コラム一覧

1件~15件(64件)

過去の15件

面会交流拒否に100万円支払い命じる

別居している長女との月1回の面会交流が裁判で認められたにもかかわらず、面会させなかったとして東京家裁は面会交流を拒否する父親(夫)に対して、100万円の支払いを命じた(間接強制)。異例の高額である。面会交流というのは、父親あるいは母親が子に面会を求める事を指す。通常離婚後は、... 続きを読む

家事

2017-02-12

交通事故~簡単なようで難しい(2) 新車の物損

今日は交通事故の物損についてお話をします。あなたの車が信号待ちで停車中に追突事故に遭ったとしましょう。その車が新車で購入して2週間しか経過していなかった。新車に買い直して欲しい・・というが本音ですよね。しかし、裁判所は物損については比較的厳しい対応をします。基本は修... 続きを読む

交通事故

2017-02-06

大手旅行会社 違法残業で是正勧告

大手旅行会社に対して東京労働局が違法残業の疑いで強制捜査に入った。過去、5回の是正勧告がなされていたことが判明した。事態を重くみたのか東京労働局加重労働撲滅特別対策班が強制捜査を行ったとのことである。これまでは是正勧告はあくまで「勧告」なので・・と甘くみていた企業も多い... 続きを読む

労働事件

2017-02-02

交通事故~簡単なようで難しい(1)

自動車を運転して、追突されました。あなたはどうしますか?病院に行って治療を受けたり、修理工場に車を修理してもらいますよね。相手方から聞いた保険会社に連絡し、自分の保険会社にも連絡しますよね。ただ、自分の保険会社は、今回の追突事案では動きません。あなたが100%被害者なので... 続きを読む

交通事故

2017-02-01

大手コンビニ~病欠で休んだ女子高校生アルバイトから罰金

労働事件の報道が毎日止まらない。大手コンビニ店で働いていた女子高校生が2日間(10時間)病欠欠勤したことに対して、同店のオーナーが10時間分の9350円を給料から控除した。労働基準法91条には、「減給は1回の額が 1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が賃金総額の10分... 続きを読む

労働事件

2017-02-01

フランチャイズ店長過労死に4600万円賠償命令

三重県内の大手ドーナッツ店のフランチャイズ店長男性(当時50)が過労により不整脈で死亡したとして遺族が、店舗を経営する社社長らに損害賠償を求めた訴訟の判決が30日、津地裁で下された。裁判長は「長時間労働と死亡との間に因果関係がある。」と認定し、会社側の安全配慮義務違反を認め、... 続きを読む

労働事件

2017-01-31

企業にとって大変な時代がやってきました

労働事件の流れが急速に変わってきています。2016年9月に総理を議長とする「働き方改革実現会議」が新設されたことと、大手広告代理店の女性社員が自殺した事件を契機として労働事件の流れが変わってきました。厚生労働省も長時間労働、過労死等に対して非常に厳しい対応をとるようにな... 続きを読む

労働事件

2017-01-30

企業採用時の問題点

労働を取り巻く環境が一変しています。企業が採用時に戸籍謄本を調査したことが問題となりました。「戸籍謄本」の提出を求めている企業は2割にものぼると言われています。「戸籍謄本」の提出は出生地や家族構成が判明し、差別につながると禁止されています。また採用面接で「残業可能か」... 続きを読む

労働事件

2017-01-21

流れ変わった労働事件

2016年9月に総理を議長とした「働き方改革実現会議」が新設された。更に昨年末、大手広告代理店の女性社員が過労で自殺したとして労働局の強制捜査が開始された。今年に入って大手電機会社が社員に労働時間を短く申告するよう強制したとして書類送検された。ここにきて労働案件について... 続きを読む

労働事件

2017-01-12

労働事件が再び注目を浴びている

某大手広告代理店女子社員の過労死が発覚し、労働局が立ち入り検査をしたと大きく報道されている。近時、労働環境の悪化に伴う過労死(自殺も含む)が増加傾向にあり、これに対する世間の目も厳しくなっている。某居酒屋チェーンは過労死をきっかけtとしていわゆるブラック企業のレッテルをは... 続きを読む

労働事件

2016-10-31

不起訴処分という制度

ある有名芸能人の強姦致傷事件が不起訴になったことで物議をかもしている。不起訴になった後に、弁護士の異例のコメントも注目を浴びている。不起訴処分には嫌疑不十分と起訴猶予処分の2つが含まれる。嫌疑不十分は、検察官が公判請求を維持するに足りる証拠がないと判断して、公判請求を差... 続きを読む

その他

2016-09-16

人身事故に遭った場合に健康保険を使うべきか?

交通事故で怪我をされた場合、よく相手方保険会社から、「健康保険を使ってください。」とお願いされることがあります。しかし、健康保険は、あなたがお怪我や病気になった時に、受診料が高額にならないよう(3割負担等)にするためのものです。交通事故は第三者の行為によって怪我をしたわ... 続きを読む

交通事故

2016-08-31

交通事故で怪我をされた方へ~病院で受診を

交通事故に遭遇し、怪我をしたが、仕事が忙しい等でなかなか病院に行けなかったという方が数多くおられます。自賠責では事故から2週間経過した後に受診しても、事故との因果関係を否定されます。人身事故に遭遇されたかたは、できれば事故当時、あるいは翌々日には病院で受診されることを... 続きを読む

交通事故

2016-07-25

交通事故~過失割合

交通事故の過失割合は、事故態様によって決まります。追突事案とかセンターラインオーバーなどの事案は基本的には、100対0です。よく問題となるのが、相手方保険会社の担当者と⑥対4でいいという話で進んでいたものが突如⑧対2でとの申出が出た場合です。当然話がちがうじゃないか・・... 続きを読む

交通事故

2016-05-30

交通事故のいろは(人身事故)

交通事故で人身損害にあったら、まずどうしたらいいでしょう。警察に連絡し、事故処理をすませたら、病院に行き、受診しましょう。その際、自分が痛いと思ったところは全て医師に申告して下さい。右肩が痛いのに、頸椎捻挫とだけ記載されたらどうしますか。自賠責においては、診断書の記載... 続きを読む

交通事故

2016-05-26

1件~15件(64件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
中村さん近景

社会正義を貫き、温かく暮らしやすい世の中をめざす(1/3)

 岡山県岡山市北区富田町で父親の跡を継ぎ、依頼者のさまざまな相談を受けている中村有作さん。飾らない人柄と依頼者の幸せを願う真摯(しんし)な姿勢で大きな信頼を得ています。法律に携わる仕事を目指すようになったのは社会正義を実現するという大きな夢...

中村有作プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

交通事故のことならご相談下さい。示談は完全成功報酬制度です

事務所名 : 中村法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区富田町2-8-12 [地図]
TEL : 086-223-1751

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-223-1751

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中村有作(なかむらゆうさく)

中村法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
面会交流拒否に100万円支払い命じる

別居している長女との月1回の面会交流が裁判で認められたにもかかわらず、面会させなかったとして東京家裁は面会...

[ 家事 ]

大手旅行会社 違法残業で是正勧告

大手旅行会社に対して東京労働局が違法残業の疑いで強制捜査に入った。過去、5回の是正勧告がなされていたこと...

[ 労働事件 ]

交通事故~簡単なようで難しい(1)

自動車を運転して、追突されました。あなたはどうしますか?病院に行って治療を受けたり、修理工場に車を修理し...

[ 交通事故 ]

大手コンビニ~病欠で休んだ女子高校生アルバイトから罰金

労働事件の報道が毎日止まらない。大手コンビニ店で働いていた女子高校生が2日間(10時間)病欠欠勤したこと...

[ 労働事件 ]

フランチャイズ店長過労死に4600万円賠償命令

三重県内の大手ドーナッツ店のフランチャイズ店長男性(当時50)が過労により不整脈で死亡したとして遺族が、店...

[ 労働事件 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ