コラム

2016-03-15

子どもの足が危ない!変形や機能不全が起こっている @ 備前市立香登小学校

■ 足はからだ全体を支えている
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

備前市立香登小学校
1・2・3年 合同体育授業
4・5・6年 合同体育授業

「体幹を鍛えるあそびと足育」

備前市立香登小学校20163


成長過程にある子どもの足がすでに機能しなくなっていることを知っていますか。
私達が朝起きてから寝るまでの日常動作において、地面や床と接しているのは足の裏。
四つ這いで移動していれば手のひらと膝が床と接しますが、ほとんどの人は歩いて移動します。

子どもは歩くだけではなく、走ったり、跳ねたり活発に動きます。
その1歩1歩の着地の際に体重が足の裏にかかるのですから、前後左右の偏りがなく、
足の裏全体に荷重できることが望ましいのです。

生活の中では家の中の床や畳のように平らな所ばかりはなく、多少斜めになっていたり、
デコボコがあったりします。
からだを鉛直に保つためには、下肢については股関節や足関節が状況に応じた動きを
する必要があります。


■ 子どもにも外反母趾
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もし、踵側への荷重が多く、足の指が床に着かない立ち方・歩き方をしていたら、
速く走ることができるでしょうか。

歩くとか走る動作は、からだを前に進めて行くために、前方へ重心移動をします。
しかし、踵側ということは後ろに体重が乗ったままなので、その状態で前に進むというのは
ブレーキをかけながらアクセルを踏んでいるような、非常に効率の悪い使い方をしているのです。

足の指を使わないということは、踏ん張る力もなく、足の裏の筋肉を使わないため、
からだ全体を支えるための足のアーチ構造が破綻してしまいます。

大人の女性がハイヒールを履くことで外反母趾になったといわれますが、子どもにも
外反母趾は起こっています。
おしゃれに目覚めた女の子がハイヒールのようなサンダルやブーツなどを履いているのを
見かけることも増えました。

ハイヒールを履かなくても、靴や靴下で守られ、裸足で過ごすことが減り、足の裏からの
刺激を感じることが少ないことも、足裏の弱さや感覚の鈍さにつながります。


■ 座り方も足の変形に影響する
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

普段の姿勢、とくに長時間同じ姿勢で過ごす際、猫背で座っている、女の子座り(割り座)で
座っているなど、股関節の可動域が小さくなるようなからだの使い方は、
足関節の可動域にも大きく影響します。

その結果、足の裏には偏った荷重しかできなくなり、からだ全体の動きがぎこちなくなったり、
バランスが悪く転びやすい、ケガが多いということになるのです。

足の裏の内側に荷重することが多くなれば、内側のアーチがなくなり、いわゆる扁平足になります。
膝の関節も本来の動きから逸脱した状態で使われるようになり、変形や靭帯への影響も出てきます。

子どものからだは骨格も筋肉も成長の途中です。
使い方が骨の変形をもたらすのですから、正しく使うこと、正しい荷重ができるように
体幹のコンディショニング&トレーニングとともに「足育(フットセラピー)」も重要です。


////////////////////////////////////////

子どもの姿勢改善の実践法と足育を学ぶ講座です。

『家庭でできる!姿勢教育
~親が学んで、子に教える~』

詳細はHPにてご案内しています。
http://cosmos-c-c.jimdo.com/子育てセミナー

/////////////////////////////////////////

・・姿勢がよくなる!!
幼児・小学生の体幹コンディショニング教室・・

山陽新聞カルチャープラザ 本部教室
●《幼児・小学生の姿勢と体づくりのバランスボール講座》

子どもが大好きな「あ・そ・び」を通してよい姿勢になるからだづくり。
バランスボールを使って、からだとこころの
コントロール能力を高めます。
まずは、よい姿勢づくりから。
よい姿勢は全ての動きの基本です。

・・体を動かすことが苦手なお子さん・・
★ 遊び&運動習慣
★ 体力アップ・体力づくり

・・スポーツを習っているお子さん・・
★ スポーツ障害の予防
★ 運動能力向上・パフォーマンスの向上
★ 偏った使い方の改善
★ 体幹コンディショニング&トレーニング

「やりたい気持ち」と「できるからだ」が合致することで、
より難易度の高いことにもチャレンジできる意欲や自信がでてきます。
「できた!」の積み重ねはこころを育み、からだとこころの粘り強さや
困難なことでも前向きに乗り越えられるたくましさを身につけるでしょう。
集中力や判断力も自然に身につき、より高い能力を発揮することが
できるようになります。

◆ お問い合わせは・・
山陽新聞カルチャープラザ 本部事務局
Tel   (086)803-8017
《幼児クラス》
https://santa.sanyo.oni.co.jp/santa/pc/culture/showDetail.do?lectureId=44855
《小中学生クラス》
https://santa.sanyo.oni.co.jp/santa/pc/culture/showDetail.do?lectureId=44856

● Cosmos
「健やかなからだ」と「豊かなこころ」のトータルサポート

http://cosmos-c-c.jimdo.com/

● Studio Grace Mam
「赤ちゃんの発達を促すコンディショニング」&「産後ケア」
0歳児の育脳で「美しい姿勢」と「しなやかな動き」の基礎をつくる

http://cosmos-c-c.jimdo.com/studio-grace-mam/

この記事を書いたプロ

Cosmos(コスモス) [ホームページ]

福本智恵子

岡山県岡山市北区御津 [地図]
TEL:090-5703-4877

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
子ども・大人の姿勢教室
イメージ

★ 子どもの脳力を育み、能力を高めるからだづくり★ からだの動きが脳をつくる、しなやかな動きがきれいな姿勢をつくる!★ 赤ちゃんの体幹コンディショニングが将来...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
体幹を調え美しい姿勢に導いてくれる福本さん

美しい姿勢が楽しい暮らしの原点です(1/3)

 まっすぐに立って、まず体を右にひねると、軽く腰が回りました。でも、逆に左に腰をひねると、背中につっぱり感が…。 「普通に生活していて、体のバランスが左右均等という人はほとんどいません。重心が偏ったり、ひざや腰などに負担が掛かったり…けが...

福本智恵子プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

発育発達過程に基づき、姿勢と動きの土台づくり理論を実践できる

会社名 : Cosmos(コスモス)
住所 : 岡山県岡山市北区御津 [地図]
TEL : 090-5703-4877

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-5703-4877

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福本智恵子(ふくもとちえこ)

Cosmos(コスモス)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

鳥取市小学校 教育研究会 健康教育部 研修会 「子どもの姿勢を考える」~体力・学力・脳の働き~

日常の生活習慣(幼児期から)によって、体力・健康・寿命な...

KM
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
手先が不器用な子どもと姿勢 @ 備前市幼稚園・こども園教育研究部研修会
イメージ

■ なにをしてもぎこちなさが目立つ子どもの増加・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

転びやすい子どもの靴の履き方 @ 備前市幼稚園・こども園教育研究部研修会
イメージ

■ 年々おかしくなっている子どもの身体・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

力を入れても筋力強化できない理由 @ 中央保健センター栄養委員研修会
イメージ

■ 強い筋肉は力を入れればいい??・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

運動が害になる人の共通点 @ 中央保健センター栄養委員研修会
イメージ

■ 運動を過信しすぎる危険・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

スキップができるためには体幹づくりから @ 西粟倉村PTA連絡協議会研修会
イメージ

■ 運動を「しても」「しなくても」新たな課題・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ