プロTOP:武冨美恵子プロのご紹介

姿勢&笑顔で活き活きとした自分磨きをサポート(2/3)

「キラキラオーラの出る写真の撮られ方」セミナー

「接遇」経験がマナー講師のきっかけに

 武冨さんは兵庫県出身。20年前にご主人の転職を機に岡山に移り住み、4年前までずっと金融機関に勤めていました。窓口経験が長かったこともあり、当時から「接遇」にはとても気を配っていたといいます。「筆記用具一つ、お客様に渡すときには丁寧にと心がけていました。きちんと接遇ができていれば、お客様の気持ちも“晴れ”にできます」。接客業を通して、いつも口角を上げた笑顔でいること、背筋を伸ばし美しい姿勢でいることの大切さを知り、多くの人に広めていきたいとの思いが起業へのきっかけとなっているようです。
 「もともと学ぶことやチャレンジ精神旺盛な性格」という武冨さんは50歳を過ぎてからマナーに関わる検定などに挑戦し資格を取得。ウオーキングや姿勢のレッスンに通ううち、『第6回ミセス日本グランプリ』にエントリー、結果、ファイナリストまで残りました。
 「ミセスを対象とした全日本のイベントで、単に美しいだけでなく『社会と向きあい環境やエコに関心を持ち健康的で知性と美しさを兼ねそなえたミセス』ということで選出されたわけですから、とても光栄に思っています」と武冨さん。そういったことも自信に繋がり2014年1月に「マナー講師」として「ライフサポーターDre-am」を起ち上げ、これまでに講演会等を含めて、述べ500人もの人たちに、マナーや笑顔、姿勢の大切さを伝えてきました。
 今年の2月には起業1周年記念として、「キラキラオーラの出る写真の撮られ方」セミナーも、ゲストに現役モデルで作家でもある豊川月乃氏を迎えて開催しました。
 また社会貢献やボランティアといったことにも関心が高く、小児がんの治療過程や無毛症の子どもに髪を寄付する「ヘアドネーション」も最近行いました。命に関わるマナー「点字ブロックの上に物を置かないで」のマモちゃん基金の活動も行っています。

<次ページへ続く>

【次ページ】 目標は企業セミナーや講演会への取り組み

最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
おすすめ講座のご案内
イメージ

以前に実施致しました講座の中から、特に皆様に喜ばれました講座を順次ご案内させて頂きます。こちらの講座は小人数から百人を超えますセミナー等でも対応が可能です...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

武冨美恵子プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

姿勢&笑顔で活き活きとした自分磨きをサポート

会社名 : ライフサポーターDre-am
住所 : 岡山県岡山市北区 [地図]
TEL : 090-9465-2773

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-9465-2773

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

武冨美恵子(たけとみみえこ)

ライフサポーターDre-am

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

早速、行動してくださいました。嬉しい事でございます。

「お箸の使い方と和食のマナーとお箸の使い方」のレッスンに...

N.S
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
マナー  リビングガイド「知っておきたい冠婚葬祭」節分
イメージ

【マナー 「知っておきたい冠婚葬祭」山陽新聞リビングガイド2月号監修・・・美活・美育・【美ECO】ライフ№134...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

阪神・淡路大震災から22年
イメージ

【マナー 阪神・淡路大震災から22年・・・美活・美育・【美ECO】ライフ№133】 1995年(平成7年)1月17日5時...

[ マナー講師の想い ]

マナー 夢と目標
イメージ

【マナー 夢と目標・・・美活・美育・【美ECO】ライフ№132】 皆様は年の始めに夢や目標を立てられましたで...

[ マナー講師の想い ]

マナー 日本の暮らしを楽しむ!雑節って何?
イメージ

【マナー 日本の暮らしを楽しむ!雑節ってな~に?・・・美活・美育・【美ECO】ライフ№131】 雑節とは・・...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナー 日本の暮らしを楽しむ!二十四節気とは?
イメージ

【マナー 日本の暮らしを楽しむ!二十四節気ってな~に?・・・美活・美育・【美ECO】ライフ№129】  1月...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ