コラム

2014-02-25

やってみて良かったこと:定期的な運動を心がけてみる

もうかれこれ、16年前になろうかと思いますが、
私とバッチフラワーレメディとの出会い にも書きました、
薬の事故により、PTSDからパニック発作が
起こってしまったわけですが、
その際、情報を仕入れるのに一生懸命で、
とにかくインターネットで
(その当時パニック発作とかPTSDってメジャーではなかったんですね)
調べまくったわけです。




そうすると、「○○したら調子が悪くなった」、
「○○はもうすでに出来ません」
というようなネガティブな情報が
たんまり頭の中に仕入れられ、
それでまた情報どおりに調子が悪くなる
悪循環を繰り返していました。

これではいけない!!

と思い立ち、
他にも苦しんでいる人がきっと居るだろうから、
同じ穴の狢(むじな)で傷を舐めあうのではなく、
「やってみてよかったこと」を探して
私と同じように情報を仕入れている方に
良い情報を流し共有したい、とメールマガジンを配信を始めました。

それこそ、ブログなど無かった時でしたので、
意外と読んでくださる方も多く、
そこで、フラワーレメディを紹介してくださった
お医者様との出会いがあった訳です。

このブログについても、こんなものがあるんだよ~!と
フラワーレメディを知っていただき、
多くの方に自分らしく生きるためのスキルの
1つに選んでいただき元気になって頂けたらと
いう目的があるのですが、
レメディだけではなく、
その他の良いことを原点に返って配信できたらな~
と思っています。

もちろん、私が考えた(情報を仕入れた)
「良かったこと」なので、
「そんなことは当たり前」ってことも
沢山あるかもしれませんが、
私も何かしら躓いたときに
「おお!こういう方法があった、あった」と
見返す記録にもなりますのでとりあえずやってみます。

どうぞお付き合いください♪

まずは、
定期的な運動を心がけてみる
です。

これも、しんどいときは無理せずにというのがモットーです。
メンタルが弱まっているときはどうしても出来ない自分に更にNOを出しがち。
こんなことも続けられない自分ってどうなの?と否定してしまうのです。
ですから、三日坊主という言葉は気にせず、しばらく空いてもまた再開すればいいわ~
という気持ちで行けたらと思います。

そうそう、先日、友人が自覚症状は無かったが、
今までずっと低血圧と貧血の結果が健康診断の度にに現れていたけれど、
ヨガを始めて2年で、今回の健康診断で低血圧と貧血が治っていたとか。

ヨガは呼吸法もあり、とても良いと世間では健康ためのスキルとして定番となりつつあります。
ある程度年齢を経た人たちにも優しい運動ともいえるでしょう。

私もヨガは本当にちょこっと交流センターで細々と続けていますが、
凝り固まった体をほぐすには丁度いいなと感じています。

後私が続けているのはウォーキング。
もうかれこれ4年経ちます。
朝行っています。
歩数でいうと6000歩。
距離にすると3.7キロjほど。
近所の友人4人で行っていますが、
これも体調が優れないときや、
朝どうしてもバタバタ用事がその後入っているときなどは
お互い無理せず「ごめ~ん、今日お休みします」とメール一言で済ませます。
その気軽さが、続いている秘訣かもしれません。



何が変わったかというと、季節の変化が楽しめるようになったこと。
これは、本当に嬉しいことのひとつです。
特に山の中を歩いているので、
気がつきやすいのかもしれません。
3月にうぐいすの鳴き声が初めて聞こえたときは
やっと寒さからの脱出できる!と喜びで一杯になります。
秋には猿にも遭遇したことが(^^ゞ

それと明らかに違うなと思うのは、
基礎体力がついたということです。
大好きなウィンドーショッピングなのに
イオン倉敷をぶらぶら一回りしただけで結構疲れて「もういいや」
という気分になっていた以前と比べると、
もう一週周る?と子供達の体力にも付いていけるほどに。
(え?もともと体力が無さ過ぎ…とも言えそうですが(^_^;))

特に車生活が殆んどの方は、
一日万歩計を持っていると分かりますが、
殆んど歩くことがありません。
それを考えると、やはりなるべく歩くことを意識しようと思っています♪
ただし、無理をせずに、です。

そういえば、高校生の時
3年生になり部活も引退。
机に向かってもモヤモヤ、
イライラ募って勉強が進まないな~と思ったら、
ウォークマンをつけて家の近所を走りまわり、
イライラを解消していたことも。
体を動かすことでイライラが解消できることもその時知りました。

*****

☆FROTTフラワーレメディアドバイザー養成講座
フラワーレメディを気軽に学ぶことができ、更なる研鑽により講師になることも可能です♪
詳しくはこちら→ http://frottcourse.wix.com/flower-remedy

☆バッチフラワーレメディのコンサルテーションを受けてみたい方
詳しくは→ http://mbp-okayama.com/bachflower/service2/
初回6000円 2回目以降4000円

☆メンタルヘルスの一環として企業様ご提案
心の健康を保つことにより、経営の安定&効率アップ。
楽しく身につけていただけます。
ただ今モニター価格です。
(従業員お一人につき、通常3000円~6000円を1500円~3000円)
詳しくは→http://mbp-okayama.com/bachflower/column/6759/


【津高台セラピールーム】
岡山市北区津高台2-2031-10
高田みすみ
電話:086-244-6622
メール: info@bachflower.biz
HP:http://bachflower.biz/ 

この記事を書いたプロ

津高台ホリスティックケアルーム [ホームページ]

フラワーレメディコンサルタント 高田みすみ

岡山県岡山市北区津高台2-2031-10 [地図]
TEL:086-244-6622

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
選び方・飲み方
イメージ

38種類のバッチフラワーの種類のネガティブな状態を見て、今の自分の心や感情の状態に一番ぴったり来るものや、良く感じる状態のレメディを多くても6~7種類までに抑え...

サービス・商品
イメージ

【高田のフラワーレメディコンサルについて】 しっかりお話を聞いて悩んでいたり困っているお客様へのオーダーメイドをいたします。【方法】 初回の...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
バッチフラワーで心を癒やす高田みすみさん

バッチフラワーで心と体に癒やしを(1/3)

 さまざまなストレスにさらされている現代人に癒やしのひとときを―。それが岡山市北区津高台の津高台ホリスティックケアルーム(旧・津高台セラピールーム)の代表を務める高田みすみさんの願いです。 高田さんが薦めるのは「バッチフラワー」。岡山では...

高田みすみプロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

心癖改善&わくわく幸せ体質へサポートします♪

会社名 : 津高台ホリスティックケアルーム
住所 : 岡山県岡山市北区津高台2-2031-10 [地図]
TEL : 086-244-6622

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-244-6622

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高田みすみ(たかたみすみ)

津高台ホリスティックケアルーム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

頭の中を占拠していたネガティヴな思考が消えました。

私がバッチを始めたのは、メニエール病の治癒が目的でした。 ...

A.S
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
バッチフラワーとは…
bach ボトル

はじめましてまだ岡山では聞きなれない癒しの分野と思われます。ぜひストレス社会といわれるこの世の中で上手...

[ バッチフラワーレメディとは ]

バッチフラワーレメディのコンサルテーション料金
イメージ

~~~高田のフラワーレメディコンサルについて~~~ しっかりお話を聞いて悩んでいたり困っているお客様...

[ バッチフラワーレメディとは ]

FROTT フラワーレメディアドバイザー養成講座 
イメージ

FROTTフラワーレメディアドバイザー養成講座 ​まず、フラワーレメディを長年学んでいる仲間たちと、FROTTとい...

[ バッチフラワーレメディ 講座 ]

バッチフラワーの飲み方
イメージ

38種類のバッチフラワーの種類のネガティブな状態を見て、今の自分の心や感情の状態に一番ぴったり来るものや、良...

[ バッチフラワーレメディとは ]

バッチフラワーレメディを飲む期間
イメージ

 通常3週間程度飲んで様子を見ます。バッチフラワーは、本質的に自分で自分を助ける自助システムです。ですので、...

[ バッチフラワーレメディとは ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ