コラム

2016-01-19

赤ちゃんの抱っこでママが腰痛になる理由

■ お腹を突き出す姿勢がもたらす腰への負担
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤ちゃんが1日の中で一番抱っこしてもらう頻度が高いのは、ほとんどの場合お母さん。
赤ちゃんによって個人差はありますが、授乳も含めると1日の内抱っこしている時間は
トータルで数時間に及ぶでしょう。

座って抱っこだけならまだしも、それでは赤ちゃんのグズグズがおさまらない。
となると、立つことになり、立っただけでは収まらず、揺らしながら部屋の中をウロウロ。
赤ちゃんはユラユラしてもらうのが心地よいのです。

立って抱っこしていると、腕や肩が疲れてきて、重さをカバーするために
次第に姿勢を変えていきます。
落とさないようにからだに乗せようと、お腹を突き出していくのです。

その姿勢を横から見るとよく分かるのですが、お腹を前に突き出すと、後ろ側の腰は
かなり反ってきます。
背骨はS字カーブといわれるように、首や胸、腰の部分で弯曲があるのが正しい姿勢です。
背骨の腰の部分(腰椎)は正しい並びであれば反った形になっています。

それをさらに反らせるのですから、腰椎への負担はかなり増してしまいます。
この腰を反らせる姿勢は、産後の抱っこから始まったものではありません。
妊娠中もほとんどの妊婦さんが同様の姿勢に変化しています。


■ 妊娠中~産後にかけての姿勢の変化
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お腹が徐々に大きくなり、前にせり出していくのですから、からだの前で重たい物を
持っている時と同じような状態を数か月継続しています。
物は下ろせばいいのですが、お腹の赤ちゃんはそうはいきません。
お腹が大きくなるにつれ、腰の反りも次第に強くなっていきます。

このように女性は妊娠中から体型の変化に伴い、必然的に腰を反らせやすくなり、
産後は赤ちゃんの抱っこで妊娠中と同じような姿勢を取らざるを得なくなっています。

生まれた時は3,000gくらいだった赤ちゃんも、月齢が進むとともに体重も増え、
やがて歩き始めても抱っこを必要とします。
10数kgあるいは20kgを超えても抱っこしてほしいときはあるようです。

体重が重たくなるほど、また、からだが大きくなるほど、抱っこする側の
支える力がなければ、腰への負担も増加していきます。


■ 抱っこする前から気をつけたいこと
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

抱っこしている時は多少気をつけていても、抱き上げる瞬間は意識することはないようです。
腕だけで抱き上げる、あるいは、腰に力を入れてからだを反らせるようにして抱き上げるような
からだの使い方を日常的に行っていれば、腰の痛みにつながる可能性は大きいでしょう。

妊娠中~産後にかけての腰痛は、適切なからだの使い方や対処法によって負担を軽減できます。
まずは、赤ちゃんを抱きあげる瞬間から抱っこしている最中の姿勢に目を向けてみましょう。


産後の腰痛を改善するための正しい体の使い方や抱き方など、
日常の動作を見直すことで体力づくりができる講座

↓ ↓ ↓ ↓

●○● Studio Grace Mam ●○●
ママ&ベビー専門スタジオ

~赤ちゃんの運動の偏りを改善し、脳の発達を促すケア&コンディショニング
親子の姿勢アクティブ・コンディショニング~

《赤ちゃんの発達を促し、脳とカラダとココロを育む講座》

赤ちゃんの発達段階に応じて、運動発達を促し、しなやかな動きを身につけます。
よい姿勢は生まれた時からのからだの使い方で作られていきます。
お母さんとのふれあいや遊びを通して、アタッチメントを形成し、
からだもこころも健やかで豊かに育んでいきます。
お母さんの産後の姿勢づくりにより、体型をもどし、腰痛・肩こりなどを解消。
子育てに必要な体力をつけ、赤ちゃんとの時間を楽しみましょう。
* 赤ちゃんひとりずつの段階に応じたオーダーメイドの内容です。

★ 赤ちゃんの発達のケア&コンディショニング講座 Ⅰ
(ねんね~寝返りクラス)
★ 赤ちゃんの発達のケア&コンディショニング講座 Ⅱ
(寝返り~はいはいクラス)

◆ Studio Grace Mamの詳細は・・
http://cosmos-c-c.jimdo.com/studio-grace-mam/

● Cosmos
「健やかなからだ」と「豊かなこころ」のトータルサポート

http://cosmos-c-c.jimdo.com/

● Studio Grace Mam
「赤ちゃんの発達を促すコンディショニング」&「産後ケア」
0歳児の育脳で「美しい姿勢」と「しなやかな動き」の基礎をつくる

http://cosmos-c-c.jimdo.com/studio-grace-mam/

この記事を書いたプロ

Cosmos(コスモス) [ホームページ]

福本智恵子

岡山県岡山市北区御津 [地図]
TEL:090-5703-4877

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
子ども・大人の姿勢教室
イメージ

★ 子どもの脳力を育み、能力を高めるからだづくり★ からだの動きが脳をつくる、しなやかな動きがきれいな姿勢をつくる!★ 赤ちゃんの体幹コンディショニングが将来...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
体幹を調え美しい姿勢に導いてくれる福本さん

美しい姿勢が楽しい暮らしの原点です(1/3)

 まっすぐに立って、まず体を右にひねると、軽く腰が回りました。でも、逆に左に腰をひねると、背中につっぱり感が…。 「普通に生活していて、体のバランスが左右均等という人はほとんどいません。重心が偏ったり、ひざや腰などに負担が掛かったり…けが...

福本智恵子プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

発育発達過程に基づき、姿勢と動きの土台づくり理論を実践できる

会社名 : Cosmos(コスモス)
住所 : 岡山県岡山市北区御津 [地図]
TEL : 090-5703-4877

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-5703-4877

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福本智恵子(ふくもとちえこ)

Cosmos(コスモス)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

鳥取市小学校 教育研究会 健康教育部 研修会 「子どもの姿勢を考える」~体力・学力・脳の働き~

日常の生活習慣(幼児期から)によって、体力・健康・寿命な...

KM
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
転びやすい子どもの靴の履き方 @ 備前市幼稚園・こども園教育研究部研修会
イメージ

■ 年々おかしくなっている子どもの身体・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

力を入れても筋力強化できない理由 @ 中央保健センター栄養委員研修会
イメージ

■ 強い筋肉は力を入れればいい??・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

運動が害になる人の共通点 @ 中央保健センター栄養委員研修会
イメージ

■ 運動を過信しすぎる危険・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

スキップができるためには体幹づくりから @ 西粟倉村PTA連絡協議会研修会
イメージ

■ 運動を「しても」「しなくても」新たな課題・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

子どもの姿勢は将来の健康寿命を表す @ 西粟倉村PTA連絡協議会研修会
イメージ

■ 田舎だからこそ歩かなくなった子ども・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

[ 講演・研修会 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ