コラム

2012-04-08

バッチ博士の遺産「なんじ自身を癒せ」 第5章

第4章では、人生において自らの個性を育てることを学ばなければならない事が分かりました。
http://mbp-okayama.com/bachflower/column/3481/

個性の欠如は、病気を生み出す大きな要因ですが、これはしばしば、幼児期に端を発していることがあります。ですから今、
親と子、先生と生徒の本当の関係について考えてみることにしましょう。

●親のあり方・・・
基本的には、親には、魂が成長するために世の中と接触を持たせるという特権的役目があります。
これは犠牲的行為ですから、子供から何の見返りも期待してはいけないということを肝に銘じなければなりません。
ただ、与えるだけの存在になり、その魂が自分で自分の責任を取れるようになるまで、優しく愛し、守り、教え続けます。
独立心、個性、自由は初期の段階で教えなければなりません。
子供たちを、人生のできるだけ早い段階で、自分で考え行動するように仕向けるべきです。
すべての親は、子供が自分で自分を管理できるようになるに従い、少しずつ口出しするのをやめるべきです。
そしてその後は、束縛したり、親の義務を振りかざしたりして、子供の魂の命令を邪魔してはいけません。
親は自分の考えや希望通りに、子供を育てようなどと決して考えてはいけません。
そして、自分が当然の義務を果たし、一つの魂が世の中と接触を持つ手助けをするという神の与えた特権を持っているからといって、不当に子供を自分の思い通りにしたり、自分の好みを強要したりしてはいけません。



●教師のあり方・・・
自分の役目はただ単に、子供たちが自分自身の方法で知識を吸収し、もし自由が許されるなら、
本能的に子ども自身が成功するために必要なものを選択できるように知識を伝え、
世の中や人生について学ぶ機会を与える仲介者に過ぎないということを常に心に留めておくべきです。



●子供たちは・・・
人はそれぞれ、経験をつみ、知識を蓄え、魂の導く理想に向かって性格を形成していくためにこの世に人間として生まれてきたのです。
私たちに与えられたただひとつの義務は、自分の良心の命令に従うことであり、ほんの一瞬も人の支配に屈しないということです。
私たちは、私たちを思い通りに操ろうとする人に対抗する強さを得るために、そして、静かに穏やかに、人に邪魔されず、影響を受けることなく、
常にハイアーセルフ(高次の自己や本来の自分)の命令に穏やかに従って自分の義務を果たしながら生きることができるようになるために、
この世に生まれてきたことを忘れないようにしなければなりません。

非常に多くの人にとって、もっとも重大な戦いは家庭の中にあります。社会に出て自由を勝ち取る前に、まず肉親の有害な束縛や支配から自由にならなければなりません。

自分以外の人の支配から自分を自由にするためには、  

1、支配しようとする人のことをスポーツで言う対戦相手のように考えること。
人生というゲームの対戦相手だとみなし、少々の苦々しさも相手に対して持たないことです。

2、このような競技では本当の勝利は力によってではなく、 愛と優しさによって勝ち取るということです。
愛を対戦相手に持つことで、対戦相手自身も次第に、優しく平穏な気持ちで何の干渉も受けずに
良心に従うことができるようになるほど成長するかもしれません。

人を支配したがる人に、宇宙の法則である偉大なユニティと兄弟を愛する喜びを理解させるには大変な努力が必要です。
こちらの力が弱ければ、相手はその影響力を増し、その人のために努力をするどころではなくなります。
その場合には、こちらが相手の支配下に入ることを優しく拒み、与える喜びをその人が理解できるように努力を重ねていけば、
その人も少しずつ幸せに近づいていきます。
神は私たちが出来ることしか与えないということ、私たちの内部に存在する神性に対する信念と勇気とを持って戦いを続ければ、
勝利は必ず訪れるということを決して忘れてはなりません。

要約図書:『バッチ博士の遺産』 著者エドワードバッチ 発行者バッチホリスティック研究会

バッチ博士の遺産 プロローグ
http://mbp-okayama.com/bachflower/column/3119/

バッチ博士の遺産 第1章
http://mbp-okayama.com/bachflower/column/3235/

バッチ博士の遺産 第2章
http://mbp-okayama.com/bachflower/column/3302/

バッチ博士の遺産 第3章
http://mbp-okayama.com/bachflower/column/3390/

バッチ博士の遺産 第4章
http://mbp-okayama.com/bachflower/column/3481/

゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜ *:..。
津高台セラピールーム
岡山市北区津高台2-2031-10
高田みすみ
電話:086-244-6622
メール: info@bachflower.biz
HP:http://bachflower.biz/
※バッチフラワーPTT講座 レベル1 2012年度 第二期募集中!
 2012年4月18日 25日 5月2日 16日 23日 30日の6日間
くわしくはhttp://mbp-okayama.com/bachflower/column/3374/

この記事を書いたプロ

津高台ホリスティックケアルーム [ホームページ]

フラワーレメディコンサルタント 高田みすみ

岡山県岡山市北区津高台2-2031-10 [地図]
TEL:086-244-6622

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
選び方・飲み方
イメージ

38種類のバッチフラワーの種類のネガティブな状態を見て、今の自分の心や感情の状態に一番ぴったり来るものや、良く感じる状態のレメディを多くても6~7種類までに抑え...

サービス・商品
イメージ

【高田のフラワーレメディコンサルについて】 しっかりお話を聞いて悩んでいたり困っているお客様へのオーダーメイドをいたします。【方法】 初回の...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
バッチフラワーで心を癒やす高田みすみさん

バッチフラワーで心と体に癒やしを(1/3)

 さまざまなストレスにさらされている現代人に癒やしのひとときを―。それが岡山市北区津高台の津高台ホリスティックケアルーム(旧・津高台セラピールーム)の代表を務める高田みすみさんの願いです。 高田さんが薦めるのは「バッチフラワー」。岡山では...

高田みすみプロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

心癖改善&わくわく幸せ体質へサポートします♪

会社名 : 津高台ホリスティックケアルーム
住所 : 岡山県岡山市北区津高台2-2031-10 [地図]
TEL : 086-244-6622

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-244-6622

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高田みすみ(たかたみすみ)

津高台ホリスティックケアルーム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

自分の人生を取り戻しつつあります

バッチフラワーでは、自分の中のネガティブな部分に向き合い...

R.M.
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
バッチフラワーとは…
bach ボトル

はじめましてまだ岡山では聞きなれない癒しの分野と思われます。ぜひストレス社会といわれるこの世の中で上手...

[ バッチフラワーレメディとは ]

バッチフラワーレメディのコンサルテーション料金
イメージ

~~~高田のフラワーレメディコンサルについて~~~ しっかりお話を聞いて悩んでいたり困っているお客様...

[ バッチフラワーレメディとは ]

FROTT フラワーレメディアドバイザー養成講座 
イメージ

FROTTフラワーレメディアドバイザー養成講座 ​まず、フラワーレメディを長年学んでいる仲間たちと、FROTTとい...

[ バッチフラワーレメディ 講座 ]

バッチフラワーの飲み方
イメージ

38種類のバッチフラワーの種類のネガティブな状態を見て、今の自分の心や感情の状態に一番ぴったり来るものや、良...

[ バッチフラワーレメディとは ]

バッチフラワーレメディを飲む期間
イメージ

 通常3週間程度飲んで様子を見ます。バッチフラワーは、本質的に自分で自分を助ける自助システムです。ですので、...

[ バッチフラワーレメディとは ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ