コラム

 公開日: 2017-07-25 

抱っこひもは便利だけど、頼りすぎると・・ママの姿勢編

■ 抱っこひもは必需品?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤ちゃんがいるママにはとても便利な抱っこひも。
妊娠中からあるいは産後に「便利な育児グッズ」や「子育ての必需品」として、ほとんどの方が
ひとつは持っているのではないでしょうか。

そもそも抱っこひもは子育てには必需品なのでしょうか。
「えっ?」と驚かれる方もあるかと思いますが、抱っこひもは昔からある物ではありません。
今のようなスタイルの抱っこひもは十数年前くらいから見かけるようになりました。

おばあちゃん世代には抱っこひもはありませんでした。
その代わりおんぶひもはほとんどの子育て中のママに活用されていました。
当時は、現在の抱っこひものように「便利な育児グッズ」や「子育ての必需品」だったのです。
いずれも両手を使うことができるというメリットがあります。

外出した際、ベビーカーを使わなくても抱っこひもを使えば、荷物を持つ、財布からお金を
出す、書類に字を書くなどの手を使うこともやりやすくなります。
交通機関を利用する際、ベビーカーだと混雑した中での周りへの影響を考えて抱っこひもを
利用するという選択をされているママもいるでしょう。


■ メリットばかりではない
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

便利だということで子育て用品のなかでも必需品になっている抱っこひもですが、
便利の裏にあるデメリットも考えておく必要があります。
両手が使えるというメリットがありますが、おんぶひもでも両手は使えます。

しかし、抱っこをすることでママのからだの前面に赤ちゃんがいる状態は、おんぶのように
背中にいる状態、あるいは抱っこをしていない状態に比べて自分の足元が見えにくくなります。
見えにくいだけではなく、歩きにくくもなっています。
つまづきやすい、転びやすいということです。

抱っこをしている時のママの姿勢にも大きな影響があります。
抱っこをしていないときに比べ、両手で抱っこをしている時は上半身を後ろに倒し、
腰から背中を反らした姿勢になっています。
数kgの荷物を両手で持つと考えれば、それは自然な姿勢の変化です。


■ ママの姿勢の変化
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、抱っこひもを使うことでその反り返りをさらに強めてしまいます。
両手で抱っこしている時よりも抱っこひもの赤ちゃんは低い位置で抱かれています。
荷物を胸の前で抱えるのと、お腹の前で抱えるのでは重心の高さが異なるため、上半身の
反り返り具合も変わってきます。
低いほうがより反り返りながら重さを支えようとします。

ママにとってはその姿勢は妊娠中からの姿勢を継続してしまうことになり、腰痛や背中のコリ・
痛みを発生あるいは強化させることになります。
産後の不定愁訴はなるべく改善したいものですが、抱っこひもによって強めてしまうならば
使い方を考える必要があるでしょう。

① 両手あるいは片手が空いているなら、赤ちゃんの骨盤を支えるように添える
② 赤ちゃんの位置をできるだけ高くする
③ 反り返る癖になっていることを認識し、まっすぐ立つ姿勢に近づける

まずは、鏡に映して確認してみましょう。


★ 赤ちゃんの抱き方・抱っこひもの使い方についての相談をお受けしています。
気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。
http://cosmos-c-c.jimdo.com/studio-grace-mam/

● Cosmos
「健やかなからだ」と「豊かなこころ」のトータルサポート

http://cosmos-c-c.jimdo.com/

● Studio Grace Mam
「赤ちゃんの発達を促すコンディショニング」&「産後ケア」
0歳児の育脳は「よい姿勢」と「しなやかな動き」の基礎をつくる

* 電話による「発達の相談」をお受けしています。

http://cosmos-c-c.jimdo

この記事を書いたプロ

Cosmos(コスモス) [ホームページ]

福本智恵子

岡山県岡山市北区御津 [地図]
TEL:090-5703-4877

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
子ども・大人の姿勢教室
イメージ

★ 子どもの脳力を育み、能力を高めるからだづくり★ からだの動きが脳をつくる、しなやかな動きがきれいな姿勢をつくる!★ 赤ちゃんの体幹コンディショニングが将来...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
体幹を調え美しい姿勢に導いてくれる福本さん

美しい姿勢が楽しい暮らしの原点です(1/3)

 まっすぐに立って、まず体を右にひねると、軽く腰が回りました。でも、逆に左に腰をひねると、背中につっぱり感が…。 「普通に生活していて、体のバランスが左右均等という人はほとんどいません。重心が偏ったり、ひざや腰などに負担が掛かったり…けが...

福本智恵子プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

発育発達過程に基づき、姿勢と動きの土台づくり理論を実践できる

会社名 : Cosmos(コスモス)
住所 : 岡山県岡山市北区御津 [地図]
TEL : 090-5703-4877

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-5703-4877

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福本智恵子(ふくもとちえこ)

Cosmos(コスモス)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

倉敷市立連島南中学校 学校保健委員会 講演 「正しい姿勢で集中力を高めよう!」

*生徒の感想です。 普段から親に姿勢が悪いのを指摘され...

IT
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
防災のための「自分の命は自分で守る」からだづくり② @ 神戸市学童保育

■ その場から逃げるためには・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

防災のための「自分の命は自分で守る」からだづくり① @ 神戸市学童保育

■ 災害に備える・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・神戸...

[ 講演・研修会 ]

よく転ぶ1歳児、なぜ?振り返ってみよう、お座りよりも前を

■ 安定しないお座り、どんな座り方?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 赤ちゃん ]

よく転ぶ1歳児、なぜ?振り返ってみよう、お座りの頃を

■ 歩くまでの段階・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以...

[ 赤ちゃん ]

よく転ぶ1歳児、なぜ?これからどうなる?

■ 将来を考えること・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 赤ちゃん ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ