コラム

2012-03-31

バッチ博士の遺産「なんじ自身を癒せ」 第4章

3章はどのような状態が長く続くとどのような病気になりやすいかを学びました。
http://mbp-okayama.com/bachflower/column/3390/

病気はこれまで述べてきたように
私たちの性格に何らかの欠陥があって起こることが分かりました。
完全に治すためには、
常に最善の治療方法を選んで体を治療するだけではなく、
自分自身が自分の性格の欠点を取り除く努力を精一杯しなければなりません。
大多数の人はそのような完全な状態に到達する前に、
紆余曲折を経験しなければなりません。
しかし、努力を重ねれば、誰もが驚くような速さで前に進むことができます。
ただし、自分の不完全な性格に頼らず、世界の偉大な指導者の示す手本や教えに従って、
自分自身を魂に、つまり自分の内部にある神性に同化させることができれば、すべてのことが可能になると言う信念を持たなければなりません。

゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜ *:..。

・高慢になりそうなとき・・・
魂の光に照らされない限り、性格だけでは何もできないと言うことを理解してください。
そして、神(天地創造主)の前に謙虚になり、神無しでは何もできないと言うことを理解しようとしてください。

・冷酷さ、あるいは憎悪に自分の成長が妨げられているとき・・・
想像主の根底にあるものが愛であることを思い起こしてください。
自分たちと敵対する人たちに対してさえも、良いところを探し、
努力をする事でそのうちにその人たちが向上できるように何か手助けをしたいと思うようになります。
愛と優しさがあれば、すべてを手中に収めることができます。
まずたった一人の人を愛することから始めてその愛を少しずつ広げていきましょう。
愛は愛を呼び憎しみは憎しみを呼びます。

・自己愛を克服するには・・・
自分自身にだけ向けられている配慮や関心を自分以外の人に向けることが一番です。
人に尽くすことに夢中になれば、自分の事を忘れます。

・不安定を克服するには・・・
迷ったりうろうろしたりせずに、決定を下す、あるいは確信を持って物事を行うことです。
初めは、間違いを犯すこともあるでしょうが、決断力はすぐについてきます。
精一杯生きようとするときに感じる恐れは消え、経験することでより良い判断を下すことができるようになります。

・無知を克服するには・・・
経験することを恐れてはいけません。
先入観や思い込みをぬぐい考えに柔軟性を持たせてアンテナをめぐらし目と耳を大きく開いてできるだけ知識を得ようと勤めます。

・貪欲さを克服するには・・・
自分たちの周りのどんなものもそれぞれ自分だけの魂の命令に従って自らを成長させていくのだと言うこと、
そして私たちの誰も仲間の成長を励ます以外何もしてはいけないのだと言うことを認識しなければならない。


以上のように、
私たちは、誰も恐れず、誰にも邪魔されず、誰の説得も受けず、自分の魂の命令に従って、
自分を成長させ、自分の義務を果たし、人の手助けをする事で、自らの個性を育てることを真剣に学ばなければなりません。
自分が成長すればするほど、周りの人も助けられることを覚えておいてください。
ただ、人を助けるときに注意しなければならない事があります。
それは助けるのが誰であろうと、人を助けたいという気持ちは、
支配的な人から言われたり説得させられたりして植えつけられたり偽りの義務感から発せられるのではなく、心の底から自発的に発せられたものでなければならないということです。

最後に精一杯生きることを恐れてはいけません。
私たちは経験をつみ知識を得るためにこの世に存在しています。
真実に直面し、最善を尽くさなければ、ほとんど何にも学ぶことはできません。

参考図書:『バッチ博士の遺産』 著者エドワードバッチ 発行者バッチホリスティック研究会

第5章ではこのようなネガティブな状態になっているのは往々にして幼児期に端を発していることがある、という理由から親と子、先生と生徒の本当の関係について、という内容に進んでいきます。

バッチ博士の遺産 プロローグ
http://mbp-okayama.com/bachflower/column/3119/

バッチ博士の遺産 第1章
http://mbp-okayama.com/bachflower/column/3235/

バッチ博士の遺産 第2章
http://mbp-okayama.com/bachflower/column/3302/

バッチ博士の遺産 第3章
http://mbp-okayama.com/bachflower/column/3390/

゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜ *:..。
津高台セラピールーム
岡山市北区津高台2-2031-10
高田みすみ
電話:086-244-6622
メール: info@bachflower.biz
HP:http://bachflower.biz/
※バッチフラワーPTT講座 レベル1 2012年度 第二期募集中!
 2012年4月18日 25日 5月2日 16日 23日 30日の6日間
くわしくはhttp://mbp-okayama.com/bachflower/column/3374/

この記事を書いたプロ

津高台ホリスティックケアルーム [ホームページ]

フラワーレメディコンサルタント 高田みすみ

岡山県岡山市北区津高台2-2031-10 [地図]
TEL:086-244-6622

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
選び方・飲み方
イメージ

38種類のバッチフラワーの種類のネガティブな状態を見て、今の自分の心や感情の状態に一番ぴったり来るものや、良く感じる状態のレメディを多くても6~7種類までに抑え...

サービス・商品
イメージ

【高田のフラワーレメディコンサルについて】 しっかりお話を聞いて悩んでいたり困っているお客様へのオーダーメイドをいたします。【方法】 初回の...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
バッチフラワーで心を癒やす高田みすみさん

バッチフラワーで心と体に癒やしを(1/3)

 さまざまなストレスにさらされている現代人に癒やしのひとときを―。それが岡山市北区津高台の津高台ホリスティックケアルーム(旧・津高台セラピールーム)の代表を務める高田みすみさんの願いです。 高田さんが薦めるのは「バッチフラワー」。岡山では...

高田みすみプロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

心癖改善&わくわく幸せ体質へサポートします♪

会社名 : 津高台ホリスティックケアルーム
住所 : 岡山県岡山市北区津高台2-2031-10 [地図]
TEL : 086-244-6622

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-244-6622

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高田みすみ(たかたみすみ)

津高台ホリスティックケアルーム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

娘の問題だと思っていたけど、私が飲むことによって落ち着きました

小学生の娘の行動が心配で保健師の先生に相談をさせてもらっ...

H.N
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
バッチフラワーとは…
bach ボトル

はじめましてまだ岡山では聞きなれない癒しの分野と思われます。ぜひストレス社会といわれるこの世の中で上手...

[ バッチフラワーレメディとは ]

バッチフラワーレメディのコンサルテーション料金
イメージ

~~~高田のフラワーレメディコンサルについて~~~ しっかりお話を聞いて悩んでいたり困っているお客様...

[ バッチフラワーレメディとは ]

FROTT フラワーレメディアドバイザー養成講座 
イメージ

FROTTフラワーレメディアドバイザー養成講座 ​まず、フラワーレメディを長年学んでいる仲間たちと、FROTTとい...

[ バッチフラワーレメディ 講座 ]

バッチフラワーの飲み方
イメージ

38種類のバッチフラワーの種類のネガティブな状態を見て、今の自分の心や感情の状態に一番ぴったり来るものや、良...

[ バッチフラワーレメディとは ]

バッチフラワーレメディを飲む期間
イメージ

 通常3週間程度飲んで様子を見ます。バッチフラワーは、本質的に自分で自分を助ける自助システムです。ですので、...

[ バッチフラワーレメディとは ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ