コラム

 公開日: 2017-08-01 

抱っこひもは便利だけど、頼りすぎると・・ママの感覚編

■ 「抱っこひも」をどう考える?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

抱っこひもは現代の子育てでは、なくてはならないくらいの位置づけになっています。
生まれてからすぐに使うために妊娠中に購入する方、赤ちゃんの様子を見てから購入する方、
子育ての状況を見てからなど購入の時期は様々です。

そもそも抱っこひもとはどのようなものと考えられているのでしょうか。
読んで字のごとく、「抱っこ」する「ひも」と言われそうですね。
少し考えてみましょう。

「抱っこができるひも」
「両手で抱っこする代わりに抱っこするひも」
「抱っこが(手でするよりも)楽にできるひも」
「両手を使わなくても抱っこができるひも」
「手で抱っこするよりも安全」

人それぞれの考え方があると思いますが、ほんの少しの認識の違いが普段の使い方に影響し、
やがては自分自身や赤ちゃんにも影響を及ぼしていくことが考えられます。


■ 「抱っこひも」をどのように使う?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤ちゃんと出かける時は、着替えやおむつなど荷物が必要なものがかさばります。
ひとりで交通機関を使用する場合は、両手で抱っこしての移動はとても大変ですから、
両手が必要な時には使えるように、抱っこひもを利用するでしょう。
また、上にお兄ちゃんやお姉ちゃんがいる時は、手をつないで歩くでしょうから、
片手は空けておきたいですね。

しかし、歩く・座る以外のちょっとした動作で、抱っこひもを使っているときは
注意しなければならない動作がいくつかあります。
自分一人で普段行っている動作のまま、抱っこしていることを意識しないで行っている
場合はとても危険な状況が起こります。

例えば、すでに事故の例がありましたが、赤ちゃんを落としてしまう事。
実際の事故の際の状況は分かりませんが、抱っこひもをよく使うママに尋ねてみました。
「抱っこひもで赤ちゃんを抱っこしているときに、床に落としたものを拾うときはどうする?」
「こうやって拾う」と、その動作をしてくれました。


■ こんなときはどうする?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤ちゃんを抱っこしていない状況でしたが、立っている状態から身体を前にかがめ、
頭の位置を下げて、手を床に伸ばしました。
「その拾い方、実際に抱っこひもで赤ちゃんを抱っこしてたらどうなる?」
「・・・あっ!」

質問によって初めて気づいたようです。
ママが前かがみになれば赤ちゃんも頭が下に向いてきます。
抱っこひもは「ひも」という名がついていますが、袋のような形状なので、赤ちゃんの頭が
下に向けばスポッと落ちてしまいますね。

「抱っこひもは両手が空くから便利」という認識で、両手を抱っこ以外に使っていれば
赤ちゃんに添えるという動作は無意識には行わないかもしれません。
自分一人では問題のない動作でも、抱っこひもを使っているときは赤ちゃんも自分のからだの
一部だとして考える必要がありますね。

「便利」「楽だから」を優先しすぎると、「危ないかな・・」「気をつけよう」という意識が
次第に薄れ、そのうち慣れてしまう事で危険な状況を招くことを普段から考えておきましょう。


★ 赤ちゃんの抱き方・抱っこひもの使い方についての相談をお受けしています。
気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。
http://cosmos-c-c.jimdo.com/studio-grace-mam/

● Cosmos
「健やかなからだ」と「豊かなこころ」のトータルサポート

http://cosmos-c-c.jimdo.com/

● Studio Grace Mam
「赤ちゃんの発達を促すコンディショニング」&「産後ケア」
0歳児の育脳は「よい姿勢」と「しなやかな動き」の基礎をつくる

* 電話による「発達の相談」をお受けしています。

http://cosmos-c-c.jimdo

この記事を書いたプロ

Cosmos(コスモス) [ホームページ]

福本智恵子

岡山県岡山市北区御津 [地図]
TEL:090-5703-4877

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
子ども・大人の姿勢教室
イメージ

★ 子どもの脳力を育み、能力を高めるからだづくり★ からだの動きが脳をつくる、しなやかな動きがきれいな姿勢をつくる!★ 赤ちゃんの体幹コンディショニングが将来...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
体幹を調え美しい姿勢に導いてくれる福本さん

美しい姿勢が楽しい暮らしの原点です(1/3)

 まっすぐに立って、まず体を右にひねると、軽く腰が回りました。でも、逆に左に腰をひねると、背中につっぱり感が…。 「普通に生活していて、体のバランスが左右均等という人はほとんどいません。重心が偏ったり、ひざや腰などに負担が掛かったり…けが...

福本智恵子プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

発育発達過程に基づき、姿勢と動きの土台づくり理論を実践できる

会社名 : Cosmos(コスモス)
住所 : 岡山県岡山市北区御津 [地図]
TEL : 090-5703-4877

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-5703-4877

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福本智恵子(ふくもとちえこ)

Cosmos(コスモス)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

鳥取市小学校 教育研究会 健康教育部 研修会 「子どもの姿勢を考える」~体力・学力・脳の働き~

日常の生活習慣(幼児期から)によって、体力・健康・寿命な...

KM
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
防災のための「自分の命は自分で守る」からだづくり① @ 神戸市学童保育

■ 災害に備える・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・神戸...

[ 講演・研修会 ]

よく転ぶ1歳児、なぜ?振り返ってみよう、お座りよりも前を

■ 安定しないお座り、どんな座り方?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 赤ちゃん ]

よく転ぶ1歳児、なぜ?振り返ってみよう、お座りの頃を

■ 歩くまでの段階・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以...

[ 赤ちゃん ]

よく転ぶ1歳児、なぜ?これからどうなる?

■ 将来を考えること・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 赤ちゃん ]

よく転ぶ1歳児、なぜ?よく見ると分かること

■ 現状をよく見ていますか?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 赤ちゃん ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ