コラム

2014-08-11

発覚した際に困った2つのこと:1/3

様々な心癖にはまっていたのに
いつのまにか気にならなくなり
ワクワクな毎日を送っている♪
へサポートする高田です。

久々に介護についてUPしたいと思います。
なるべく、現状の問題点に焦点を当てるのではなく、
自分の覚書としても含め、
趣旨としてお役立になれるよう努力したいと思っています。

はじめて母がそうではないかと思ったときに、
皆さん、家族に認知症を発症した時に、どうされたのか
どう受け止めていったのかが知りたく調べていました。

通常よく文章として見つけるのが、
認知症のご家族がいらっしゃる場合、
重度の患者さんを看ておられるご家族のお話が多く、
このことが辛い、こんな問題が起こった、
ということを目にします。

私がまだそこの段階まで行っていないので、
将来の勉強にはなりますが、
反面、まだ実体験として得ていないので、
ピンと来ない部分もあります。

それよりも、
初期の家族全体が受け入れがたい状態の時に
どう受け止め、どう対処していかれたのかが
知りたかったのです。

認知症に限らずですが、家族は患者に対し

発覚 → 要支援 → 介護 → 看取り

※看取りに関しては、人生どうなるか分からないので
どちらが先かわかりませんが順番からするとこんな感じかな…
という段階を経験していくと想像しますが、
私の段階で言えば、要支援に当たると思います。

なので、今現在お伝えできるのは、
発覚→要支援です。

私が当初知りたかったことを少しでもお役に立てる形で
お伝えできるといいと思います。



さて、発覚というのが第一歩ですが、
ここが大きな重い扉を一つ開ける第一段階となるでしょう。
私がその第一段階で一番困ったのは、以下の二つでした。

・自分の中で受け入れられない辛さをどうするか
・本人に如何にして認知症の通院と治療を受けてもらえるか


まず、
自分の中で受け入れられない辛さについてです。

これは、発覚から5年が経ちますが、
ここ一年くらいで本当に
受け入れられるようになりました。
あくまでも、「母は認知症なんだな」
という初期の受け入れです。

前後しますが、病院へ同行し、
診断を受けることでそうだと
改めて外側から宣告を受けるわけですが、
その時のショックと言ったら
経験して者にしかわからないものだと思っています。
どんなに想像を膨らませても、
その人と同じように感じることはできません。
どの経験もそうですが、どうにもならないことなのです。

そこで、心の中は受容と拒否との行き来が始まります。
「いや、そうは言っても、年齢的にこんなものでは?」
「あ…でも、以前とは明らかに違う」
ここを行ったり来たりするものです。


否定もしましたし、見ない振りもしました。
でも結局のところ、そこではらちが明かないのです。
最終的にこれしかないな、と思うのは、

「どっぷり落ち込む」

どうにもならないことをどうすることも行かない
この状態を悲劇のヒロインのように落ち込むのが一番。
ただ、ある程度、気付いた途中からでもいいので

自分の中で期限をつけるか、
どうなるまではOKという基準を
持っておくのがよいかと思います。
それは自分だけにしかわからない範囲です。

その後私の場合いつの間にか行き着いたところは
「腹をくくる」と「結局は良いも悪いもない」と「順応」でした。

続く

*******
☆FROTTフラワーレメディアドバイザー養成講座
フラワーレメディを気軽に学ぶことができ、更なる研鑽により講師になることも可能です♪
詳しくはこちら→ http://frottcourse.wix.com/flower-remedy

☆コンサルテーションを受けてみたい方
フラワーレメディでパニック障害を克服した経験をもとに、
心癖の深みにはまっているあなたの悩みが、気が付けば元気になって
夢に向かってスタートできるお手伝いをします。
貴方の心に寄り添いながら、まずはしっかりお話をお伺いします。、
初回は6000円(90分)
2回目以降 4000円(60分) 
詳しくは→http://bachflower.biz/consultation.html
ご本人に必要と思われるレメディをブレンディングしたボトルがついてきます。
2006年からの実績、心が楽になったと実感していただけています。

☆メンタルヘルスの一環として企業様にご提案
心の健康を保つことにより、経営の安定&効率アップ。
楽しく身につけていただけます。
ただ今モニター価格です。(従業員お一人につき、通常3000円~6000円を1500円~3000円)
詳しくは→http://mbp-okayama.com/bachflower/column/6759/

【津高台セラピールーム】
岡山市北区津高台2-2031-10
高田みすみ
電話:086-244-6622
メール: info@bachflower.biz
HP:http://bachflower.biz/   

この記事を書いたプロ

津高台ホリスティックケアルーム [ホームページ]

フラワーレメディコンサルタント 高田みすみ

岡山県岡山市北区津高台2-2031-10 [地図]
TEL:086-244-6622

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
選び方・飲み方
イメージ

38種類のバッチフラワーの種類のネガティブな状態を見て、今の自分の心や感情の状態に一番ぴったり来るものや、良く感じる状態のレメディを多くても6~7種類までに抑え...

サービス・商品
イメージ

【高田のフラワーレメディコンサルについて】 しっかりお話を聞いて悩んでいたり困っているお客様へのオーダーメイドをいたします。【方法】 初回の...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
バッチフラワーで心を癒やす高田みすみさん

バッチフラワーで心と体に癒やしを(1/3)

 さまざまなストレスにさらされている現代人に癒やしのひとときを―。それが岡山市北区津高台の津高台ホリスティックケアルーム(旧・津高台セラピールーム)の代表を務める高田みすみさんの願いです。 高田さんが薦めるのは「バッチフラワー」。岡山では...

高田みすみプロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

心癖改善&わくわく幸せ体質へサポートします♪

会社名 : 津高台ホリスティックケアルーム
住所 : 岡山県岡山市北区津高台2-2031-10 [地図]
TEL : 086-244-6622

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-244-6622

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高田みすみ(たかたみすみ)

津高台ホリスティックケアルーム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

母も私も心が楽になりました。

母は、壊れた機械みたいな変な動きをたまにしていて、この人...

K.O
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
バッチフラワーとは…
bach ボトル

はじめましてまだ岡山では聞きなれない癒しの分野と思われます。ぜひストレス社会といわれるこの世の中で上手...

[ バッチフラワーレメディとは ]

バッチフラワーレメディのコンサルテーション料金
イメージ

~~~高田のフラワーレメディコンサルについて~~~ しっかりお話を聞いて悩んでいたり困っているお客様...

[ バッチフラワーレメディとは ]

FROTT フラワーレメディアドバイザー養成講座 
イメージ

FROTTフラワーレメディアドバイザー養成講座 ​まず、フラワーレメディを長年学んでいる仲間たちと、FROTTとい...

[ バッチフラワーレメディ 講座 ]

バッチフラワーの飲み方
イメージ

38種類のバッチフラワーの種類のネガティブな状態を見て、今の自分の心や感情の状態に一番ぴったり来るものや、良...

[ バッチフラワーレメディとは ]

バッチフラワーレメディを飲む期間
イメージ

 通常3週間程度飲んで様子を見ます。バッチフラワーは、本質的に自分で自分を助ける自助システムです。ですので、...

[ バッチフラワーレメディとは ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ