コラム

 公開日: 2015-02-10 

残業代について(1)

これから何回かに分けて「残業代」について説明をします。
残業代を考える前に労働時間について理解する必要があります。
労働時間には,「法定労働時間」と「所定労働時間」があります。
 「法定労働時間」というのは,労働基準法で定められた労働時間の上限のことで,1日8時間,1週40時間と定められています。
「所定労働時間」というのは就業規則等で会社が取り決めた労働時間のことです。
就業規則で午前9時から午後5時まで(午後12時から午後1時までが休憩時間)と定められている場合 
 「所定労働時間」は7時間となります。午後5時から6時まで働くと「所定労働時間」は越えますが,「法定労働時間内」ですので,当然には残業代は発生しません。
午後6時以降労働させますと,「法定労働時間外」の労働となりますので,残業代の対象となります。
その場合は,通常の賃金に25%以上の残業代を支払うことになります。
実はこの残業代が経営者としてはばかにはできないのです。
週休2日で月に23日出勤する社員がいるとします。
基本給が23万円で9時から6時まで就業(労働時間8時間)とします。
1日1万円ですからこれを1時間に直すと1250円(時給)となります。
40時間残業しているので、40×1250×1.25=6万2500円残業代が発生します。
2年間残業代請求されるとすると6万25000円×24=150万円にもなります。
このような社員が10人いて一斉に残業代を請求されると1500万円も支払わなければなりません。
中小企業では払えないところが大半です。
そうならないために、しっかり労働時間を管理する等の工夫が必要となります。

この記事を書いたプロ

中村法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中村有作

岡山県岡山市北区富田町2-8-12 [地図]
TEL:086-223-1751

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中村さん近景

社会正義を貫き、温かく暮らしやすい世の中をめざす(1/3)

 岡山県岡山市北区富田町で父親の跡を継ぎ、依頼者のさまざまな相談を受けている中村有作さん。飾らない人柄と依頼者の幸せを願う真摯(しんし)な姿勢で大きな信頼を得ています。法律に携わる仕事を目指すようになったのは社会正義を実現するという大きな夢...

中村有作プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

交通事故のことならご相談下さい。示談は完全成功報酬制度です

事務所名 : 中村法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区富田町2-8-12 [地図]
TEL : 086-223-1751

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-223-1751

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中村有作(なかむらゆうさく)

中村法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
労働事件が再び注目を浴びている

某大手広告代理店女子社員の過労死が発覚し、労働局が立ち入り検査をしたと大きく報道されている。近時、労働環...

[ 労働事件 ]

残業代(5)社長ノーガードでは勝てません。

残業代を甘く見ている中小企業の経営者は山ほどいます。よく、「先生。残業代で訴えられました。」と慌てて、事...

[ 労働事件 ]

セクハラ(3)~驚きの裁判例(高額賠償)

セクハラで実際訴訟が起こされた。さあ裁判所はどのような判決を下しているでしょうか。A市役所での出来事 ...

[ 労働事件 ]

残業代(2) 時効は2年

さて、前回のお話で残業代というのは中小企業にとって相当な負担となるというお話をしました。残業代、給料の時...

[ 労働事件 ]

契約書について(1)

契約とはなんでしょうか。契約とは2人以上の者の意思表示が合致することによって成立する法律行為のことです。...

[ 契約書 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ