 赤ちゃんの体幹コンディショニングが将来...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
体幹を調え美しい姿勢に導いてくれる福本さん

美しい姿勢が楽しい暮らしの原点です(1/3)

 まっすぐに立って、まず体を右にひねると、軽く腰が回りました。でも、逆に左に腰をひねると、背中につっぱり感が…。 「普通に生活していて、体のバランスが左右均等という人はほとんどいません。重心が偏ったり、ひざや腰などに負担が掛かったり…けが...

福本智恵子プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

発育発達過程に基づき、姿勢と動きの土台づくり理論を実践できる

会社名 : Cosmos(コスモス)
住所 : 岡山県岡山市北区御津 [地図]
TEL : 090-5703-4877

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-5703-4877

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福本智恵子(ふくもとちえこ)

Cosmos(コスモス)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

鳥取市小学校 教育研究会 健康教育部 研修会 「子どもの姿勢を考える」~体力・学力・脳の働き~

日常の生活習慣(幼児期から)によって、体力・健康・寿命な...

KM
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
運動器症候群の子ども達 @ 備前市立伊部小学校 PTA学年集会
イメージ

■ 姿勢の悪さがもたらすもの・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

家庭では見ない、子どもの授業中の姿勢 @ 備前市立伊部小学校 PTA学年集会
イメージ

■ よく見かける悪い姿勢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

よい姿勢づくりのために体幹を鍛えるとは? @ 井原市立荏原小学校 学校保健委員会
イメージ

■ 体幹 = 腹筋 ??・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

姿勢の悪さを自覚している子ども達 @ 井原市立荏原小学校 学校保健委員会
イメージ

■ 学校でも家庭でも児童の姿勢の悪さが目立つ現代・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

赤ちゃんのお座りの練習の意味

■ 赤ちゃんはみんな良い姿勢?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 赤ちゃん ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ