コラム

 公開日: 2018-07-01 

退職所得の確定申告

 年の途中で退職し再就職しなかった場合に、確定申告をすることで多くの方が給与天引きされた所得税の還付を受けることが出来ます。
 退職所得がある場合でも支給時に源泉徴収されているので確定申告の必要はありませんが、所得控除が給与所得を超えている場合は給与所得とともに敢えて退職所得を確定申告するとことで、還付される所得税がさらに増加する可能性があります。

◎退職所得の計算式
退職金を受け取った際、受給者は「退職所得の受給に関する申告書」を会社に提出することで、下記の計算式で退職所得を算出します。
     退職所得の計算式:(退職金-退職所得控除額金額)×1/2
     退職所得控除額金額の計算式
     勤続年数20年以下:40万円×勤続年数(※80万未満の場合は一律80万円)
          20 年 超 :70万円×(勤続年数-20年)+800万円
※未提出の場合は退職金から一律20.42%が源泉徴収されます。

例:Aさんは18年3ヵ月間勤めた会社を6/30に退職し、退職金1,000万円が支給された。
  退職所得:(1,000万円-40万円×19年)×1/2=120万円
  退職所得から源泉徴収された所得税 120万円×5%=6万円  ※復興特別所得税は省略
 (※退職所得の受給に関する申告書を提出している場合)
  Aさんのその他のデータ                  
    給与所得:150万円 給与所得から源泉徴収された所得税:5万円 
    確定申告時の控除額
・基礎控除+特定扶養控除+配偶者控除=139万円
・生命保険料控除及び地震保険料控除:6万円
・社会保険料:55万円

Aさんが給与所得のみで確定申告した場合は、
還付税額:所得税額-源泉所得税(0-5万円)=△5万円

一方、退職所得と合わせて申告した場合は、
給与所得+退職所得-控除額(150万円+120万円-200万円)=70万円
所得税額:70万円×5%=3.5万円  
還付税額:所得税額-源泉所得税(3.5万円-(5万円+6万円))=△7.5万円

 Aさんのように退職所得があり、且つ年間の所得額が少なく、それに対して所得控除などが多い場合は還付が多くなることがあります。退職された年の確定申告は退職所得も考慮してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたプロ

株式会社あさひ合同会計(あさひ合同会計グループ[あさひ合同税理士法人、ネットリンクス株式会社]) [ホームページ]

税理士 高木正男

岡山県岡山市北区表町1-7-15 パークスクエアSHOWA4F [地図]
TEL:086-226-5566

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
銀行員の経験を生かして企業の経営支援を行う高木正男さん

銀行出身の税理士が資金繰りや起業をサポート(1/3)

 「『仕事を通して地域貢献』がモットー。地域のお客さまのお役に立ち、私と触れ合うすべての方々が元気になることで地域貢献に通じれば幸いです」と話すのは、あさひ合同会計グループ(岡山市北区表町)の代表で税理士の高木正男さん。強い信念と堅実な仕事...

高木正男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

銀行との橋渡しで、経営を支援する行員出身の税理士です。

会社名 : 株式会社あさひ合同会計(あさひ合同会計グループ[あさひ合同税理士法人、ネットリンクス株式会社])
住所 : 岡山県岡山市北区表町1-7-15 パークスクエアSHOWA4F [地図]
TEL : 086-226-5566

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-226-5566

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高木正男(たかきまさお)

株式会社あさひ合同会計(あさひ合同会計グループ[あさひ合同税理士法人、ネットリンクス株式会社])

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
保険料の損金算入と資産計上
イメージ

 保険には色々な種類がありますが、死亡保険金や満期保険金の受取人によって損金に算入するもの、資産計上するも...

[ 税務 ]

緑内障との闘い

 約2年前の当コラムに「初めての手術・入院」という題で「恥ずかしながら、この年になるまで、いわゆる手術・入院...

[ コラム ]

クレジット納付はお得!?
イメージ

 地方税については一部の地域ですでに実施されていた「税金のクレジット納付」ですが、平成29年1月4日より、国税...

[ 税務 ]

消費税の中間申告と各種届出
イメージ

☆中間申告の提出 直前の課税期間の消費税額(国税部分)が48万円を超える課税事業者は、次のとおり課税期間を区...

[ 税務 ]

国民健康保険料
イメージ

 確定申告が終わりほっとされた方が多いのでないのでしょうか。個人事業主の方等で国民健康保険に加入されている...

[ 税務 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ