コラム

2011-11-15

腰痛になりにくい体の使い方

私達のからだの中で「腰」は大事だという認識は誰もが持っているでしょう。
「腰」という漢字は、「月(にくづき)」に「要(かなめ)」と書きますね。
からだの中で要の部分が「腰」ということでしょうね。
漢字のように「腰」はとても重要な部位です。


重たいものを持つ時や力仕事をする時などに
「腰」を使って行なう方は多いようです。
本当にその使い方でいいのでしょうか。


「要」の部位 = しっかり使う ?


実は、この認識、使い方が腰痛の原因になっている方が多いのです。



「要」の部位 = からだを支えたり、しなやかに動かすための重要な働きをするところ

と、考えるとどうでしょうか。



この体の「要」となる「腰」を支え、保護し、
動きのコントロールを行なうことが腰痛になりにくい使い方なのです。


その役割を持っているのが、前回のコラムで書きました
「お腹まわりの筋肉」です。
つまり、「腰」に力を入れた使い方ではなく、
「お腹まわりの筋肉」を使うことが
からだにとっての「要」となる部位の正しい使い方です。


腰痛のある方のほとんどは、何かをするたびに「腰に力が入る」と云われます。
実際に「腰」に力を入れた使い方が日常的に行なわれているはずです。
それも無意識で。

自然に動く際、あたりまえに「腰」に力を入れているようです。
その結果「腰が痛い」になっています。

当然ですよね。
使うべきところは全く使わず、
保護するところばかりを長年使っているのですから。


使い方が間違っていることに気づかず、同じところを酷使して負担をかければ、
物でも壊れますよね。
私達のからだも同じです。



痛みはからだのサインです。
できれば痛みが出る前に、壊れてしまう前に、気づきたいものです。
痛みが出たならば、原因があるはずです。

その一番分かりやすい原因は「姿勢」です。
痛みの部位に着目する前に、全体のつながりから見ていけば、
解決することは多々あります。


「姿勢」を調えるだけで痛みが和らぎます。
痛みを感じなくなるケースもよくあります。
いま、腰が痛くなくても、腰が痛くなりそうな姿勢や、
腰が痛くなるからだの使い方をしていると、
そのうちからだはサインを出してくるでしょう。


腰は「使う」のではなく、「支える」のです。
早めに気づいてくださいね、からだの声に。

● Cosmos
「健やかなからだ」と「豊かなこころ」のトータルサポート

http://cosmos-c-c.jimdo.com/

● Studio Grace Mam
「赤ちゃんの発達を促すコンディショニング」&「産後ケア」
0歳児の育脳で「美しい姿勢」と「しなやかな動き」の基礎をつくる

http://cosmos-c-c.jimdo.com/studio-grace-mam/

この記事を書いたプロ

Cosmos(コスモス) [ホームページ]

福本智恵子

岡山県岡山市北区御津 [地図]
TEL:090-5703-4877

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
子ども・大人の姿勢教室
イメージ

★ 子どもの脳力を育み、能力を高めるからだづくり★ からだの動きが脳をつくる、しなやかな動きがきれいな姿勢をつくる!★ 赤ちゃんの体幹コンディショニングが将来...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
体幹を調え美しい姿勢に導いてくれる福本さん

美しい姿勢が楽しい暮らしの原点です(1/3)

 まっすぐに立って、まず体を右にひねると、軽く腰が回りました。でも、逆に左に腰をひねると、背中につっぱり感が…。 「普通に生活していて、体のバランスが左右均等という人はほとんどいません。重心が偏ったり、ひざや腰などに負担が掛かったり…けが...

福本智恵子プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

発育発達過程に基づき、姿勢と動きの土台づくり理論を実践できる

会社名 : Cosmos(コスモス)
住所 : 岡山県岡山市北区御津 [地図]
TEL : 090-5703-4877

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-5703-4877

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福本智恵子(ふくもとちえこ)

Cosmos(コスモス)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

鳥取市小学校 教育研究会 健康教育部 研修会 「子どもの姿勢を考える」~体力・学力・脳の働き~

日常の生活習慣(幼児期から)によって、体力・健康・寿命な...

KM
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
手先が不器用な子どもと姿勢 @ 備前市幼稚園・こども園教育研究部研修会
イメージ

■ なにをしてもぎこちなさが目立つ子どもの増加・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

転びやすい子どもの靴の履き方 @ 備前市幼稚園・こども園教育研究部研修会
イメージ

■ 年々おかしくなっている子どもの身体・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

力を入れても筋力強化できない理由 @ 中央保健センター栄養委員研修会
イメージ

■ 強い筋肉は力を入れればいい??・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

運動が害になる人の共通点 @ 中央保健センター栄養委員研修会
イメージ

■ 運動を過信しすぎる危険・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

スキップができるためには体幹づくりから @ 西粟倉村PTA連絡協議会研修会
イメージ

■ 運動を「しても」「しなくても」新たな課題・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ