コラム

 公開日: 2011-11-22 

「腰痛になりやすい姿勢」で荷物を持ち上げる


前回のコラムでは「腰痛になりにくい」体の使い方について
基本的な事をお伝えしました。


今回はその反対で「腰痛になりやすい」体の使い方を挙げてみます。
ほとんどの方は何気なく行なっているかもしれません。
頭のどこかに置いておくと、ふとした時につながるかもしれませんね。


床に置いてある物を持ち上げる時、
どのような体の使い方をしているでしょうか。

このような動きは物を持たなくても日常的に行なっています。
床に落ちたものを拾う時も似ていますよね。

床に置いてあるちょっと重たい箱を持ち上げると想像します。
実際に動作を行なってみましょう。








さて、どうでしたか。

無意識に行なっていることを改めて「どうしているか」と尋ねられても
返答の仕様がないないかもしれません。

たぶん、ほとんどの方は「膝を曲げて」床の近くまで
手を伸ばしたのではないでしょうか。
ちょっと重たいので両手で持ち上げようとしますよね。

このような動作について、正しい動きとしてよくいわれているのが、
物を持ち上げる時に「膝を曲げる」です。
ここで膝を曲げずに体を前に倒した方は、
腰にとってとても危険な動作をしているといえます。


もうひとつとても重要な動きをする部位があります。
それは「股関節」です。

「股関節」は骨盤と太腿の骨(大腿骨)の間の関節です。
この関節は様々な方向に動くことができ、
私たちが二本足で立って歩くためには
股関節の使い方が非常に重要になってきます。


では、物を持ち上げる動作ではどのように使うかというと、
「股関節を曲げる」のです。
「膝を曲げる」と同時に「股関節を曲げる」ことで、体を前に傾け、
両手を床に近づけていきます。


しかし、ここでも腰を痛める使い方をしている例があります。
股関節の曲げ具合が少なく、体が前に傾かないため、
背中を丸めて頭を下げながら、両手を床に近づける動きです。


背中を丸めているかどうかは意外と気づいていません。
鏡などで一連の動作を横から見てみると一目瞭然です。
それでも分かりにくい場合は、誰かに見てもらうとか、
デジカメや携帯の動画で撮影してもらうとはっきりとわかるでしょう。


腰痛になりやすい床から荷物を持ち上げる動き
「膝を伸ばしている」
「股関節を曲げていない」
「背中を丸める」


物を持ち上げる際にはこれらにあてはまっていないかを意識してみましょう。



● Cosmos
「健やかなからだ」と「豊かなこころ」のトータルサポート

http://cosmos-c-c.jimdo.com/

● Studio Grace Mam
「赤ちゃんの発達を促すコンディショニング」&「産後ケア」
0歳児の育脳で「美しい姿勢」と「しなやかな動き」の基礎をつくる

http://cosmos-c-c.jimdo.com/studio-grace-mam/

この記事を書いたプロ

Cosmos(コスモス) [ホームページ]

福本智恵子

岡山県岡山市北区御津 [地図]
TEL:090-5703-4877

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
子ども・大人の姿勢教室
イメージ

★ 子どもの脳力を育み、能力を高めるからだづくり★ からだの動きが脳をつくる、しなやかな動きがきれいな姿勢をつくる!★ 赤ちゃんの体幹コンディショニングが将来...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
体幹を調え美しい姿勢に導いてくれる福本さん

美しい姿勢が楽しい暮らしの原点です(1/3)

 まっすぐに立って、まず体を右にひねると、軽く腰が回りました。でも、逆に左に腰をひねると、背中につっぱり感が…。 「普通に生活していて、体のバランスが左右均等という人はほとんどいません。重心が偏ったり、ひざや腰などに負担が掛かったり…けが...

福本智恵子プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

発育発達過程に基づき、姿勢と動きの土台づくり理論を実践できる

会社名 : Cosmos(コスモス)
住所 : 岡山県岡山市北区御津 [地図]
TEL : 090-5703-4877

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-5703-4877

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福本智恵子(ふくもとちえこ)

Cosmos(コスモス)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

鳥取市小学校 教育研究会 健康教育部 研修会 「子どもの姿勢を考える」~体力・学力・脳の働き~

日常の生活習慣(幼児期から)によって、体力・健康・寿命な...

KM
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
運動器症候群の子ども達 @ 備前市立伊部小学校 PTA学年集会
イメージ

■ 姿勢の悪さがもたらすもの・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

家庭では見ない、子どもの授業中の姿勢 @ 備前市立伊部小学校 PTA学年集会
イメージ

■ よく見かける悪い姿勢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

よい姿勢づくりのために体幹を鍛えるとは? @ 井原市立荏原小学校 学校保健委員会
イメージ

■ 体幹 = 腹筋 ??・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

姿勢の悪さを自覚している子ども達 @ 井原市立荏原小学校 学校保健委員会
イメージ

■ 学校でも家庭でも児童の姿勢の悪さが目立つ現代・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

赤ちゃんのお座りの練習の意味

■ 赤ちゃんはみんな良い姿勢?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 赤ちゃん ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ