コラム

2016-06-28

介護職員のための腰痛予防研修会 @ 岡山シルバーセンター

■ 腰痛に悩みながらの仕事
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

社会福祉法人 鷲山会
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
岡山シルバーセンター

「介護職員のための腰痛予防」研修会


岡山シルバーセンター


介護職員の離職理由に挙がっている腰痛。
介護施設や事業所が人手不足になるということ以上に、日本全体のこれからのことを
考えなくてはいけない問題でもあることを、どれだけの人が気づいているのでしょうか。

介護の仕事をされる方は、要介護の方の日常の生活全般を支援しています。
その中でも身体介助では、前屈みの姿勢が多く、また、その姿勢のまま維持する場面もあり
どうしても腰への負担が増えてきます。

日常的に行われる介助の動作ですから、「腰が痛いから今日はしない」ということは難しいです。
ではどうするかというと、痛みを我慢したり、あまり前屈みにならないようにします。
また、腰を保護するために他の部分に負担をかける代償動作を行いながら、なんとかごまかして
続けます。
それでもからだは騙せず、やがてはコルセットを巻いて仕事を行うようになり、
コルセットをしないと仕事どころか、生活事体にも支障が出るようになります。


■ 介護職員が要介護状態?!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この腰痛は介護職自身の将来を考えると、非常に心配な状況なのです。
職業病だから仕方がない、コルセットを巻けばなんとかなっているから、という考えでは
済まされないことがからだに起こっているのです。
それは、『介護職員自身が要介護状態になるリスク』を抱えていること。

運動器に何らかの障害が起きていて、要介護状態あるいは要介護のリスクが高まっている状態を
『ロコモティブ・シンドローム』といいます。
介護職員の腰痛はこの状態に近づいているといえます。

腰や背中を曲げたり、反らせすぎたりすることで、背骨や椎間板には常にかなりのストレスを
かけ続けています。
その状態を何年も続けていると・・・


■ 腰痛を防ぎ、改善し、仕事を長く続けるには
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

職業上の動作自体が前屈みの姿勢や、前屈みのまま入所者や利用者のからだを動かしたり、
支えたりするので、どうしても腰への負担は多くなります。
しかし、腰を守るためのからだの使い方を身につけている人と、その使い方を全く知らずに
腰に負担をかけ続ける使い方をしている人では、腰痛の程度はかなりの差が出てきます。

腰を痛めないためには、「腰に力を入れないこと」が重要。
腰を保護し、よい姿勢を保つための体幹の筋肉を活性化させ、正しいからだの使い方、
特に前屈みの姿勢でどう動くかを早急に身につけて実践しましょう。
介護職員自身の介護予防と離職予防のためにも。


腰痛改善の正しいからだの使い方と体幹コンディショニング
↓ ↓ ↓ ↓
●・・●・・● 姿勢を調え、運動効果を上げるからだづくり ●・・●・・●
《 フットセラピー&姿勢・肩腰膝の体調改善教室 》

姿勢、肩コリ、腰痛、膝の痛み、冷え、足のつり、むくみ、低体温、自律神経など、
からだとこころの調子を調えます。
今まで感じた痛みやコリ、重さ、だるさなどが感じなくなり、
不調が軽減され、心身ともに健康を取り戻すことができます。
姿勢・代謝改善のコンディショニングによって、からだが軽くなり、
バランスがよくなり、スムーズな動きができるようになります。

からだの不調はこころの不調にもつながります。
からだのアンバランスは動きのアンバランスにもつながります。
これらの不調やアンバランスを調えることは、長い人生の先の要介護のリスクを
減らし、健康寿命を伸ばします。
随時、見学できます。お気軽にどうぞ。

◆ お問い合わせは・・
山陽新聞カルチャープラザ 本部事務局
Tel   (086)803-8017
URL https://santa.sanyo.oni.co.jp/santa/pc/culture/showTop.do

● Cosmos
「健やかなからだ」と「豊かなこころ」のトータルサポート

http://cosmos-c-c.jimdo.com/

● Studio Grace Mam
「赤ちゃんの発達を促すコンディショニング」&「産後ケア」
0歳児の育脳で「美しい姿勢」と「しなやかな動き」の基礎をつくる

http://cosmos-c-c.jimdo.com/studio-grace-mam/

この記事を書いたプロ

Cosmos(コスモス) [ホームページ]

福本智恵子

岡山県岡山市北区御津 [地図]
TEL:090-5703-4877

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
子ども・大人の姿勢教室
イメージ

★ 子どもの脳力を育み、能力を高めるからだづくり★ からだの動きが脳をつくる、しなやかな動きがきれいな姿勢をつくる!★ 赤ちゃんの体幹コンディショニングが将来...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
体幹を調え美しい姿勢に導いてくれる福本さん

美しい姿勢が楽しい暮らしの原点です(1/3)

 まっすぐに立って、まず体を右にひねると、軽く腰が回りました。でも、逆に左に腰をひねると、背中につっぱり感が…。 「普通に生活していて、体のバランスが左右均等という人はほとんどいません。重心が偏ったり、ひざや腰などに負担が掛かったり…けが...

福本智恵子プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

発育発達過程に基づき、姿勢と動きの土台づくり理論を実践できる

会社名 : Cosmos(コスモス)
住所 : 岡山県岡山市北区御津 [地図]
TEL : 090-5703-4877

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-5703-4877

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福本智恵子(ふくもとちえこ)

Cosmos(コスモス)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

倉敷市立連島南中学校 学校保健委員会 講演 「正しい姿勢で集中力を高めよう!」

*生徒の感想です。 普段から親に姿勢が悪いのを指摘され...

IT
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
手先が不器用な子どもと姿勢 @ 備前市幼稚園・こども園教育研究部研修会
イメージ

■ なにをしてもぎこちなさが目立つ子どもの増加・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

転びやすい子どもの靴の履き方 @ 備前市幼稚園・こども園教育研究部研修会
イメージ

■ 年々おかしくなっている子どもの身体・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

力を入れても筋力強化できない理由 @ 中央保健センター栄養委員研修会
イメージ

■ 強い筋肉は力を入れればいい??・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

運動が害になる人の共通点 @ 中央保健センター栄養委員研修会
イメージ

■ 運動を過信しすぎる危険・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

スキップができるためには体幹づくりから @ 西粟倉村PTA連絡協議会研修会
イメージ

■ 運動を「しても」「しなくても」新たな課題・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ